ARABAKI ROCK FEST.19 2019.4.27~4.28.

開催前日までの天候の様子から当日も気をもんでいたが、
幸い、僕が会場にいた時間は雨にたたられることはなかった。
しかし、今年は寒かった。
これまでも陽が落ちてからの寒さは経験済みだが、今年は特に寒かった気がする。
それでも充実した楽しい、そして感動的な2日間だった。

IMG_3900.jpg

TOSHI-LOWが「カノン」を歌った。
後にミチロウの訃報をきくことになるので、何かしらのつながりも感じたりしている。

真心ブラザーズの津軽フォーク村にゲストで迎えられたチャボは、
" 愛と平和を大事にしようぜ " のメッセージと共に、
スコット・マッケンジー「花のサンフランシスコ」。
湖をバックにした開放的なステージから東北の空へ Love & peace。

IMG_3918.jpg

加山雄三、82歳。
ギターを歪ませてソロを弾きロックン・ロールする姿。
ツインドラムにツインキーボード。トリプルギター(若大将を含めれば4本のギター!)。
加山雄三→藤井一彦→古市コータロー→佐藤タイジで回されたギターソロがかっこよかった
豪華なバックとゲスト陣で華やかで楽しいステージ。
晴れ渡る青空に白い雲。最高にフェス映えするバンド。

3人のウルフルズ。
フェスやイヴェントなどのセッションでのトータス松本は数多く体験済みだけれど、
こうして本家での彼が、当たり前だがいいなって思う。

BARBEE BOYS。
スケジュールの都合で途中でステージを後にしたが、
KONTAと杏子の声はARABAKIの空にずっと響いていた。

IMG_3924.jpg

誰もが知る曲を持つバンドはフェスでは強い。
1曲でその場にいるお客さんを持っていってしまう。
「GLORIA」の大合唱が起こったZIGGYのステージは感動的だった。

思えば僕のアラバキ初体験は2010年。
このときに最初に観たのがKANで、初めて聴いたのが「愛は勝つ」だったと思う。
そしてその時に聴いて覚えて…いや覚えさせられてしまった「よければ一緒に」。
9年たっても覚えていたので、最初の印象が相当に強力だったのだろう(笑)。

IMG_3939.jpg

ソウル・フラワー・ユニオンは電気グルーヴの「シャングリラ」を登場SEに。
時期的にもタイムリーだが、こうした場では特に気分があがる。

the pillowsの30周年に華をそえた佐野元春。
ゲストのトリで自身の「アンジェリーナ」も演奏。
寒空に響く元春のロックン・ロールが最高だった。

IMG_3941.jpg

今年は過去に比べて寒さが厳しかった。
それでもこの場でしか感じられないものと、この場だから受け止められるものがある。
きっとまた来るだろう。

IMG_3921.jpg


     **********

4/27(土)
・TOSHI-LOW
・人間椅子
・SCANDAL
・ドレスコーズ
・真心ブラザーズの津軽フォーク村
・THE ARABAKI ROCKERS SATURDAY NIGHT ROCK'N'ROLL SHOW


4/28(日)
・THE King ALL STARS -2019 ARABAKI MAXIMUM-
・ウルフルズ
・BARBEE BOYS
・ZIGGY
・KAN
・ソウル・フラワー・ユニオン
・the pillows -30th ANNIVERSARY CARNIVAL OF BUSTERS in ARABAKI-
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ