中島みゆきの新作

中島みゆきのニュー・アルバムが10月3日に発売される。
タイトルは『I Love You,答えてくれ』。
実に中島みゆきらしいタイトルだと思うが…待てよ?
僕はこのタイトルから78年の『愛していると云ってくれ』という傑作を連想してしまった。
前作『ララバイSINGER』のタイトル曲は、
デビュー曲の「アザミ嬢のララバイ」と対になっていたが、
今回も同じように何か関係があるのかな…なんて深読みし過ぎですね。

何と35枚目のオリジナル・アルバムになる。
1976年アルバム・デビューだから、
1年に1枚以上が発表されていることになる。
オリジナル・アルバムの中には、所謂セルフ・カヴァーものも数枚あるけれど、
彼女の場合は予めあった曲を他者に提供していることも多いようだ。
※ダ・ヴィンチ2007年1月号インタヴューを参考
よって、それらの曲は世に出る順番が違っただけで、
セルフ・カヴァー集と言っても、やはりオリジナル作と呼んでいいだろう。

この他に6枚のベスト盤と2枚のライヴ盤があるし、
廃盤になったものを入れると更に増える。
もちろんライヴや夜会もあるし、ANNのパーソナリティもあった。
彼女はまったく立ち止まることなく活動を続けているのである。
アーティスト・表現者としては当たり前だよと言われるかもしれないけれど、
僕は尊敬する。

さて、公式発表された内容によると…

 流行や時代性に左右される事のない、
 普遍性のある、自然体の中から溢れ出てくる人間の根本を、
 ロックという表現で、ソリッドかつストレートに表現した作品に仕上がりました

僕自身、現在は中島みゆきをロックとして捉えているので違和感は無いのだが、
こうやって「ロックという表現で」とハッキリ表明されると期待が高まるなぁ。
初期はフォーク~ニュー・ミュージックとして接してきたが、
少なくとも80年代半ばから、
僕好みのロック的アプローチなアルバムや曲がいくつかある。
あくまでも個人的な嗜好と印象だけど、
アルバム単位では、
まず 『はじめまして』(84)と『miss M.』(85)なんかがそれ。
意外と 『予感』(83)もロック的な匂いがする。
『臨月』(81)とか 『36.5℃』(86)のように、
今聴くとやたらと古く感じちゃうのもあるけれど。

曲単位では、
ベースがカッコイイ「悪女/寒水魚(82)」のアルバム・ヴァージョンや、
レゲエの「ばいばいどくおぶざべい/予感(83)」がこの時期ではいいなって思う。
ちなみに、70年代にも『親愛なる者へ』(79)収録の「裸足で走れ」。
そして「狼になりたい」にロックを感じていた。

90年以降は、もう僕の中では完全にロックだ。
ヒット曲「浅い眠り/EAST ASIA(92)」や「空と君のあいだに/シングル(94)」はもちろん、
イントロが抜群にイカしている「新曾根崎心中/夜を往け(90)」。
「下町の上、山の手の下/私の子供になりなさい(98)」のイントロもカッコイイ。
同アルバム収録の「私たちは春の中で」については、何も言うことは無い。
更にみゆき流アメリカン・ロックの「パラダイス・カフェ/パラダイス・カフェ(96)」。
これらの真っ直ぐな8ビートは、
ギターは歪んでいるし耳に残るフレーズやリフも少なくないので、
スタイルとしてもわかりやすいかも知れない。
でも、僕は彼女にスタイルとしてのロックを感じているわけではなく、
存在がもうロックなのだ。

ところで、ジャケットのタイトル文字を書いたのは、三代目魚武濱田成夫かな?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お。

もう新作がでるのですね。
「ロックという表現で」ですかあ。
楽しみだ~!

nobuさん

『ララバイSINGER』からもう1年が経つんですね。つい、この間のような気がします。
新作ニュースのおかげで、最近は80年代のみゆきを聴く日々となっているんですよ。
『はじめまして』と『中島みゆき』『グッバイ ガール』を良く聴いています。
比較的地味(笑)なアルバムですが、今の耳にはとても心地よいのです。

新作、楽しみですね。

お久しぶりです☆

楽しみですね~!!
今回は前回にも勝る異色なタイトルの曲が多くないですか!?
期待が高まります。
>ジャケットのタイトル文字を書いたのは、三代目魚武濱田成夫かな?
だそうですよ~!!
わたしはその方のこと、存じませんが(汗

千愛さん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
あっという間に新作ですね。一年は早いなぁ。

>今回は前回にも勝る異色なタイトルの曲が多くないですか!?
そうですね。「顔のない街の中で」や「背広の下のロックン・ロール」なんかに惹かれますが、
やっぱりタイトル曲が私は一番の期待でしょうか。

>>ジャケットのタイトル文字を書いたのは、三代目魚武濱田成夫かな?
>だそうですよ~!!
やっぱりそうですか。
今年の3月に大阪で観たEventで、ステージ後ろに貼られた幕いっぱいに、
彼がみゆきの曲のタイトルを書いていたので、その字に似てるなって思っていました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ