小倉博和 60th Anniversary LIVE No Guitar, No Life Billboard Live TOKYO 2nd stage 2020.1.30.

そのミュージシャンに縁がないと思っていても、
気がついていないだけで彼ら彼女らの音を聴いているケースは少なくない。
それどころか、想像以上にふれている場合がある。
この夜に六本木に集まったミュージシャン達は、まさに僕にとってのそれで、
80年代からよく耳にしてきた音を出していたメンバーだ。
そんなミュージシャン中の代表的なひとり。
今では福山雅治のバックがいちばん知られているであろうか、
ギタリスト、小倉博和の60歳を記念した公演に足を運んだ。

IMG_7024.jpeg

お祝いに駆けつけたのは、
スケジュール調整が大変だっただろうことは容易に想像がつく12名。

 有賀啓雄(b)
 井上鑑(key)
 大貫妙子(vo)
 今剛(g)
 斎藤有太(key)
 佐橋佳幸(g)
 髙水健司(b)
 林立夫(ds)
 三沢またろう(perc)
 山木秀夫(ds)
 山本拓夫(sax)
 亀田誠治(b)

メンバーの名前を並べると、
まるで誰かのレコードやCDのクレジットを見ているかのようだ。
例えばヴォーカリストの名前として、誰の名をここに挙げても違和感はないだろうが、
この夜は小倉博和の名がそこに入った。
しかも会場はBillboard Live TOKYO。
決して広くはないあのステージにこんなメンバーが立つのである。
その好みは人それぞれという前提だが、
ここからどんな音が出てきても、それは補償されていると言っていい。
僕自身はニュートラルな気持ちで臨んだが、
この考えは間違ってはいなかった。

IMG_7028.jpeg

おおまかにわければ、前半は佐橋佳幸との山弦を軸としたアコースティック・パート。
後半はPARACHUTE、福山雅治バンドのメンバーを軸としたエレクトリック・パート。
コントラストが映える見事な構成が光っていた。

たとえば佐橋佳幸はエレキ・パートに加わってもプレイするのはアコギだ。
彼もエレキを鳴らしたとしら、もちろん迫力は増すだろうし、
いわゆる演奏のロック的な魅力は大きくなったかもしれないが、
そうしないことで、少人数ではないがアンサンブルを保つあたりが、
さすがにこのメンバーだけあるなぁ…なんて思ったりした。

その分、今剛のギターが音量も含めてのとんでもない存在感だったが、
聴こえてくるのはレコードで聴きなれたあの音なので感動した。
僕の中では中島みゆき作品でのプレイがいちばん馴染みだが、
今剛の名が頭にはっきりと刻まれたのは、
おそらくRCサクセションのシングル、「ステップ!」のギターだ。
清志郎のシャウトのバックに流れるソロは忘れることができない。

林立夫、山木秀夫、三沢またろう。
この贅沢な3人が揃ってのリズム隊は、耳だけでなく目も奪われる。

彼らが鳴らす雄弁すぎる各楽器の中、
唯一のヴォーカリスト大貫妙子の声がオアシス的な空間を作る。

ライヴ中はどこを観ても、誰を観ても、楽しめただろう。

こうした中、決して本人自体は強く主張することをしないながらも、
不動の存在だった小倉博和。
確か今回のライヴのために書いたと言っていたと思うが、
ライヴ自体のタイトルにもなり本編を締めくくった「No Guitar No Life」。
グラムっぽさも漂うヘヴィなインストで、これが実にかっこよかった。
美しいアコギ。
セミアコでロックン・ロールし、ヴォーカリストの役目も果たすギター。
ソロでもバンドでも素晴らしい。
聴かせてくれたすべてが聴き応え、見応えがあるプレイだった。

p.s.
テレビで音楽番組を観ても、生演奏を聴く機会はほぼなくなった。
残念なことだし、悲しいことだとあらためて感じた。
今夜のライヴに集まったミュージシャンたちの生演奏が、
テレビなどで普通に観られ、聴けるようになったらいいなぁ。
ココロからそう思う。

◆オフィシャルインフォから引用

小倉博和 60th Anniversary LIVE
~No Guitar , No Life~

Hirokazu Ogura
桑田佳祐、福山雅治、槇原敬之、森山良子、大貫妙子、
Bank Band、kōkua、JUJU、いきものがかりなど
J-POPの歴史を築いてきた数々の作品に携わるギタリスト、小倉博和。
その生誕60周年を記念した一夜限りのスペシャルライブが開催決定。
これまでの山弦をはじめ、キャリアの中で親交を紡いできたレジェンドミュージシャンたちが
一堂に会する豪華共演を通して、その唯一無二のギタープレイを心ゆくまで堪能して欲しい。

Open / Start
1/30(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

Price
Service Area : ¥8,200 / Casual Area : ¥7,200

Member
小倉博和 / オグラヒロカズ

有賀啓雄 / アリガノブオ(b)
井上鑑 / イノウエアキラ(key)
大貫妙子 / オオヌキタエコ(vo)
今剛 / コンツヨシ(g)
斎藤有太 / サイトウユウタ(key)
佐橋佳幸 / サハシヨシユキ(g)
髙水健司 / タカミズケンジ(b)
林立夫 / ハヤシタツオ(ds)
三沢またろう / ミサワマタロウ(perc)
山木秀夫 / ヤマキヒデオ(ds)
山本拓夫 / ヤマモトタクオ(sax)

亀田誠治 / カメダセイジ(b)※2ndステージのみ

IMG_7023.jpeg

IMG_7026.jpeg
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
ブログパーツ