夜会 工場 VOL.2 中島みゆき Bunkamura オーチャードホール 2018.1.30

簡単に言えばこれまで行われた夜会のダイジェストである。
ファンは実際に観たシーン、観たかったシーンの両方を線でなく点で体験できる。
当然、特定のテーマのもとで行なわれないので、まとまりには欠ける。
しかし、目の前で披露されるのは夜会の代表的な場面である。
それらをチョイスして構成されるコンサートが、見応えのないものなわけがない。

それぞれのシーンは、もちろん当時のものではない。
今の中島みゆきを通すことで、新しく生まれ変わっている。
それらがひとつになって、新しい夜会となって提示される。
タイトルにある " 工場 " とはうまく言ったものだ。
まさに夜会を作りあげる工場である。

IMG_9410.jpg

全体を通して線で追う必要がないので、ストーリーに沿っての楽曲ではなく、
単に曲そのものを堪能できるのがいい。
夜会の曲ではあるが、そこを離れて響くそれらの表情はまた違ったものである。
後に作品として発表され、アルバムの中の曲として聴くのも味わいがあって好きであるが、
こうしたステージで触れるのも、やはりいいものである。
楽曲の持つ魅力をあらためて感じさせてくれるのも、夜会工場ならではだろう。

VOL.1では「さよならの鐘」と「泣かないでアマテラス」に心ふるわされた。
今回のVOL.2でも、やはり同様に心うごかされた曲があった。
第2幕の第6場。
今回の実質的なクライマックスに歌われたこともあったのか、
あらためて心に沁み入るメロディであると認識。
恥ずかしながら、その場では号泣に近かった。
しかし、最高に心地よい体験であったのも事実である。

VOL.1の反省点を活かしたというわかりやすくなった構成も見事。
いつの夜会のシーンがステージで披露されているのかを把握できるということだけで、
こんなにも集中して入り込めるとは思わなかった。
お客さん目線で考えられたこの仕掛けは素晴らしいと思う。

夜会工場は、夜会の凄さをあらためて考える機会になっているのは間違いない。
しかし、まずは何よりも彼女の音楽である。
数々の名曲たちは、実にカッコよく、瑞々しく、澄んでいて美しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ