仲井戸CHABO麗市 MY WAY2007 LIVE HOUSE OF marquee 江古田マーキー 2007.5.20

江古田マーキーでライヴを観るのは初めて。
中に入り、横に長い会場を見た第一印象は「渋谷の屋根裏みたい」だった。
もちろんRCサクセションが出演していた頃の屋根裏だ。
まずはそんなことで気分が盛り上がる。

V6010074.jpg V6010076.jpg V6010075.jpg

最初に、この日にチャボが使用したギターの話。
ソロ・ライヴではいつもメインである二本のギブソン・チェット・アトキンスはもちろんだが、
グレコのセミアコにギルドのフルアコ。クラプトン・モデルのストラトも二本。
そしてゴダンと、エレキも存分に弾いてくれた。
小さな会場だったこともあり、エレキの音がとても良かった。
ナチュラルに歪んだグレコのセミアコでのブルース。
これまたナチュラル・ディストーションのストラト・ハーフ・トーン。
ゴダンでプレイしたキンキー・サウンド。
そしてギルドのフルアコを歪ませてのスライド・ギター。
チャボ自身はどう思ったかはわからないけれど、剥き出しの生の音って感じで僕は最高だった。
最近はギタリスト・チャボという感覚が僕の中で大きくなっていたので、その意味でも嬉しかった。
僕の記憶では、今日のチャボは八本のギターを使用していたと思う。

さて、会場のBGMはレゲエが鳴っており、
何だかいつものチャボのライヴ前とはちょっと違う雰囲気の中で開演を待つ。
立見も含めてお客さんは満員だ。だんだんと熱を帯びてくる。
定刻を10分ほど押して、いよいよチャボが登場。
ライヴは「SWEET HOME 江古田マーキー」で始まった。
二曲目でグレコのセミアコを手にして「Boom Boom」。久々のセミアコ・サウンドも最高。
この曲でのコール&レスポンスで一気に盛り上がる。
ここからはもうラストまで良い意味で終始リラックスできたし、楽しめた。
凄くいい感じでスタートしたライヴだったと思う。

今夜のメニューは、以前もライヴで聴いたことがあっても久しぶりという曲がたくさん演奏された。
特に中盤で行われたプチ企画が嬉しかった。

まずは「チャボが他人に提供した曲」特集というメニュー。
このブログでも不定期連載(笑)しているので、僕にとっては嬉しいものだ。
ここでは次の三曲が歌われた。
竹中直人に提供した「Holiday」。
●夏木マリに提供した「ヴィソツキー」。
●矢野真紀に提供した「Good Time」。
「ヴィソツキー」と「Good Time」はチャボ自身で作品化していないので貴重だ。

そして続けてもうひとつプチ企画(笑)。
FCオンリーで発売された『CHABO LIVE Selection Official Bootleg』からのセレクト特集。
まずは季節柄「スーパードライバー5月4日」。
この曲でのストラトのハーフ・トーン(ただし最後のスライドではセンターPUにしていた)が最高。
そして「陽気にやろうぜ」と「Good songを君に」の未発表曲の連発。
これは嬉しいでしょう。
それにしても、やはり「Good songを君に」は名曲だなぁ。
「泣いてたまるか」と共にスタジオ録音して欲しい曲だな、これ。

さて、珍しい曲が演奏されたことでも満足だったライヴだが、
白眉だったのは何と言っても本編最後のポエトリー・リーディングから「ガルシアの風」だろう。
そのポエトリー・リーディングは「風樹」という詩。

風樹という言葉を調べてみた。
" 風に吹かれてそよぐ樹 " のことだそうだが、
" 親孝行をしようと思い立ったときにはすでに親がなく、孝行をしたくともできないという嘆き "
という意味の、『風樹の嘆』という故事・ことわざだそうだ。
" いなくなってしまった親への思い " という意味もあるのだろう。

  風が吹いてる 母親の…に
  風が吹いてる 父親の…に
  風が吹いてる 子供達の…に

「風樹」はこう何度も繰り返される詩である。
チャボはこれを朗読した後に「ガルシアの風」を歌ったのだ。

いつからだろう。チャボのソロ・ライヴから「yeah ロックン・ロール!」
「yeah ブルースでぶっ飛んでる!」だけでは無いものを大きく感じるようになったのって。
その「何か」は、僕だけでなくファンの人達それぞれも感じていると思っているのだけれど、
同じものでも無いとも思っている。でも、似ているものかもしれないとも思う。
僕にとっての「それ」は何なのかはここでは書かないけれど。

     **********

早いもんだぜ今年も半年過ぎちまった。
他人の幸せは鼻につくし、不幸せは自分のことほど目につくが、でも大丈夫。
チャボの唄でぶっ飛んでくぜ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
楽しそうだなぁ ちょっとやっぱり悔しいです。(-_-)
で、随分うれしい企画が多くて Blueさん的には最高だったわけですねぇ。きっと みんなにも最高に違いないけど(笑)
あぁ ますます神戸が待ち遠しいです。 

yukoさん

いやー、ここはステージと客席が近すぎる(笑)。ギターがあまりにも生々しい音でした。
企画も楽しかったし、ちょっと間違えながらも(笑)、チャボの調子は悪くなかったと思います。
今後のライヴのメニューが同じなのかはわかりませんが、きっとどんどん良くなっていくんじゃないかなー。

>ますます神戸
だから神戸じゃなくて姫路 v-217

また間違えてしまいました。すいません。。これからは「ますます兵庫!」て書こう。(笑)

yukoさん

つい神戸って言っちゃうのは、おそらく「ウルル」が強烈なイメージで残っているんじゃないですかー v-290

お久しぶりです。
いらしてたんですね~。
実は私も行ってたんですが、ちょっといろいろ事情があって大遅刻、後半しか観ることができませんでした。
行けただけでもありがたい、という状況だったんですが…う~ん、やっぱレポート読ませていただくと、うらやましいです。。
「ヴィソツキー」と「Good Time」、聴きたかったぁ。

江古田Marquee、なんか気に入っちゃいました。遅れたんでいちばん後ろにいたんですけど、店長さんノリノリでした(笑)。

ayakoさん

>ちょっといろいろ事情があって大遅刻
それは残念でしたね。後半ってどの辺から観られたのでしょう?
鮎川誠のモノマネには間に合いましたか(笑)。
「Good Time」は良かったですよ。この曲、チャボもレコーディングして欲しいな。

いつかどこかの会場でお会いできるのを楽しみにしています。

スーパードライバーの途中で着いたので、モノマネは間に合いました(笑)。
前回聞いた時より腕を上げてたかも?!

Blueさんとは、知らないだけできっと何度も同じ会場に居合わせてるんでしょうね。こちらこそ、いつかお会いできるの楽しみにしています。

ayakoさん

>モノマネは間に合いました(笑)。
かなりのロング・ヴァージョンでしたね v-290

>きっと何度も同じ会場に居合わせてるんでしょうね
間違いないです。もう会っていますよ、きっと。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ