伝われ、愛 -月曜のスタジオから-/中島みゆき

オールナイトニッポンでのエピソードが書かれたエッセイ。
具体的な月日は書かれず空欄なのだが、各章のアタマには「 月 日」とあるので、
一応、時系列で日記風に進んで行く形式になっている。

最初は松山千春からDJの代役をすすめられるエピソードからスタートする。

ユーミンがゲストで初出演したときの話。
松山千春とのスキャンダル(?)の話。
甲斐よしひろと初めて会ったときの話。
TV出演のヘヴィな話。
オールナトニッポンでしゃべりまくることでヴォーカルが強くなった話…。

この本を手にしたときは気軽に読めるだろうと思っていたし、
前半はそのとおりだったのだが…。

構成は大きく三部に分かれている。
それぞれ「一年目」「親展」、そして「伝われ、愛」とタイトルされているが、
書かれている内容やテーマに基本的な変化は無い。
しかし、中盤の「親展」だけは、やや構成が違っている。
「親展」。
小狼とピンクの狼というペンネームを持つ二人からの手紙が、みゆきのエッセイの間に挟まる。
単行本の帯のコピーにある「高校を断念した少年」が小狼。
そして「ナイチンゲールに憧れた少女」がピンクの狼だ。

この二人が実在の人物なのか。そして手紙の内容も事実なのか。
それはわからないし、もちろん書かれてもいない。
ファンの間では、既に答えは出ているのかな…?

いきなりヘヴィな展開を見せる。
実際のオールナイトニッポンのように気楽に楽しく読み進めることはできない。
ただし、単なる重くて暗い話でも無い。

何も凝ったことをしているわけでは無いし、単に手紙と日記が交互に出てくるだけだ。
ここは実際に読んでもらわないと感じてもらえないと思うし、
読む人によって、それは違った印象になるだろう。
要するに、読む側がその間や周りや内側や外側を埋めていくのだ。

感動してしまった。



中島 みゆき / 新潮社(1984/01)
Amazonランキング:779394位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

12月5日に中島みゆきさんのオールナイトニッポン放送するって聞きましたか?

ご存知だからこの記事書かれたのかな?

わたしはみゆきさんのオールナイトは数回しか聴いた事ないんですよ。

あのガハハに付いてゆけず(笑)
イヤではなかったんですけれど。

でも今回はなんとか聴きたいと思ってます。
うちでラジオ聴けるかそれが心配。

Rainbowさん

>12月5日に中島みゆきさんのオールナイトニッポン放送するって聞きましたか?
知りませんでした。特番ですか?楽しみですね。
私はFMのDJのみゆきよりもANNのほうが好きでした。
独特なみゆき訛り?も、高校の時に良く真似していました。
例えば「あのね」と言う時に、「あ」にアクセントが付くんですよねー(笑)。

ちなみにRainbowさん、この本の小狼とピンクの狼の話、詳しく知りませんか?

のね、
ANNほとんどね、きいてなかったんだわ。
だから、知らないんだわ。

もちろん、口真似はしてたんだわね。


あ~、よく、どこの出身?北海道って訊かれたの・・・
別に普通に話してるときに。

東京生まれ東京育ちなんですけれどね(笑)

Rainbowさん

おー、本当のみゆきがしゃべっているよーだー!
早速のお返事ありがとうございます 。
そうそう、新譜の発売もうすぐですね。楽しみ v-218

ああ

オールナイト、中学~高校生まで、聞いてましたよー。
2時間テープに録音するんだけど、中学のころはまだオートリバース機能とかもなくて、2時までは眠くてもおきていて、テープをひっくり返したら、ひと安心。^^

ああ、なつかしい。この本。
持ってたはずだけど・・実家においてきちゃったかな。
小狼とピンクの狼の話。
うん、覚えてます。
衝撃とあったかい気持ちと・・。

今度実家にいったら探してみよう。

nobuさん

お待ちしておりました v-290
やはりみゆき関連のレギュラー・コメンテーターのnobuさんが来ないと(笑)。

そういえばANN、私は一度も録音をしたことがないかも…。
テープが残っていてもいいよーなもんですが、一本もありませんね。

>小狼とピンクの狼の話。うん、覚えてます。
これ、実話なんですか?

お待たせでした

レギュラー・コメンテーターです^^

うーん、当時は実話だと思っていたのですが、どうなんでしょうねえ。
手紙を本にそのまま載せることはないような気がしますし。

nobuさん

そうですね、フィクションでもノン・フィクションでも、どちらでもいいですね。
とにかく『親展』の部分は、その構成が素敵でした。
エッセイでも小説でも無い何かを読んでいるような感じ…。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ