BEATLES その個人的追憶

忘れもしない小学校3年生のときだ。
音楽の授業。
いつもはクラシックのレコードを聴くだけの退屈な時間だったが、
皆である曲を演奏しようということになった。
あまり興味が無かったけれど、
まぁ、いつもよりは面白そうだなという程度で、僕は先生の話を聞いていた。
今ではどういう経緯で曲が決まったのかの記憶はまったく無い。
後日、クラスの女の子が演奏する曲のシングル盤を授業に持ってきた。
それが「Yesterday/THE BEATLES」だった。
確か僕はオルガンを弾いたと思う。
授業の内容や練習の事はまったく思い出す事ができないが、
最終的な演奏をクラス全員でしている風景は、今でも生々しく覚えている。

当時、僕のクラスにはイギリス帰りの転校生がいた。
そいつは席が僕の隣だった。
僕も転校生だったので、すぐに仲良くなった。
日本名があるくせに向こうではテディという名で呼ばれていてサッカーが得意。
もちろん英語もそれなりにできるという、
当時の僕からすれば「すげぇなぁ」という存在だった。

何故、こんな話をするかというと、
めちゃくちゃな楽器編成で演奏した「Yesterday」は、
何とヴォーカル入りだったのだ。そう、歌ったのはテディである。
これが僕とビートルズの、初めての出会いである。

忘れもしない中学校2年生の時だ。
僕は始めて友達とバンドを組む。
今ではどういう経緯でそうなったのかの記憶はまったく無い。
ビートルズをやろうという事になったのだ。
初めて組んだバンドは、ビートルズのコピー・バンドだったのだ。

僕はジョン・レノンのパートを担当し、もちろんヴォーカルもとった。
「Ticket To Ride」「She Loves You」等、初期の曲をいくつかコピーした。
ジョンとポールをきどって、1本のマイクでハモったりしたものだ。
しばらくして「Let It Be」という曲をレパートリーに入れようという事になったのだが、
これには問題があった。この曲はピアノが必要なのである。
バンドには弾けるヤツはいない。さあ困った。
でも、僕は目をつけているヤツがいた。

それは当時好きだった女の子…。Mさんだ。
ピアノが弾けるという情報を手に入れていた僕は、
「とにかくこの曲だけ弾いてくれないか」と頼み込み、何とか了解を取ったのだ。
素晴らしい。この時の僕はバンドも「Let It Be」もどうでも良かった。
そいつと一緒にいたかっただけである。何て素晴らしい考えなんだろう。
ロックは「Sex&Drugs&Rock'n'Roll」なのである。不純な動機でいいのだ。
しかし神様はそんな僕をしっかりと見ていたらしい。
一緒に演奏する機会は、何故か遂に一度も訪れなかった。
うーん、素晴らしい…。

忘れもしない、やはり中学2年生の時だ。
今ではどういう経緯でそれを観たのかの記憶はまったく無い。
きっとたまたまだったのだろう。
当時のTVドラマに「七人の刑事」というのがあり、
ある回にジュリーこと沢田研二が出演していた。
ジュリーがそこで演じていたのは孤独なタクシー・ドライバー。
彼は街を流しながら聴く深夜放送の女性DJのファンだった。
その番組のテーマ・ソングはビートルズの「Let It Be」。
しかしその女性DJはある日自殺してしまう。
そんなある日、タクシーに乗ってきた客達の会話を聞いて彼は愕然とする。
その客達は、ある女性を暴行したことを自慢げに話していた。
そう、その暴行された相手が自殺した彼女だったことを知るのである。
彼女が自殺した原因を知った彼は復讐することを決意し、実行する。
そして、それがすべて終わったとき、
「これで彼女のところへ行ける…」と呟いてビルの屋上から飛び降りるのだ。
そして、そのシーンで流れるのが「Let It Be」だった。
影がある孤独な青年を演じるジュリーが素晴らしく、
最後のシーンは本当にきれいだった。

忘れもしない中学1年生の時だ。
今ではどういう経緯でその仕事についたのかの記憶はまったく無い。
僕は広報委員会という仕事をしていた。
登下校の校内放送やお昼の校内放送、
学校からのお知らせや連絡事項を放送する仕事だった。
委員長は2年生でSさんという女性。この先輩が格好よかった。
ひとつしか年齢が違わないのに、ずいぶん大人びて見えた。
Sさんは綺麗だったし可愛かったのだ。
当然のように、いつしか僕はSさんに対して憧れから恋心を抱くようになってしまっていた。

この委員会はお昼の時間が素晴らしい。
Sさんと2人で校内放送の当番を良くやったのだ。
完璧な防音設備が整った放送室である。そんなに広くは無いし、密室である。
そこにSさんと給食を持ち込み、一緒に校内放送をするのである。
校内放送といっても、
時間中適当なクラシックやイージー・リスニングのレコードを流しているだけで、
あとは2人きりで楽しく話しながら昼食だ。いつもドキドキしていた。
絶対に僕達は恋に落ちると思っていた。シチュエーションは完璧であった。
先輩との恋である。素晴らしい中学時代が過ごせると思っていた。
しかし、そんな事は夢だとわかるのも早かった…。

お昼休みの放送室には、いつも音楽好きなSさんの同級生が何人か遊びに来ていた。
家から皆それぞれレコードを持ってきて、それをかけていたのだ。
そんな中のひとりが良く持ってきたのがビートルズの「Let It Be」のLPレコードであった。
それもイギリス盤。そのきれいなジャケットは今でも鮮明に覚えている。
そのうち僕とSさんは、お昼の校内放送でも「Let It Be」をたまにかけるようになった。

忘れもしない中学…えーと、忘れているが、確かに中学生の時だ。
TBSかフジテレビだったと思うが、
夜中に映画をCM無しのノーカットで流すという番組があった。
そこでビートルズの映画も放送されることになったのである。それは「Let It Be」。
ビートルズの映画は他にもあるのだが、とにかく「Let It Be」が放送されることになったのだ。
今となっては、グループ内が最悪の状態だった時期を映し出したドキュメンタリーだと知っているが、
当時の僕はそんな知識も無かったから、単純に楽しんで観た記憶がある。
でも、全体的にダークな雰囲気なのはそんな僕にもわかった。
特にポール・マッカートニーが切々と歌う「Let It Be」のシーンが特に印象的だった。
この番組を録画したビデオ・テープがあったのだが、今ではどこかに行ってしまった。
それがどこかはわからない。

初めて知ったビートルズの曲は「Yesterday」だった。
初めて買ったビートルズのレコードは「All My Loving」のシングル盤だった。
初めて買ったLPは「Help!」だった。
初めて動くビートルズを観たのは、当時「20世紀最後の再放送」として放送された来日公演。
初めて組んだバンドはビートルズのコピー・バンドで、初めて演奏した曲は「Ticket To Ride」。
初めて…。

あれからかなり遠くまで来てしまった気がしていた2002年の秋の東京ドーム。
僕の目の前でポール・マッカートニーがバイオリン・ベースを手にして「All My Loving」を歌った。
いつもは突然歌い出す「Let It Be」を、ちゃんとピアノのイントロつきで歌ってくれた。

音楽にはマジックが絶対にあると僕は思っている。
そして、僕はこのときの東京ドームで初めてそれを体験した気がする。
既にジョン・レノンとジョージ・ハリスンはもうこの世にはいない。
しかし、ジョンとジョージのギターが確かに聴こえた…と思う。
東京ドームに彼らの声も確かに聴こえたのだ…。

僕には、今まで生きてきたその時代や時期に対してのサウンド・トラック盤が決まっている。
幼稚園から小学校低学年時代はドリフターズ。小学校時代後半はベイ・シティ・ローラーズ。
中学時代はビートルズ。高校時代はRCサクセション。
大学時代はブルース・スプリングスティーンといった具合だ。
それぞれのメイン・テーマ曲も決定されているのだが、中学時代のそれはもうおわかりだろう。
「Let It Be」ということになる。

ビートルズがすべてではないが、ジョン・レノンやポール・マッカートニーに出会っていなければ、
僕はもう少し違う人生を歩んでいたかもしれない。
100万人のビートルズ・ファンがいたとしたら、
それぞれにビートルズを通して自分を語らせてしまう存在。
個人的なベスト・アルバムを100万通り作らせてしまう存在。それがビートルズだ。

例えばモーツァルトと同時代を生きられた人達が幸せだったかどうかはわからない。
しかし、ジョンとポールと同時代を生きられた人達、僕達は絶対に幸せだと思う。
これは間違いないだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ