絵 / 仲井戸麗市 -1990-

1stソロから4年半ぶりに発表された2nd。
発表された1990年というのはRCサクセションの結成20周年にあたり、
オリジナル・アルバムの再発等、大々的なキャンペーンが行われた。
よって、このCDの帯にも20周年記念のロゴがデザインされている。

RC自体、前年の 『COVERS』 発売中止事件があり、
バンド内外で様々な動きがあっただろう。
そういった時期ではあるが、そのジャケットの佇まいのように、
何だかとても静かに発売されたという印象だ。

そしてレコードではなくCDである。
コンパクトにパッケージされた仲井戸麗市というのは、
慣れないこともあり、最初は違和感があった。

肝心の音の印象はどうだったか。
元々独特のメロディと言葉を持つ人である。
それがソロ作となるとダークでヘヴィな方向に加速し、POPさが削られていく。
音も言葉もすべて仲井戸麗市という個人の色に染まる。

その色が好きか嫌いか、
キレイだと思うか汚いと感じるか、
何かを塗る時に使うか否か…。
~かもしれない、~してみたい、という半端な対応はできず、
まさに○か×か、ふたつにひとつ。
仲井戸麗市のソロ・アルバムはそういう作品だと思うのだ。

このアルバムを聴いたときの僕の印象は、
まず " メロディがつかまえられない " であった。
自分の耳にすんなりとはまるメロディが出てきたかと思うと、次の瞬間には逃げていく。
1本だけチューニングが狂ったギターの、
歪んだ重いローなコード・カッティングを聴かされたようだった。
そのくせ音がたっていた。言葉が残っていった。

これは何だろう…?

しかし、僕にとっての 『絵』 の衝撃はジワジワとやってきた。
僕は知らない間に 『絵』 を狂ったように聴く毎日を過ごすようになる。
部屋で、車の中で、街を歩きながら…。
これはピッタリ一年間、丸々と続いた。
仕事をしている時と寝ている時以外は聴いていたといっても決して過言ではない。

60年代の新宿というテーマを、
チャボというフィルターを通して個人的かつ普遍的に展開する…。
こんな内容のアルバムだと思うのだが、
そういった私的作品に何故こんなにも共感できたのか。

音や言葉だけが僕を捉えたのでは無いような気がする。
では他には何が違っていたのだろう。
正直、それはいまだにわからない。
でも、ずっとわからなくても良いとも思っている。
だって、間違いなくこれを聴いた僕は感動したのだから、

絵
仲井戸麗市(1990-02-21)
Amazonランキング:40276位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

好きです この作品

繰り返し聴いてしまう作品の一つです
実は、今も聴いていました(笑)
ところで、この「絵」や、RCの「Baby a Go Go」等の作品は
LPにはならないんでしょうか...今更...ですかねぇ
それとも、当時LPで出ていたのでしょうか?
レコードで聴いてみたい作品でもあります

vitaminさん

> 繰り返し聴いてしまう作品の一つです
> 実は、今も聴いていました(笑)
聴いた回数で言えば、これまではもちろん、
今後もこのアルバムを超えるものは出てこないと思います。
聴けばいいというものではありませんが、聴かないよりはいいでしょう(笑)。

> ところで、この「絵」や、RCの「Baby a Go Go」等の作品は
> LPにはならないんでしょうか...今更...ですかねぇ
レコードとしての再発は難しいでしょうねぇ。紙ジャケCDならば可能性はありますが。

> それとも、当時LPで出ていたのでしょうか?
『絵』 は非売品のLPが存在しますよ。

ホームタウン

チャボのホームタウン新宿は、大学の頃よく歩いた街でした。
丸井・紀ノ国屋・映画館・画材屋・ディスコ(死語?)などなど。
チャボの街、というのをいつもちょっと意識してた気がします。
私には六本木や渋谷より安心感というか気安さがありましたねー。
先ほどCDひっぱりだしてみて、「ホームタウン」しかメロディを
思い出せなかったです。長いことお蔵入りしてました。
でも聴き始めたらおーおーこれだぁ!みたいに、覚えてる覚えてる。
けっこうよく聴いてたかな?「少女達へ」や「エピローグ」もいいなと
思ってたのを思い出したです。歌詞が好きですね。

それにしても今聴く「スケッチ'89・夏」って…。
清志郎の為の詞のようですね。

tamaさん

> チャボのホームタウン新宿は、大学の頃よく歩いた街でした。
私も大学時代は新宿でした。当時は行ったことが無い場所なんてないくらいでした。
特にチャボを意識していたことはありませんでしたが。

おぉ~~!

LPあるんですね~ でも非売品(笑)
清志郎の『Memphis』みたいなものですね?
一生お目にかかれないんだろうなぁ...トホホ
BLUEさん、貴重な情報ありがとうございました

vitaminさん

> LPあるんですね~ でも非売品(笑)
まぁ、仲井戸さんの全アイテムの中でも、かなりレアなもののひとつでしょうね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ