麗蘭 2004.12.29. 京都・磔磔

ここ数年、年末は京都での麗蘭を見て過ごしている。
磔磔でのライブで、それは年末のみであったり全国ツアーの最終日だったりするのだが、
やはりここで観る麗蘭は特別なものとして、僕個人的には捉えている。

何といっても麗蘭のデビュー作である『Welcome Home!』が収録された会場だ。
そういった意味でもファンには思い入れがあるライブハウスだと思うし、
僕自身そのときまではその存在と名前しか知らなかった磔磔を、
身近にしてくれたのもこの作品と麗蘭だ。
幸運にも最前列で観る事ができたり、最後尾だったりと様々なシチュエーションだけど、
毎回素敵な何かをもらえる場所である。

今年もやはり素晴らしかったのだが、
そういったことを越えて、今回はただ圧倒されたライブだった。

オープニングは「I Feel Beat」。
その後は2ndアルバム『SOSが鳴ってる』より、A面1曲目(笑)から曲順どおりに演奏された。
そうか、そういうことか、チャボ。

中盤、蘭丸が歌うB面1曲目の「天の川サーフ」を境に、一旦『SOS~』からはお休みになる。
ここでカヴァーやチャボのソロ作品、麗蘭1stからの曲が挟まれる。
麗蘭での演奏がお馴染みになった「真冬の熱帯夜」で会場の温度がさらに上がる。
この曲がライブ後半の開始を告げた。

ビートルズ、いかれた音楽へのリスペクトと愛情に満ち溢れた名曲「Get Back」。
蘭丸のギターが強力だ。イントロのあのリフがカッコイイ。
蘭丸にはEのコードが似合う。凄い。
そして間違いなくこの日のハイライトのひとつであっただろう「R&R Tonight」。
1966年のビートルズ来日公演についてのMCの後に始まったこの曲。

  今夜最高の気分さ だってR&Rがこんなにここに溢れてる…

ここというのは磔磔だけということでは無い、と思う。
そこは麗蘭や僕たちが立っている場所。今、ここ、だ。
来年も北風の中、時代は変わっていくのだろう。
だけど、ここにR&Rが溢れている限り、大丈夫だ。
預かっていく重たい未来を僕も引き受けられそうな、そんな気がしてきたよ、チャボ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ