MY LIFE IS MY MESSAGE 2019 Brotherhood 山口洋×仲井戸CHABO麗市 THUMBS UP 2019.6.28.

ゴールである相馬へ向けてのツアーが組まれるという、
以前のようなドラマチックなストーリーがあるわけではなく、
賛同した何名かのミュージシャンたちによるセッションでもなく、
今回は山口洋と仲井戸麗市の二人だけで行なわれたMLIMM。
双方のソロ・パートがあり、セッションに繋げるという、
ハッキリ言ってフォーマットが決まっているであろうライヴである。
はたして…今回もその通りの構成だった。
しかし、そのフォーマットはMLIMMを冠したものであるから、
チャボのいつものソロとは何かが違って聴こえるのも確かだ。
その何かが何なのかを受け止める楽しみもMLIMMならでは…だ。

D-JtqiWUIAIstAy.jpg

チャボは特にテーマを設定せず、いつものソロだった。
雨が歌われている曲や、この時期しか歌わないという「ねぇHISAKO」といった、
6月らしいメニューではあったが、特にMLIMMらしい何かは見られなかった。
ただ、お客さんをいじる回数が減っていたのはよかった。
最近のチャボの傾向として、お客さんを意識すると演奏から客席に気が移り、
肝心の歌やギターが飛んだりおろそかになるのを何度も目にしているので、
その意味ではこの夜は最低限だったのはよかったと思う。
もっと自身の歌とギターに入り込んでほしい。

アンコールも定番ではあったが、ミチロウに触れての「新相馬盆歌」や、
「満月の夕」を聴けば、MLIMMのライヴということを意識するし、
これまで僕が体験してきた…それこそミチロウが加わっての渋谷、
そしてARABAKIでのセッションが浮かぶ。
それらの延長にこの夜があることに気づかされての感動もあった。

「ハングリー・ハート」もここではすっかり定番になったが、
言ってしまえばチャボの歌詞によりまったく別の曲になっているわけである。
しかし洋のギターがオリジナルのキーボード・ソロを再現するので、
あぁ、これはスプリングスティーンなんだ…と思いなおさせてくれる。
そんな良い意味でのねじれ方も、MLIMMでしか聴けないものである。

ラストは「R&R Tonight」だった。
洋のリクエストだったそうだが、明らかに浮いていた。
もちろんプラスでポジティヴに…であるが。
ミチロウ、そして本編のMCではショーケンの訃報にもふれられていたが、
そこに付け加えられる " 同い年 " がチャボの切ない想いを表していた。
そんなことを感じ続けているであろうチャボの " やるっきゃねぇ " は感動的だし、
僕自身もそれによって奮い立たされるけれど、
同時に見え隠れするやり切れなさを感じられるのも事実。
そんなものがこの日の「R&R Tonight」に結実してしまったように見えた。

やるしかない、やり続けるしかない…という思いと共に、
どうしたって溢れ出る切なさによって、
歌われる歌詞やフレーズが、それとは違った意味に聴こえてくる。
夏の寂しさの本当の理由…の夏とは単なる季節なのか。
預かってゆく僕らの重たい未来…の未来のゆくえはどこなのか。

" R&Rが溢れてるから、今夜は最高の気分さ " と歌われるが、
歌われている途中ではなく、歌い終えてからではあるけれど、
その最高の気分から何かがこぼれているように感じた。
歌い終わった後のチャボはしばらく下を向いたままで、
何だか放心していたように見えたからだ。

今夜は最高の気分さ…だけではなかっただろう。
歌いながらチャボの中に落ちてきたものは何だったのだろう?
今のチャボをリアルに感じられるシーンは、この日の最大の収穫だった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ