沢田研二コンサート 生きてたらシアワセ 2007.8.4 渋谷C.C.Lemonホール

客電が落ちてメンバーがステージに現れる。
中央にスポットが当たると、既にジュリーが立っている。
神妙な顔つきで話し出す。

  8月1日、阿久悠さんが亡くなりました

先日亡くなった阿久悠についてのコメントがジュリーから出るとは思っていたが…。

  ご唱和お願いします

客席にこう言って始まったのは「時の過ぎゆくままに」。
左腕には喪章をつけている。
歌の途中で感極まったのか涙声になり、所々でとぎれそうになったが最後まで歌いきった。
このオープニングのセレモニー。
ジュリーの阿久悠に対する思いの大きさがわかり、感動的だった。

CIMG6160.jpg

決して過去のヒット曲満載なステージではなく、
毎回新作を中心としたメニューと知っていたので、実際に初めて聴く曲が大半だった。
それでもまったく退屈することなく楽しめた。
ジュリーをずっと聴き続けてきたファンには当たり前なのだろうが、
TVに出なくなってからは映画でしか観ることができなかった僕は、
実に現役感バリバリの今日のジュリーには驚いてしまった。
ヴォーカリストとしてのパワーと歌唱力はまったく衰えていない。
70~80年代に聴いていたあの声である。
また、アップテンポの曲では、その曲が演奏されるあいだ、
ステージの右から左まで動きっぱなしなのである。59歳。すごい。
負けてられねぇぞ、清志郎。

バックを担当するのはキーボードに泰輝。ドラムスにGRACE
ギターには長い付き合いの柴山和彦。そして下山淳の4人。
何とベース・レスのバンドなのである。
ちなみに僕は女性のドラマーは大好きなのだが、今回初めて観ることとなったGRACE。
とても魅力的なドラマーでした。彼女は麝香猫のドラマーだったのですね。
黒のワンピースでドラムを叩く姿は最高にイカシてました。

ギタリストは、やはり柴山和彦がメインだったかな。
楽しみにしていた下山淳は、たまにソロを弾く場面もあったが、
ほとんどサイド・ギタリスト担当だった。
ROOSTERZやROCK'N'ROLL GYPSIESを期待していたわけではないけれど、
最後まで下山らしいプレイは聴けなかったなぁ。
ただ、物足りなさを感じたけれど、
日本最強のシューゲイザー・ギタリストに徹していた下山の姿は美しかったと思う。

客席は静かな熱さを帯びており、その分ここぞという曲でのヒート・アップは凄い。
しかし、それがとても自然な感じなのだ。
キメの振りなんかもあるのだけれど、僕のような新参者が疎外されるような雰囲気は無く、
一緒に気持ちよく盛り上がれる。これは嬉しかった。

本編の終盤。いきなり「ダーリング」が演奏された。
間奏でのアクションなんかが、僕が中学のときに観ていた頃のままで、
広島球場をバックにこの曲を歌ったザ・ベストテンの中継を思い出してしまった。
続けて柴山和彦があのイントロをぶちかます。
「TOKIO」だ!
この二連発は、さすがに盛り上がりました。二曲ともギター・バンドなアレンジで、
ロック・シンガー沢田研二の魅力を目いっぱい堪能できた。

さて、MCは「サンキュー!」「ありがとう!」のみ。
とにかく立て続けに曲が演奏されていくのだ。
MCがアクセントにならないので、まさに演奏と歌だけでステージを作り上げていく。
まるでストリート・スライダーズである。
ただ、アンコールで出てきたときだけは、長いMCをしていた。
安井かずみの追悼コンサートのときに「次は阿久さんだ」と冗談で言っていたことなど、
ここでいくつか笑わせる話を持ってきたのも良かった。

そしてアンコールの一発目には、何と「気になるお前」が!
シングル「胸いっぱいの悲しみ」のB面に収録されていた大好きなロック・ナンバーだ。
エキゾティクスをバックに従えていた時代。
大晦日のニュー・イヤー・ロック・フェスに出演したジュリーは、
「紅白はかったるかったぜ!」と言ってこの曲を演奏したのだ。
最高にカッコ良かった。僕は自分のバンドでも演った。
この曲を聴けただけで満足だ。嬉しい!

更に「AMAPOLA」をしっとりと聴かせてくれる。
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を観たくなった。

時間にして二時間強。
沢田研二のライヴ…というよりもコンサートと呼ぶほうが相応しい…の初体験。
とてもいいコンサートでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うわ~、めっちゃどきどきします!実は私も25日の土曜日、大宮ソニックシティに参戦するのです(前から2列目!)。
今年のはじめ頃、Blueさんやジュリーマニアさんとweb上で交わした会話(コメント)は忘れ難く…。
阿久悠さんのこともあり、「どんなライブになるんだろう」と思っていたところでした。まさかここでその内容を知ることになろうとは…うれしいサプライズ。25日が本当に楽しみです。

訂正。

チケット見直したら、26日(日)でした…(大恥)。

月見家さん

>Blueさんやジュリーマニアさんとweb上で交わした会話(コメント)は忘れ難く…。
同感です。あのとき、私も次回のライヴは参戦したいと思っていました。

>阿久悠さんのこともあり
私は初日好きなので、阿久さんのことと重なったのは偶然に過ぎないのですが、
スペシャルなオープニングは感動的でした。
ジュリー初体験で、こういう形であれ、まさか「時の過ぎゆくままに」が聴けるとは…。

大宮、楽しんできてくださいね。

お久しぶりです。

Blueさん
朝早く呼ばれた気がしてお邪魔しました。(笑)

>Blueさんやジュリーマニアさんとweb上で交わした会話(コメント)は忘れ難く…。
同じくです。
あのコンサートのDVDを観るたびに
♪KI・MA・GU・RE 歌うジュリーをお見せしたいと思ってました。

Blueさんの感想をお聞きして、歩き続けるジュリーを体験して頂き、そのきっかけに少しでも係われたこととても嬉しく思います。

阿久さんの曲がたくさんあったそうで客席には裕也さんのお姿もあり
昔共演した「七人の刑事」で流れた♪哀しきチェイサーも歌われたと聞きました。

これは阿久さんがHPの中「あまり売れなかったがなぜか愛しい歌」で綴られています。

>月見家さん
26日2列目なんて素晴らしい。
私は10日までお預けです。
感想お待ちしています。

ジュリーマニアさん

コメントありがとうございます。
ジュリーマニアさんがいなければ、今回もまた観に行かなかったかもしれません。

>歩き続けるジュリーを体験して頂き
ファンには好不調がわかるのだろうけれど、私は良い意味で驚きました。
70~80年代とヴォーカルが変らないと書いたのはさすがに大袈裟(笑)ですが、
そのくらいに感じたのは確かです。

歌われた曲は初めて聴くものがほとんどでしたが、とてもジュリーっぽいメロディで、
「どこかで聴いたことがあるような…」という、私が名曲の条件と思っている事に当てはまるものばかり。

>阿久さんの曲がたくさんあったそうで
阿久さんの曲が多かったのですね。気になった曲がいくつかあったので、今後は色々と調べてみます。

>客席には裕也さんのお姿もあり
あー、それであのMCは(笑)…って、すいません。ジュリーマニアさんにはわからなかったですね。
アンコールで「先輩がまだ頑張っていますから云々」というMCがありました。
あれは内田裕也を指していたのでしょう。

個人的には「気になるお前」が聴けたのが一番のサプライズであり、嬉しいことでした。
「ダーリング」や「TOKIO」でさえ歌わなかった私も、この曲は歌いましたよ(笑)。

ジュリーマニアさん

お久しぶりです!
私も、今回の初参戦はジュリーマニアさんとのやりとりがなければ、ありえなかったと思います。背中を押していただいたという感じですね。
あのときにコメントをやりとりした3名が、それぞれ同じツアーの別の場所に参戦する…なかなか面白い結果になりましたね。

実はジュリーってちょっと好きなんです。
そのなかでも「時の過ぎ行くままに」は特に好き。と思ってたら…そっか。阿久悠さんの詞だったんだ~。彼の訃報以来、「え、これもそうだったの?!」てのが多いです。。

ちなみに私の母は10代の頃、ジュリーの熱烈ファンだった時期があるそうで、自分の部屋に等身大ポスターを貼ってたんだとか(笑)。その頃から現役って、考えたらすごいことですよね。

いつか母を誘って、ジュリーでも観に行ってみようかな(笑)。

ジュリーっ!

ごぶさたしております。
って、いつもロムってましたが…(笑)

俺の知り合いのチャボとほぼ同い年のマダムが
ジュリーの大ファンで毎回ライブに行ってます。
そうですか…今回はそういうライブでしたか…
阿久悠さんのジュリー作品、まとめて聴きたくなりました。
俺もジュリーのライブ、行きたくなりましたね。

ayakoさん

>実はジュリーってちょっと好きなんです
おっ? ayakoさんが知ったときのジュリーって、何を歌ってた頃なんだろ?

「時の過ぎゆくままに」はまったくアタマに無かった曲なのでびっくりしました。
聴けて嬉しかったけれど、歌われた理由が理由なので複雑でした。

>私の母は10代の頃、ジュリーの熱烈ファンだった
やっぱりタイガースですよね?
私が小学校1年くらいの頃かな。
近所のお姉さんがGS好きで、ウェスタン・カーニヴァルにしょっちゅう行ってました。
ロックなんて知らなかったけれど、おかげでウェスタン・カーニヴァルという名称は憶えちゃいました。
ayakoさんのお母さんと同じ世代だったのかなぁ。

>いつか母を誘って、ジュリーでも観に行ってみようかな
いいですね。お母さん、喜ぶんじゃないかな。そんな気がします。

RE2Oさん

>チャボとほぼ同い年のマダムがジュリーの大ファンで毎回ライブに行ってます
おー。そういうファンは全国にたくさんいるんでしょうね。客席はとにかく熱かったですよ。
ただ、阿久さんのことがあったから、ちょっと特別なライヴになっちゃいましたね…。

>阿久悠さんのジュリー作品、まとめて聴きたくなりました
私は既にそうなっています(笑)。
「勝手にしやがれ」を筆頭に「憎みきれないろくでなし」「サムライ」「ダーリング」「ヤマトより愛をこめて」
「LOVE(抱きしめたい)」「カサブランカ・ダンディ」「OH!ギャル」と、この辺のシングル連発ですからね。
タイトルを挙げただけでため息ですよ。

昨日はちょっと興奮していてその後スポーツ紙を購入してコンサートの写真を見てまたウルウルでした。

3日NHKの阿久さん追悼番組 最初が♪勝手にしやがれで番組最後が♪時の過ぎゆくままに(どちらも紅白映像)で、今年お正月のコンサートファイナルのみのアンコールが♪勝手にしやがれ
今度のツアーの最初が♪時の過ぎゆくままに 偶然とは思えませんでした。
♪時の過ぎゆくままに は阿久さんが一番好きな歌だったとか・・

>個人的には「気になるお前」が聴けたのが一番のサプライズであり、嬉しいことでした。
今年の初めそう仰ってましたね。
その曲が歌われるなんて、やっぱりBlueさんも呼ばれたんでしょうね。

>月見家さん
そう言って頂いてとても嬉しいです。

>それぞれ同じツアーの別の場所に参戦する…なかなか面白い結果になりましたね。
本当ですね。
ライブは生ものですから、その時々、聴く方の状態でも感じ方も違ってきますよね。
こんな形で1月のやり取りの続きがお話でき、違う目線での感想聞けるのも楽しみです。

ジュリーマニアさん

>3日NHKの阿久さん追悼番組
この番組のこともMCで話していました。前日に観ていたようです。

>最初が♪勝手にしやがれで番組最後が♪時の過ぎゆくままに(どちらも紅白映像)で、
>今年お正月のコンサートファイナルのみのアンコールが♪勝手にしやがれ
>今度のツアーの最初が♪時の過ぎゆくままに 偶然とは思えませんでした
うーん…。これは何かがあったのかなぁ…と思いますね。

>やっぱりBlueさんも呼ばれたんでしょうね
そうです。" 私は「気になるお前」が好きなのですが、今でもライヴで演っているのでしょうか? "
ってジュリーマニアさんに聞いたんですよね。今回いきなり演奏してくれましたからね。
これも凄い偶然だなぁ。何かあったのかな、やっぱり(笑)。

大宮ソニックシティ

行ってきました。
まだ余韻に浸っているような状態で、ほとんどミーハーな感想になってしまうのですが、とりあえず「何!? あのとてつもないカッコよさは?」と言いたいですね(Backを含めて)。

月見家さん

イェー!良いライヴだったようですね。
おそらく私が観た初日よりも音は固まっていると思います。
それだけは羨ましい v-290
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ