汚れた顔の天使/柴山俊之+SENTIMENTAL FOOL -1987- ※下山淳フェアその2

87年、前年に出したアルバム・タイトルの名を付けたバンドを柴山俊之は結成する。
そして発表されたフル・アルバムが、この『汚れた顔の天使』だ。
まぎれも無いバンド・サウンド。
プロデュースはバンド自体でクレジットされているが、
サウンド・プロデューサーは前回に続き下山淳が務めている。
今の耳で聴くと、やたらと隙間を感じる87年当時のインディーズ・サウンドで、
そのままだと何ともモノクロームな印象だが、そこはさすがの下山淳である。
彼のニュー・ウェイヴ的なセンスが遺憾なく発揮され、アルバム全体がバッチリと彩られている。
それは下山自身が描いたジャケットの絵と同様な、何とも毒気が感じられる色だ。
ROOSTERZでやりそうな…でも、やらないようなアレンジがいっぱいだし、
それがいちいち気持ちが良いのだ。個人的には完璧にツボに入っている。

CIMG6225.jpg CIMG6226.jpg CIMG6227.jpg

バンドのメンバーや収録曲の作者については基本的に前作を踏襲しているが、
充実度や完成度はその比ではない。
特に花田と下山が書いた曲は、そのままROOSTERZと言ってもおかしくない。
ストレートな中に、独特の陰影なPOPさが爆発する花田作の「golden time」と「tenderly」。
特に前者はシンプルかつ印象的なギター・リフのアレンジが秀逸で、
バンドでコピーしたくなる名曲だ。

そして下山作の曲がまた凄い。
何とも掴み所の無い独特なPOP感覚が爆発したオープニング・ナンバー「sensation」。
ROOSTERZの「NAKED HEAVY MOON」との兄弟ソングのような「neon tetra dance」。
この曲は、まさに下山淳というリフやフレーズが満載であり、
ドアーズ+テレヴィジョンなギター・ソロが最高にスリリングである。

奈良敏博のペンになる「strange dream」も、実にROOSTERZっぽい曲である。
大江が歌って『Φ』に収録されていたとしても、何の違和感も無さそうだ。

肝心の柴山の歌は、その音に反するようにリラックスしたヴォーカルを聴かせる。
まったく力んでいるところは無く、聴き様によっては感情も込められていないようだ。
ある種、機械的なヴォーカルなのだが、
だからこそサウンドがハッキリと浮かび上がっているのかもしれない。

記憶は定かではないが、
確かこのアルバム発売日にインクスティックでライヴが行われたんじゃないかな…?
それはともかくとして、
当時は下山にドップリ浸かっていた僕は、もちろん芝浦に足を運んだ。

CIMG6228.jpg

ドラマーが羽山伸也ではなくシーナ&ザ・ロケットの川島が担当していたが、
逆にリズム隊はパワー・アップしたと思う。

前作を含めたアルバム収録曲を中心に、サンハウスのナンバー等も演奏された。
ROOSTERZと違ってギタリストは一人ということもあり、下山のギターは120%炸裂していた。
しかもひたすらハードな当時の音である。
SONHOUSEの「アイ・ラヴ・ユー」も下山のギターで味付けされると、
まるでROOSTERZなのである。
曲によっては、野島健太郎がギターを弾いていた。
そんなツイン・ギターでプレイされた1曲である「neon tetra dance」のハードさは、
スタジオ・ヴァージョンと比べたら300%アップだった(笑)。
あまりにもの轟音のためか、
「LOVE」が演奏された際はヴォーカルが裏になってしまった程である。
とにかく凄まじいライヴだった。最高だった。

アンコールでは、何とドアーズのカヴァー連発。
「タッチ・ミー」と「ハートに灯をつけて」。
このバンドでドアーズのこの曲を演奏したのだ。

ROOSTERZ以外で観た下山では、
LOSERと並んで、このSENTIMENTAL FOOLは忘れられないバンドだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ