ARABAKI ROCK FEST.18 村越 HARRY 弘明 with THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND 2018.4.29

♪ 踊ろよベイビー

中村達也の口から発せられたこのフレーズを藤井謙二が引き継ぐと、
ステージ袖からHARRYが登場し、テレキャスターを背負う。
そのままセンター・マイクで声を重ねた時点で凄い音が鳴っていた。
そして「Tokyo Junk」。

HARRYが率いるストリート・スライダーズ35周年バンドのARABAKIは、
こうして始まった。

IMG_0159 (編集済み)

◆THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND
Gt.&Vo. 村越"HARRY"弘明
Gt. 藤井謙二
Key. 高野勲
Ba. ウエノコウジ
Dr. 中村達也
Sax. 田中邦和
Tp. タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS )

◆SET LIST
Toa-Lit-Tone(踊ろよベイビー)
Tokyo Junk
So Heavy
のら犬にさえなれない
風が強い日
Special Women
Back To Back
Boys Jump The Midnight

組まれたのはスライダーズのベスト・アルバムのようなリストだ。
これをプレイするのが30周年を冠にしたこのメンバー。
あんなビンビンぶんぶんベースがうなる「Special Women」は初めてだし、
「Back To Back」のイントロは、フジケンに達也が切り込むので、
スライダーズの音ではないスライダーズである。
しかし、そんな音をバックにHARRYが放つのは僕が聴きなれた歌だ。
この新鮮かつ見事なコントラストの効果は抜群で、本当に素晴らしかった。

そうはいっても個人の思い入れを述べさせてもらえるならば、
たとえば達也のタイコが実にいい音で鳴っていたので、
野外という事もあって日比谷野音のZUZUを思い浮かべたりしたし、
さらにフジケンが手にするのはホワイトのSGだったりするからさ。
こうしたことから僕だけに聴こえてくる音も実際にあるわけで…。

まぁ、とにかく最高のロックン・ロールだったことは確かだ。

ただでさえ身体が揺れるスライダーズのロックン・ロールを、
ARABAKIではココロも躍らせてくれるものとしてHARRYは演ってくれた。

すかさず東北の空へぶちこまれた不滅のブギー。
最高の40分だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ