『札幌市民会館 最後の日』を観る

遠くにいる友達からヴィデオが届いた。最高のプレゼントだ。
本当にありがとうございます。

日曜日。どこにも出かけず、昼間と言うこともあり、できる限りの大音量で観る。
イヴェント当日、そして今回のTV放送の素晴らしさは、
既にブログや掲示板にコメントを頂いた皆さんから教えてもらっているので、
チャボと清志郎出演部分のみ、ヴィデオを観た感想を記してみます。

     **********

蘭丸がインタヴューで言っていた。

  Hall Aid Bandの演奏が素晴らしくて、気持ちよく演らせてもらいました

全編を通して観て、僕もこれは強く感じた。
聴きなれた麗蘭やRCの曲も、とても新鮮に聴くことができた。

●いい事ばかりはありゃしない/仲井戸麗市
最近は演らなくなってしまったが、このRCサクセションの名曲を、
チャボは80年代のソロ・ライヴでレパートリーに入れていた。
僕は86年に初めてチャボ・ヴァージョンで聴いたのだが、
そのときは本当に感動してしまい、自分のライヴでもカヴァーして歌った程だ。

さて、チャボが演るときは、「♪いい事~」の歌いまわしが清志郎と違っているのが特徴。
また、ギター・コードのカッティングで始まるのもいい味を出している。
今回、基本はその僕が知っている昔のチャボ・ヴァージョンで演奏されているのには感激してしまった。
そして白眉は最後のギター・ソロ。これぞ仲井戸麗市!
これは、僕が思うチャボのプレイの良いところがすべて出ている。
久しぶりに唸ってしまうギター・ソロを聴き、思わず「おぉーっ!」と叫んでしまった(笑)。
ここだけで、チャボ・ファンにはこのヴィデオが残された価値があると思う。

●GET BACK/麗蘭
いつもライヴでは麗蘭四人だけのサウンドを聴いているが、これだけ分厚い「GET BACK」は初めてだ。
分厚いと言っても決してゴージャスという感じではなくて聴きやすい。
間奏を佐橋佳幸がスライド・ギターでキメるのだが、これが見事にはまっている。
曲の終盤で蘭丸のギターのみをバックにチャボが歌う箇所があるのだが、
チャボと蘭丸の2Shotのバックにステ-ジ上部に下げられているシャンデリアが映るシーンがとても良かった。
この部分以外にも映像の編集がとてもいいなーと思っていたのだが、
ラストのクレジットを見たら、監督は林ワタル氏が担当していました。納得。

●メンバー紹介Blues/仲井戸麗市+The Hall Aid Band+山崎まさよし
チャボのライヴではお馴染みのインストでメンバーが紹介される。
チャボに紹介される各メンバーがとても楽しそうなのが印象的。
ここだけを観ても、このイヴェントが素晴らしかったということが伝わってくる。

●Beef/奥田民生+仲井戸麗市
ロックン・ロール!
民生とチャボのギターをたっぷりと聴くことができる楽しくも熱いセッション。
ここでのチャボは、自身のライヴでもあまり弾かないようなフレーズをスライドでかましている。
誤解を恐れずに言えば、RC時代に弾いていた(ような)フレーズが飛び出しているぞ。
また、こういったセッションでは遠慮気味になりがちなチャボであるが、
それこそ民生をくってしまいそうなほど楽しんでいる。
そのテンションの高さの理由は、この後に収録されたチャボのインタヴューでわかる。
やはり清志郎の出演は、チャボにとってはかなり大きな事だったのだろう。
チャボ自身が言っていた「何かテンション上がってったね」のテンションの高さ。
それは僕が思うよりも、更に高いものだった。

さて、遂に忌野清志郎の登場になる。
チャボはインタヴューで「びっくり、嬉しい、心配」と話していたが、
僕もこの後に及んで、ヴィデオなのに同じように思っていた。
そして、そのシーンを観る前は、さすがに姿勢を正しました(笑)。

TVモニターに映る嵐の前の静けさ。
そこに古田たかしによるカウントが響き、例のイントロが鳴る。
●トランジスタ・ラジオ/忌野清志郎+仲井戸麗市
皆さんから頂いた情報や感想で僕も頭の中で想像はしていたが、そんなものは軽く吹き飛んでしまった。
あれを実際に観た人達の気持ち。
その数千分の、数万分の一でも、今回は全国の清志郎ファンとやっと共有できたことが嬉しい。

チャボが叫ぶ。

  忌野清志郎! キヨシロー!

清志郎が歌いだす。

  Woo 授業をサボッて~♪

この第一声を聴いた瞬間!
身体が思わず5㎝くらい浮きました(笑)。
ファンの数だけ感じ方はあるのでしょうが、皆さん幸せハッピーだったのは間違いないでしょう。
ここ数年、いや、今まで観た様々なシーンの中でも、間違いなく一番感動的。
これ以外に書くことは無いや。

●雨あがりの夜空に/忌野清志郎+仲井戸麗市
曲のラストでチャボが清志郎に何かを囁くシーンがある。
そこでの二人の笑顔を観たら、もう何も書くことは無いや。
※Bメロで、SAXがシングル・ヴァージョンのシンセのフレーズを吹いていたのがポイント高し。

●I Shall Be Released
今回のイヴェントはザ・バンドの『ラスト・ワルツ』がモチーフになっているようで、
それに倣ったのだろうラスト・ナンバーは全員によるこの曲。
おそらく、ステージ上に下げられたシャンデリアも同様なのではないか。
終了後に会場に流れていたのも「Theme From The Last Walts」だった。

     **********

もちろんいいイヴェントだったと思っていたが、それは想像以上だったな。
それにしても、ヴィデオを送ってくれた人も言っていたのだけれど、
この放送でいちばん映っているのが仲井戸麗市である。
僕はとても嬉しいのだけれど、これでいいのか(笑)。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

札幌市民会館 最後の日

BS FUJIで放送されたという「札幌市民会館 最後の日」。あるのかな?と探したらやっぱりありました@youTube<トランジスタラジオ>http://www.youtube.com/watch?v=yAlXaV1UjFU<雨上がりの夜空に>http://www.youtube.com/watch?v=Mo7_HYx-DSMいやあー感動!キヨシロー元

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます
これ見たいですねぇ。。。
CHABOさんが一番映っていたんだ
それは余計に見たい(笑)
幸せになれそうな気がする。

いいご友人をお持ちで羨ましいです。

観たい・・。

レポを読めば読むほど。
いつか絶対みてみたいです。

観ました

私も、BSとやらは観れないので知り合いに頼んでビデオで観る事ができました。
あの日の、最初から最後まで…とても素敵なイベントだった事を改めて感じました。


スローバラードがカットされていて残念でしたが、出演者のインタビューや、ステージそでの様子が映っていたのは良かったです。

感動が再び…清志郎が映った瞬間「うぅ~清志~」と泣いてしまいました(笑)

チャボと会話をし、笑い合う二人…

ほんと何も言うことはないですね。

ファンなら、みんな同じ気持ちですよね…

yukoさん

>CHABOさんが一番映っていたんだ
わざわざ時間を計らなくとも、単に観ているだけでそれがわかります(笑)。
何だか音楽シーンでのチャボのポジションを改めて知った…というか。
チャボと一緒に演りたくない人っていないんじゃないかなーって思いました。

恭さん

想像以上でした。これはやばいですよ。
清志郎とチャボ以外の出演者のファンには申し訳ない程、二人が素敵です。
TV放送だけというのはもったいないです。

ヒナさん

ヒナさんはあの場にいたんですよねぇ…。生の会場の雰囲気はどうしたって味わえないからなぁ。
ヴィデオを観たからこそ、羨ましさ倍増しました v-290

チャボの「キヨシロー!」に続いて「Woo 授業をサボッて~♪ 」の歌声を聴いたときの感動!
これは言葉にできません。
そして「雨あがり~」での二人の笑顔。ステージであんな表情を観たのは初めてですよ。

まさやんを見た感想は?(笑)

てへへ・・良かったら教えてくださいまし。

さらみさん

そうですねぇ。チャボに紹介されてハープを吹きながらステージに出てくるのですが、
私はチャボと山崎まさよしの接点というのが見つけられないので、まずは良い意味で違和感かな。
こんなセッションはもう観られないかもしれませんね。

曲は「根無草ラプソディー」と「晴男」。もちろん聴いたのは初めてです。
ただ、歌詞は札幌用に変えていたところがあったんじゃないかな。
「晴男」で " 東京に生まれて日本ハムを愛してても~♪ " なんて歌っていました。
おそらく元の歌詞は違うのでは? 
こういうサービス精神ってチャボにもあるので、そういう点は似ているかも。

そうそう、チャボからステージを引き継ぐ時に彼が「仲井戸麗市、チャボ!」って言っていたんです。
ほとんどのミュージシャンが「チャボさん」というのに、「チャボ!」って言ったのがとても良かったです。

あの蘭丸さんのコメントは、がくめんどうりに受けとってはいけまさんよ。あれは嘘というか社交辞令でしょう。あのドラムはないでしょう。ゲットバック変ですよ。

藤原さん

確かに聴く人によって感じ方が違いますよね。

>あのドラムはないでしょう。ゲットバック変ですよ。
藤原さんはどこがどのように変に感じたのかがわかりませんが、私は違和感ありませんでしたよ。
Hall Aid Bandは各自がそんなに目立たずバックに徹し、しっかりとサポートしていたと思います。
あと、個人的にもシータカは日本でも屈指のロック・ドラマーだと思っているんですよね。

うう。

今ごろやってきました。^^
すごいレポありがとうございます。
私はまだこのビデオ見られていないです。
でも、この間清志郎ふぁんくらぶイベントで、清志郎出演部分だけは見られました。
あの、トランジスタラジオのイントロが流れた瞬間、清志郎が出てきた瞬間、チャボと並んだ瞬間・・。
客席の大歓声・・。

あれを見たときの気持ちは、筆舌に尽くしがたいですね。
ほんと・・最高。

nobuさん

いやー「トランジスタ・ラジオ」での清志郎の第一声は、もう一生忘れられないでしょうねぇ。

>清志郎ふぁんくらぶイベント
nobuさんのレポも読みました。「スローバラード」も観られたんですよね?
それに札幌以外の映像も!それは羨ましいですよー。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ