2018春 梅津和時・プチ大仕事 新宿の男 新宿ピットイン 2018.3.5

仲井戸麗市と早川岳晴に梅津和時。
この3人が出す音は、僕にとってはこれまでに聴きなれた音でもあるはずだ。
実際にこの日もそんな音が目の前で鳴らされていた。
しかし…。

曲のリフやテーマが、チャボのギターと梅津さんの管楽器でユニゾンで奏でられる。
たったこれだけのことなのだが、その音は分厚く、広がりがあった。
立体的な音像。
僕の耳に届いただけでなく、音が見えた気がした。
凄い音がそこにあった。

おそらくギターとギター、キーボードとギターでも似たような効果はあるだろう。
では、僕が感じた音は管楽器とギターという組み合わせならではのことなのか。
いやいや、それでもないだろう。

これはボトムを支える早川岳晴のベースに乗った、
2018年の仲井戸麗市と梅津和時だからこその音だ。
3人が出会ってから今日までの長い時間だけの体験と、
それに相応しい経験…いわゆる年月の収穫が加わった今の音だ。
だから僕が知るあの音なのに、初めて聴く " あの音 " なのは当たり前である。
3人のあいだに各々の、そして僕自身の物語が見えた。
何よりそれが素晴らしいと思った。

2018puchi.png

ライヴのタイトルが " 新宿の男 " 。
さらに梅津さんによるこの日のキャッチコピーがこれ。

 『チャボを古里、新宿に呼び戻す。正真正銘、新宿の男。』

もうこれは " 梅津和時・プチ大仕事 " の冠をさしおいて、
堂々と仲井戸麗市のライヴと言っていいし、実際にそんなライヴだった。

何たってオープニングが「ホームタウン」である。
ソロ・ライヴで何度も披露されているが、新宿で聴くこの曲は格別。
演奏された曲自体、新宿にまつわるものはほとんどなかったにも関わらず、
強烈な新宿感が発射されていたのは、やはりチャボ自身のモードによるものだろう。
たとえ無意識であっても、自然と醸し出されるものがこの街にはあるのだろう。
そのためか、披露された「新宿の男」という新曲が光っていた。
チャボお得意のC調的にササッと作られた感がある曲だが、
実はこうした曲に名曲と呼びたいものが少なくないというのがチャボの魅力でもある。
久しぶりにそんな曲を聴くことができて嬉しかった。
単に新宿と連呼する曲(笑)だが、それを新宿PIT INNでチャボが歌うわけで、
独特の深みや特別な味わいを感じてしまった。

演ってくれるだろうと思っていたRCサクセションは「君が僕を知ってる」。
「ボスしけてるぜ」「多摩蘭坂」「いい事ばかりはありゃしない」「雨あがりの夜空に」。
チャボが今夜のハイライトと言っていた「多摩蘭坂」は、
梅津さんが歌うヴァージョン、しかもRCのオリジナルに沿ったアレンジだったので、
チャボのギターからあのフレーズを聴けて感動的だった。

「雨あがりの夜空に」は間奏を引っ張り、梅津さんと早川さんのソロも回す。

" RC始まって以来のベースソロ付き "
" すいませんリンコワッショ "

こうチャボが言ったのが楽しかったが、
チャボの口からRCのメンバーの名前が出ると、
僕なんかは喜びと共に独特な切なさを感じてしまう。

チャボは余裕があり遊びながらも、気が散っていないのも良かった。
MC中のお客さんとのやり取りを引きずってプレイ中にも気を取られ、
演奏に集中できないという場面を何度も見てきたが、この日はそれが無かった。
それはやはり梅津さんと早川さんとのライヴだからだろう。
ライヴに必要な大事なものを委ねられる安心感があったのだろう。
決まった演奏フォーマットの中で自由にプレイするときに出るチャボの良さ。
それがあった。

ジェファーソン・エアプレーンに飛び乗って、着陸したのは太陽のあたる場所。
いいライヴだった。

今年このトリオはSOUL MATESとして活動するらしい。
期待したい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ