八神純子 with 後藤次利 The Night Flight 5 feat 村上ポンタ秀一、佐藤準、北島健二 Billboard Live TOKYO 2018.6.22

知ってからずっと気になっていたシリーズを、5回目にして初体験。
一言でまとめれば後藤次利による全編アレンジのライヴ。
誰もが知る代表曲が数多くある彼女だが、それらが惜しげもなく披露される。
しかし、歌われるまで何の曲かわからないアレンジにより、
そんな曲たちは、結果として僕にとって倍以上の楽しみ方ができることに。
しかも、バックを固めるメンバーはこの4人なわけで…。

想像していたものをはるかに超えて楽しめたステージで、
90分という時間が長く感じられた。

IMG_0616.jpg

それにしても後藤次利の存在感は凄い。
いわゆる目立つことなく演奏を支えるベーシストではなく、
リード・ベースと言っていい主張するフレーズが心地よかった。
もちろん八神純子が主役なのだが、彼のベースも相当していた。

そして生で見るのは約30年ぶりになる北島健二。
この夜は派手になることなく、バック・ギタリストに徹していたが、
時おり聴かせてくれるフレーズには、
おおっ!と身を乗り出させるような魅力があった。
中でも彼のギターが炸裂していた「想い出のスクリーン」が実にかっこよかった。

しかし、何よりも、何と言っても八神純子のヴォーカルが最高であった。

  今でも当時のキーを落とすことなく
  声量も歌唱力も変わらず歌えることが凄い

キャリアを重ねた歌手に対してよく言われることだが、
これは凄いということと同時に、当たり前であるという言い方もできる。
僕の持論だが、ファンは必死で音楽を聴いている…と思っている。
もちろん必死の意味はひとつではなく人によって広がるが、
それでも必死というフレーズでまとめることは出来るだろうと思っている。
だから、そこにこびりついているファンの思い入れは軽くは無い。
曲というのは、いちど付着した個人の思いや想いを、いつまでもそのままで保存できる。
そして、いつどんなときでも、そのままで取り出すことができる。
曲が持つこうした特性は、作者、演者の思惑とはまったく別にあるので、
その曲を生んだ本人であっても、どうしようもできないものだ。

だから、アレンジを変えたり、キーを下げて歌われるようなことがあると、
そこにはマイナスな…ネガティヴな何か…が発生する。
だからダメだということだけではないけれど、
少なくとも僕にとっては言葉にできない何かが確実に走る。
だから曲を変わらずに提示し続けることは、とても素晴らしいことだと思っている。

アレンジは変わっていたが、
それはライヴのコンセプトとして了承済み。
しかし、代表曲を代表曲として、
ヒット曲をヒット曲として、
今もファンに提示する彼女は素晴らしい。

     **********

八神純子 with 後藤次利 “The Night Flight 5”
feat.村上“ポンタ”秀一、佐藤準、北島健二
Junko Yagami with Tsugutoshi Goto "The Night Flight 5"
feat. Shuichi"PONTA"Murakami,Jun Sato, Kenji Kitajima

大ヒット曲「みずいろの雨」から40年、
抜群の歌唱力で魅了するシンガーソングライター八神純子が、
豪華メンバーとともにオン・ステージ!
1978年にシングル「思い出は美しすぎて」でプロ・デビューを果たしてから今年で40周年。
2000年に活動を一時中断するも多くのファンから復帰を望む声が高まり、
2011年活動を再開。
以降、アルバム発表やツアーなど幅広く活動を続けてきた八神純子が、
2014年からスタートさせたクラブツアーで登場。
70~80年代にわたり日本の音楽シーンを牽引してきた村上“ポンタ”秀一、佐藤準、
北島健二といった豪華メンバーと3日間にわたり開催する。
ベテラン達による白熱の演奏を間近で堪能して。

IMG_0615 (編集済み)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ