ARABAKI ROCK FEST.18 2018.4.28~4.29

仙台から会場行きのシャトルバスが出発すると、いきなり車内に音楽が流れた。
なるほど、出演者の曲を流すのだなとすぐに理解できた。
この試みは大賛成だ。
気分が盛りあがるからだ。
しかし、例えば誰の何の曲かというアナウンスは欲しい。
それが出演者自身のコメントであれば、なおよい。
次回以降は期待したい。

IMG_0133.jpg

今年は2日間とも好天に恵まれた。
こうなると、その環境を含めてARABAKIは無敵である。
場所によりステージ間の移動に苦労するルートに悩まされていたけれど、
少しは改善されていたように感じた。移動にストレスを感じることはほぼ無かった。

     **********

RESPECT FOR 清志郎であがた森魚というのを意外に思う人もいるかもしれない。
あがたさんは80年代前半に、ヴァージンVSのA児としてRCと同じ事務所に所属。
色々な場所で共演したなぁとMCしていたが、そのうち僕は日比谷野音で観ている。
そのシーンを思い出しながら、RCもVSもカヴァーした「サン・トワ・マミー」を聴いた。

沁みたのは早川義夫の「サルビアの花」。
名曲は歌われる場所を選ばないということを再認識。

IMG_0135 (編集済み)

昼間の野外ステージに響くSIONの声と藤井一彦のギター。
青空と緑の木々にとけていく「俺の声」と「マイナスを脱ぎ捨てる」。
感動的すぎる。

     **********

昨年も強烈に感じさせられたことだが、メジャーなヒット曲のパワーというか、
誰もが共有できる曲のそれをまたしても見せつけられた。
ギターも曲も青空に映える布袋寅泰。
「スリル」「POISON」から続いた「BE MY BABY」には高揚した。
フェスならではの魅力。

IMG_0141 (編集済み)

映画の名曲をロックでカヴァーする好企画。
数々の定番曲の中で「セルナンバー8」をぶちかます陣内孝則。
『爆裂都市』は名画であるという宣言は痛快。

     **********

ロックは、そしてギタリストはかっこよくなければいけない。
古市コータロー、藤井一彦、布袋寅泰、花田裕之の四人がそう教えてくれた。

     **********

何も知らずに観ていたステージに好きな人が現れたら…。
飛び入りの魅力を体験しなくなって久しいが、ここではそれすらも出会う確率が高い。
仲井戸麗市を拉致してくれたTOSHI-LOWに感謝。

IMG_0153 (編集済み)

出演者の中で間違いなく平均年齢は最高な三人は、
いちばんシンプルで聴きやすく、誰にでも伝わる音を放っていた。
その音自体がメッセージだ。
仲井戸麗市+梅津和時+早川岳晴、Soul Mates。

IMG_0154.jpg

ひとたび目の前で鳴らされれば、一瞬のうちに僕の身体とココロまでも躍らせてくれる。
スライダーズ・ロックン・ロールの不滅。

     **********

答えはあの山のあいだに出ている。
まだ青いアラバキの夕空に浮かぶ丸いお月様の下で聴く「満月の夕」。

IMG_0163.jpg

いつだって音楽は巡り、廻っていく。
リスペクトしている側がリスペクトされる側になる。
それを実際に目の当たりにするという感動的な場所。

喜怒哀楽で表される以外にも人には感情はあると思う。
ステージ上でそれを出せた宮本浩次とエレファントカシマシは幸せだろう。

IMG_0162.jpg

ARABAKIに行くようになって感じているのは、
ここでは演奏や選曲以外の音楽体験…それは心の音楽体験と言ってもいい…ができること。
持っていく想いに対して必ず何らかの答えがでる。
自分の何が変わりどこが変わっていないのかもわかる。
何よりも音楽が僕にとっての何なのかを確かめられる。

ARABAKI、ありがとう。
また来年。

     **********

4/28(土)
・神野美伽 with 古市コータロー + クハラカズユキ feat .山本健太(Piano) 青木ケイタ(Sax)
・あがた森魚
・SION & The Cat Scratch Combo
・布袋寅泰
・BIG BEAT CARNIVAL ~Soundtrack Cinema Show~

4/29(日)
・TOSHI-LOW
・iki orchestra
・Soul Mates(仲井戸麗市+梅津和時+早川岳晴)
・村越“HARRY”弘明 with THE STREET SLIDERS 35th ANNIVERSARY BAND
・BRAHMAN
・エレファントカシマシ THE FIGHTING MAN -30 years of Fight-
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ