HOBO KING SESSION Vol.14 - 戌(いぬ)- 晴れたら空に豆まいて 2018.1.7

晴れ豆のインフォから。

セッションのテーマは、来年の干支の「戌(いぬ)」です。
戌にちなんだどんなナンバーが飛び出すか、乞うご期待。
恒例の?楽しいセッションに、新年会ということでご参加ください。

IMG_9303.jpg

「酉(とり)」をテーマにした昨年のセッションを体験していたので、
どんなものになるのかは大枠で想像できていたのだが、
やはりというか、またしてもマニアックな選曲で楽しませてくれた。

佐橋佳幸が選曲したのは「Hound Dog」。
本人は “ みんながマニアックなのでベタで “ と言っていたが、
誰もが知るエルヴィス・プレスリーのヴァージョンではなく、
オリジナル(ビッグ・ママ・ソーントン?)で演るのである。
一筋縄ではいかない。

他のメンバーはというと、
山本拓夫はディズニーの101匹わんちゃんから「Cruella de Vil」。
KyOnはトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ「Dog War」。
シータカはジェスロ・タル「Dogs In The Midwinter」。
マニアックすぎる(笑)。

しかも、曲と曲のあいだにジングルでいちいち挟まれるのが、
レッド・ツェッペリン「Black Dog」のリフ。
楽しすぎる(笑)。

そんな中、井上富雄の選曲によるハルヲフォンのカヴァーを下敷きにした、
フォーリーブス「ブルドッグ」は楽しかった。
昭和歌謡の魅力に溢れた曲の良さはもちろん、
あのメロディをこのメンツでシンプルなバンド・サウンドで演るのだからかっこいい。
こういった昭和歌謡HOBO KING的解釈セッションをたっぷりと聴いてみたいものだなぁ。

さて、テーマとは離れていたが、途中で小坂忠が飛び入りしたのには驚いた。
昨年の闘病を知っていただけに、こちらも構えてしまったが、
その力強い歌声と声量にはびっくり!
忠さんはエルヴィス・ヴァージョンで「Hound Dog」を決める。
実にかっこよく、感動的なシーンだった。

新年に行われるこのライヴは恒例になるのだろうか?
干支がテーマなら、少なくともあと10回はあるわけだ。
来年は亥。
いのししの曲ってあるかな?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ