祝!サムズアップの百花繚乱20年 SoulMates(仲井戸麗市+梅津和時+早川岳晴) 横浜THUMBS UP 2018.5.4

GW中の5月でサムズアップと言えば、2009年5月1日を忘れられない。

あの日の僕らは浮かれていた。
もちろんGW…連休だということもあったが、
何よりも仲井戸麗市と早川岳晴による素晴らしいライヴを観たことによるそれだ。
ライヴ終了後、各々が笑顔で感想や連休の予定なんかを話していたはずだ。
僕もそうだった。
すぐに出口には向かわずに客席に残り、
しばらくは余韻を楽しみながら、友達と話をしていた。
楽屋での出来事などはまったく知らずに、呑気なものだった…と、
以前ここに書いたことと同じように始めてみたが、
もはやこうしたことをこの場に持参したとしても、経過した時間は短くはない。
9年前とは受け止め方は変わった。
それはチャボも同じだろう。
ずいぶん自然に…しかも笑顔で清志郎を語れるようになったと思う。

     **********

今年の3月にPIT INN行なわれた " 新宿の男 " というテーマのライヴ
その時のメニューをサムズアップ20周年のお祝い用にスライドさせた構成。
それでもこの夜だけの曲もあったし、直前のARABAKIを含めて今回でライヴは3回目。
時事ネタで笑わせるなどチャボらしいMCも連発。
終始リラックスした雰囲気でライヴは進行していた。

PIT INNでも感じたが、自分自身が慣れているチャボと早川さんの音に、
梅津さんが加わるだけで鮮やかな色が着く。
曲はチャボのソロ、RC、カヴァーの定番で固められていて安定の演奏。
イントロやMCだけで何の曲か理解できるというのもいいけれど、
せっかくこのトリオでの音なので、意外な選曲も聴いてみたい。
特にRCナンバーは、梅津さんがいるのだからなおさらだ。

そんな中、横浜ということでゴールデン・カップスの「愛する君に」をカヴァー。
「長い髪の少女」のほうがウケはよかったと思うんだけどなぁ。
そうそう、さわりだけの「よこはまたそがれ」もあったんだけど、
これこそフルで本気のSou lMatesヴァージョンで聴きたかった。
演歌でもいいじゃん。歌詞にブルースも出てくるしさ(笑)。

     **********

演奏云々よりも、チャボのMCに気になることが少なくなかったのも、
僕としてはこの夜から感じたことだ。

すべてはうまくいく

このフレーズへの逡巡。
しかもRCサクセション「すべてはALRIGHT」までをも引き合いに出し、
チャボはこんな風に話していた。
 
  清志郎は「すべてはALRIGHT」はあり得ないってわかって歌ったんだと思う
  だってRCがいちばんたいへんな時期の曲だよ

たいへんな時期にしてしまった要因に自分もあるという事も匂わせ、
" 今だからわかる " という言い方をしていた。

" 歌では大きなことを言えるけど(自分が作った)歌(の内容)ほど(自分は)生きてるのか "

こんなニュアンスのMCもあった。
本心なのだろう。
でも、その歌を聴いてきた僕がどれだけ生きる糧にしてきたか。
どれだけ素晴らしい歌を受け取ってきたかをチャボに知らせたい。

     **********

いいライヴだった。
しかし、まだまだ内容がチャボのソロ的になっていることは否めない。
梅津和時と仲井戸麗市の共作である「祈り」が演奏されなかったり、
梅津さんと早川さんの色が濃い楽曲も無かった。
この辺のバランスが整理された三人でしか出せない音と曲をもっと聴いてみたい。
Soul Matesとしての活動からは、僕はそれを望みたい。

180504a-300x300.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

横浜ThumbsUp 初めてでした。

こんばんは。
久しぶりにコメントさせていただきます。

そうか。横浜ThumbsUpってそういうところだったんですね。
blueさんのブログを拝見させていただくようになったのがその6月からで、遡ってまでも読みましたが5月1日はまともに見れてなかったかもしれないです。 

青山ロックンロールショーもテレビのニュースなどで観ていただけでした。あの遺影に違和感があったのだけど、つい最近シャブちゃんの思い出の写真と知り初めて納得できました。

本当にあの頃の日々にblueさんのブログを見つけてなければ多分もう昔のライブもあまり思い出す事がなかったかもしれませんし、blueさんがあの時期でさえ楽しめるような話題をもブログにしてくれたことで、気分的に高まりライブに行き始めることが出来、今こうしてライブを観に行くことが沢山ではないけど続けることが出来ていると思っています。 blueさん、とても感謝です。


この夜はまた明るく楽しいチャボがいて良かったと思いつつ。このSoulMatesもTwitterなどのレポを見たりして是非観たり聴いたりしたかったのでチケットとれて良かった。初めてのライブハウスで新鮮な気持ちと演奏とステージの近さに感動でした。

「長い髪の少女」より私は「愛する君に」の方が好きです 笑
これは良かった❤ですチャボ 観れて聴けて良かった。


清志郎のヘビーな時期については片岡たまきさんの著書を思い出すな…。

「雨あがりの夜空に」は久しぶりに聴いた気がしましたが、blueさんの仰る“意外な選曲”は賛成…。DANGERからでもいいのではないかしらん。「ポップアップ」好きなんですよね。チャボが歌う「あの娘とショッピング」なんてどうでしょ。



もう9年が経つんですね。

長文すみません。いつもありがとうございます。

Re: tamaさん

> そうか。横浜ThumbsUpってそういうところだったんですね。

はい。
あの日の会場の空気をハッキリと思い出せます。絶対に忘れられませんね。
いいライヴだったからなおさらです。

> 本当にあの頃の日々にblueさんのブログを見つけてなければ多分もう昔のライブもあまり思い出す事がなかったかもしれませんし、blueさんがあの時期でさえ楽しめるような話題をもブログにしてくれたことで、気分的に高まりライブに行き始めることが出来、今こうしてライブを観に行くことが沢山ではないけど続けることが出来ていると思っています。 blueさん、とても感謝です。

あの頃は正気では無かったと思いますし、
たまに当時のブログ記事を読み返したりしても、やはり普通じゃなかったなと感じます。
でも、tamaさんのような方がひとりでもいることは本当に嬉しいです。

> 「長い髪の少女」より私は「愛する君に」の方が好きです 笑
> これは良かった❤ですチャボ 観れて聴けて良かった。

昔のライヴでチャボが「長い髪の少女」をさわりだけやったことがあるんですよ。
もしかしたらフルでも弾き語りで1回くらいやったかも。
そんなこともあって、せっかくの機会、やってほしかったな。
♪ どうぞ~

> blueさんの仰る“意外な選曲”は賛成…。DANGERからでもいいのではないかしらん。
> 「ポップアップ」好きなんですよね。チャボが歌う「あの娘とショッピング」なんてどうでしょ。

DANGERはいいですね!
「あの娘とショッピング」、チャボはMANDALAでやったことありますよ。
可能性あるかも。

またコメントくださいね ♪
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ