いい事ばかりはありゃしない/RCサクセション from『RHAPSODY NAKED』 -2005-

もう今から20年近くも前のこと。
中学の時から僕が10年以上やってきたバンドの解散が決まった。
最後のライヴは友人や知り合いのバンドと一緒に演ろうということで、
渋谷にあった某ライヴハウスを貸しきった。
オールナイトのイヴェントにしたのだ。
もちろん僕らはトリを飾らせてもらった。
そのバンドの結成当時からのオリジナル・メンバーは僕とドラムの二人だけ。
記事にも書いたが、
RCサクセションのドラマーであるコーちゃんに一緒にサインをもらったヤツである。
よって、バンドを作ったことに、RCサクセションの存在はもちろん大きい。

バンド結成時にはRCの曲もコピーしていたが、
メンバーが入れ替わり始めたと同時にRCとは離れていく。
曲もすぐにオリジナルを作るようになり、
解散当時にはRCの色は皆無なバンドだった。
そんなバンドであったが、
解散ライヴのラスト・ナンバーに演奏したのがRCサクセション。
その曲は「いい事ばかりはありゃしない」であった。
何故この曲を選んだのか。
もう理由は憶えていないが、僕の意見であった事は確かである。
しかも、バンドにはヴォーカリストがいたのに、
僕も曲の一部を歌わせてもらったのだ。
その時の自分がどんな気分だったのか忘れてしまったが、
この曲を歌いたかった気分だったのだろう。

     **********

81年のアルバム「PLEASE」で発表されたナンバーであるが、
初期からライヴでのレパートリーであり、
そして既に代表曲でもあった「いい事ばかりはありゃしない」。
清志郎はザ・バンドをイメージして作ったと発言していたが、
なるほど言われてみればそんな匂いもする。
しかし、言われなければこの曲からザ・バンドをイメージすることはできるだろうか。

「RHAPSODY NAKED」での、
ビートルズの「サムシング」のようなコーちゃんのドラムのイントロが、まず良い。
二本のギターとサキソフォン、
金子マリのヴォーカルがフィーチャーされた強力なヴァージョンである。
演奏は非常にラフであり、ところどころで乱れるが、
そんなことは構いやしない程のカッコよさだ。

そして何といっても曲の冒頭での清志郎による「だけどさ~」。
続いて「いい事ばかりはありゃしねぇんだ!」とチャボも一緒に叫ぶ。
これですよ、これ。

歌詞に出てくる月光仮面が生理のことだとか、
坂の途中の坂は多摩蘭坂なのかなとか、
そんな楽しみ方ができるようになったのは、もうずっと後のことだ。

   金が欲しくて働いて 眠るだけ

とにかくこのフレーズを清志郎とチャボと一緒に歌うことが全てであった。
でも、今でもそれが全てのような気もする。

     **********

そうだ!
思い出したが、僕は大学を卒業するときも、この曲を歌ったんだっけ。
どうやら、僕は何か節目の時になると、この曲を歌いたくなるようだ。

     **********

だけどさぁ…やっぱり、いい事ばかりは ありゃしねぇんだよなぁ…



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/12/08 21:28

nobuさん バンドは長くやっていましたね。所謂バンド・ブーム以前ですが。 チャボはこの曲、自分のソロ・ライヴでも演っていました。最近ではRCの清志郎作品は演奏しなくなりましたが、「絵」が出る以前のライヴでは「お墓」も演っていました。


nobu
2005/12/08 13:11

http://ameblo.jp/nobu-s
この曲、今もぐっときますねー。情景が浮かんでくる歌です。 30周年、35周年とチャボが来た時も必ずこれやりますよね。 Blueさんはそんなに長くバンドやられてたんですね。新井田さんにサインもらったなんて羨ましい~!


Blue1981
2005/12/07 2:27

さらみさん こないだの日曜日。ある店でこの曲を歌ってしまいました~。


さらみ
2005/12/06 17:08

http://spaces.msn.com/members/inmyplaceinyourplace/
この歌を初めて聴いたときびっくりしたのを覚えてます。こんな詞の歌があるんだ~って。RCの歌には、そういえばいつもびっくりさせられていたな・・。 今でも新鮮ですね。


Blue1981
2005/12/04 13:12

Rainbowさん おっしゃるとおり、この曲はダウンな気分にならないんですよね。 ちなみに、かなり古い曲のようですが、3人のRCで演奏はされていたのでしょうか?清志郎は「リンコさんが嫌いで演りたがらなかった」と言っていました。


Rainbow
2005/12/04 12:17

http://ameblo.jp/rainbowgraf/
この歌の持つアンニュイな雰囲気が伝わってきました。そうでありながらメロディが気持ちよいから落ち込まないんですよね。 いいことばかりはありゃしない・・・いいこともいっぱいあったよなぁ。そう悪いもんでもないさって思えてくる。 いつもキヨシローの詞は逆説的で。それがとってもいとおしかった。 そんな時代の気分が感じられる素敵な記事バンドでの活動を実際にされていたからこそ伝わってくる記事でした。まるで一緒に見ていたような気がしましたよ。 一曲バトンおつかれさまでした♪
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ