夜会 工場 VOL.2 中島みゆき Bunkamura オーチャードホール 2018.1.30

簡単に言えばこれまで行われた夜会のダイジェストである。
ファンは実際に観たシーン、観たかったシーンの両方を線でなく点で体験できる。
当然、特定のテーマのもとで行なわれないので、まとまりには欠ける。
しかし、目の前で披露されるのは夜会の代表的な場面である。
それらをチョイスして構成されるコンサートが、見応えのないものなわけがない。

それぞれのシーンは、もちろん当時のものではない。
今の中島みゆきを通すことで、新しく生まれ変わっている。
それらがひとつになって、新しい夜会となって提示される。
タイトルにある " 工場 " とはうまく言ったものだ。
まさに夜会を作りあげる工場である。

IMG_9410.jpg

全体を通して線で追う必要がないので、ストーリーに沿っての楽曲ではなく、
単に曲そのものを堪能できるのがいい。
夜会の曲ではあるが、そこを離れて響くそれらの表情はまた違ったものである。
後に作品として発表され、アルバムの中の曲として聴くのも味わいがあって好きであるが、
こうしたステージで触れるのも、やはりいいものである。
楽曲の持つ魅力をあらためて感じさせてくれるのも、夜会工場ならではだろう。

VOL.1では「さよならの鐘」と「泣かないでアマテラス」に心ふるわされた。
今回のVOL.2でも、やはり同様に心うごかされた曲があった。
第2幕の第6場。
今回の実質的なクライマックスに歌われたこともあったのか、
あらためて心に沁み入るメロディであると認識。
恥ずかしながら、その場では号泣に近かった。
しかし、最高に心地よい体験であったのも事実である。

VOL.1の反省点を活かしたというわかりやすくなった構成も見事。
いつの夜会のシーンがステージで披露されているのかを把握できるということだけで、
こんなにも集中して入り込めるとは思わなかった。
お客さん目線で考えられたこの仕掛けは素晴らしいと思う。

夜会工場は、夜会の凄さをあらためて考える機会になっているのは間違いない。
しかし、まずは何よりも彼女の音楽である。
数々の名曲たちは、実にカッコよく、瑞々しく、澄んでいて美しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ