あなたへ / 浜田真理子 -2002-

『夜も昼も』に続き、2002年に発表された2ndアルバム『あなたへ』を手に入れた。

レコーディングはコンサート・ホールを借り切っての一発録音らしい。
所謂ライヴ・レコーディングだ。
しかもピアノ一本の弾き語りなのである。
彼女の弾くピアノと、声のみ。
それなのにこの表現力はいったい何なのだ。

ところで、タイトル曲が『ヴァイブレータ』という映画に使用されているらしいが、
僕は映画を観ていないので詳しいことは知らない。
ただ、そういったこともあり、「あなたへ」は彼女の代表曲でもあるようだ。
アルバムのラスト・ナンバーでもある。

   だれでもない あなたが そのまま好きです

ジョン・レノンのイマジンを思い起こさせるピアノでこう歌われるこの曲は、
忌野清志郎の「君が僕を知ってる」にも通じるような普遍的なラヴ・ソングだ。

この他に印象的な曲をいくつか挙げてみる。

   涙の代わりに こころで血を流す  
   朝が来て 夜が来て かなしい笑顔の似合うひとになる

こういった歌詞が、
これ以上無いやさしいメロディと澄み切ったヴォーカルで歌われる「Fruitless love」。
愛しい人に会いたい、見たい、月よおまえはわかるかこの想いを…と切なく綴られる「月に聞く」。
あなたにあげるつもりじゃなかった私のこころを返せ…と歌う「あしくび」などが耳に残った。
もちろん他の曲もすべて素晴らしい。

さて、このアルバムにはもう一曲、彼女の代表曲と言われている曲が収録されている。
こちらはアルバムの冒頭を飾っている。
タイトルは「純愛」。

   そんな 中途半端な愛なら どうぞ 持っておかえりください

凄い曲である。
そして、とても綺麗な曲でもある。
二人だけこの世に残して人が死に絶えてしまっても、それでもあなたは私を選ばない…
と歌った曲に「この世に二人だけ」というタイトルを付けた中島みゆき。
「純愛」を聴いたら、何故だかこのことを思い出してしまった。

まだ、彼女の音楽が僕にとってどういうものなのかが良くわからないのだが、
浜田真理子の音楽は、僕の身体に必要な栄養素みたいなものかもしれない。
こんな表現をすると何だか軽く思われてしまいそうだけれど、
ここ数日、休むことなくこの二枚を聴き続けているうちに、本当にそう思えてきた。
そして音楽を聴いているということだけでなく、その時間は何かに包まれているような…
あぁ、また陳腐な表現をしてしまったが(笑)、やはり本気でそう思う。
ただ、この心地良さを表せる言葉を僕は今持っていないけれど。

※4/25追記
彼女のオフィシャルブログ『本日のハマダマリコ的こころⅡ』
今では毎日チェックしているが、過去のエントリーもすべて読んでみた。
感動的な記事もあったりして、一冊の小説を読み終えた感じだ。
そして注目!2005年10月29日のこんな記事があった!

  RCサクセションの『ラプソディーネイキッド』を聴きながら。

タイトルだけであり、RCについては一切書かれていないのだけれど、何だか嬉しくなってしまった。
RCのファンなのかな?


浜田真理子 / インディペンデントレーベル(2002/10/20)
Amazonランキング:28021位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ほ~

浜田真理子さん、そんな感じですかあ。
全然聞いたことなかったけど、きっと私も好きだろうなって気がしてきました^^
今度きいてみなくちゃ。

nobuさん

聴いてみてくださいよ。
私もこないだのイヴェントまでは、彼女のことをまったく知らなかったんですよ。
でも、今じゃ生活に欠かせない音楽になっています。

>きっと私も好きだろうなって気がしてきました^^
たぶんそう思います(笑)。

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ