ROCK'N'ROLL GYPSIES / ROCK'N'ROLL ALWAYS 2007.9.3 新宿LOFT

こんなに耳がキンキンするライヴは久しぶりだ。

CIMG6245.jpg

新宿LOFTに花田と下山、ROCK'N'ROLL GYPSIESを観に行った。
二人が並ぶステージを観るのは実に8年ぶりだ。
何と長い間さぼっていたのか…。

この日のライヴはDUST'N' BONESとの対バン。
オープニング・アクトのバンドが終り、二番目にGYPSIESは登場した。

SBSH0001.jpg SBSH0002.jpg

メンバーが現れたときも、オープニングの「NATURAL POWERED 1」が始まったときも、
待ちに待っていたはずなのに意外に冷静な自分に驚く。
先週は下山淳フェアを開催していたこともあるし、週末はGYPSIESを聴きまくっていたし、
挙句の果てにはギターを手にして1stアルバムの「TRUCKIN'」をコピーしていた。
そんなこともあり、気持ちの下準備は十分にできていたからだろう。

それでも前半に、その「TRUCKIN'」が演奏されたときは身体の内側が燃えた(笑)。
この曲は本当にカッコイイ。
二本のギターで同じリフを弾き、曲をドライヴさせていく。
何にも難しいことなんてやっていないのだが、ロックのカッコよさが溢れ出た名曲だと思う。
花田の特徴である投げ捨てるようなヴォーカルも絶好調。
間奏ではスライドではないソロを下山が聴かせてくれた。最高であった。

MCはほとんど無い。休みなく、次々と曲をぶちかましていく。
きっといつものことなのだろうが、ワンマンではなく対バンがあることもあったし、
そんな構成が、僕にはかえって気合いを感じさせた。

CDでは比較的淡々としたヴォーカルの曲が多いのだが、ライヴではまったく様相を変える。
当然だ。
ライヴでのあのギターとドラムをバックにしたら、CDのように歌うことは不可能だろう。
また、メロディをラフに崩して歌うところなどはROOSTERZ時代から変っていないな、花田は。
まぁ、下山がヴォーカルを取る「N.W.O.」も、
花田同様にCDヴァージョンとは違って強く歌われていたしな。

そうそう、下山は自分が歌う曲の演奏が終わると「どうもありがとう」と言うのである。
これはROOSTERZの時から変らないと思う。人柄だ。とてもいい人なのだ、下山さんは。

客席での僕は、ステージ中央に向かってやや右寄りのポジションだったので、
僕の場所から観ると、向かって花田の左後ろに常に下山の姿があることになる。
白状すると、二人を観ていてグッときた瞬間が何度かありました。

それにしてもギターを弾く下山淳の姿はカッコ良くて美しい。
かのCharがギタリストとしての仲井戸麗市を評した表現を借りてみる。
まず、何といってもギターを持っている恰好が魅力的で良いのである。
ストラップの長さとか弾くときのアクション。
ギター・ソロの時にヘッドがどの位置にくるのかとか、首の垂れ方や髪の毛の動きまで。
これらがすべてここしかないというところに収まっている。
そしてギターを " ジャーン! " と鳴らしたときに、
その " ジャーン! " という音にピッタリの恰好とアクションで弾いているのである。
僕は惚れ直してしまった。

花田?
花田は花田だったよ(笑)。あの徹底的にクールではき捨てるような歌は健在だったし。
ただ、ギターは力強かったな。花田のギターがバッチリと曲を押さえていた。
ROOSTERZ時代はここまでではなかったと思う。335、いい音でした。

こんな二本のギターがギンギンなうえ、後ろでは池畑のドラムが物凄い音をたてている。
ベースも安定していてリズム隊も強力である。凄いバンドだ。

こんなライヴを体験したら、当然、次はワンマンを観たくなるよね。
次回は是非、下山の前かぶりつきで観たいものである(笑)。

※追記
 物販コーナーに、何と『汚れた顔の天使』のレコードがありました。
 あれ、売り物だと思うけど、びっくりしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ