HOLY MOTHER/ERIC CLAPTON from『AUGUST』 -1986-

2003年11月3日、東京はSHIBUYA-AXでの仲井戸麗市のライヴ。
そこで歌われた曲のひとつに、
「I think R・MANUEL(リチャード・マニュエルに捧ぐ)」というのがあった。
リチャード・マニュエルは、
70年代アメリカン・ロックの最高峰であるTHE BANDというグループのメンバー。
チャボはツアー中にTHE BANDを良く聴いていたらしく、
そんなこともあってこのオリジナルを作ったそうだ。

86年、リチャード・マニュエルはフロリダのモーテルで首を吊って亡くなっている。

チャボが歌うその曲は感動的に胸に響き、僕はつい涙してしまった。
ライヴを通しても印象に残る曲だった。
そして、この話はまだ続くのである。

SHIBUYA-AXから1ヶ月後の日本武道館。
エリック・クラプトンの何回目だろうかの来日公演。
THE BANDはボブ・ディランやエリック・クラプトンとも親交があり、共演も多い。
そのためだろう、86年に発表したクラプトンのアルバム「オーガスト」の中に、
リチャード・マニュエルに捧げたバラードが入っている。

「HOLY MOTHER」。
大好きな曲なのだが、なかなかライヴではお目にかかれない。
その時点では、僕は何かのブートレグでライヴ・ヴァージョンを聴いたことがあるだけであった。

しかし、2003年の武道館。
ライヴの中盤だっただろうか、突然この曲が演奏されたのである。
これは心の底から本当にびっくりした。
演奏されたこと自体に驚き感動したのだが、
つい1ヶ月前にチャボが歌って、まさかクラプトンまでが…なんて…。


  聖母よ どこにおられるのですか? 今宵は胸が張り裂けそうです
  空から星が落ちるのを見ました 聖母よ 涙が止まりません
  あなたの助けが要るのです この孤独な夜を乗り切るために
  いったいどうしたら 見失った自分を取り戻せるのでしょう
  もう待ちきれない これ以上は待てません
  もう待ちきれない あなたが待ち遠しいのです
  ついに終わりが来たようです  もはや一歩も走れません
  今宵 私はあなたの腕に抱かれましょう
  もう指が動かない 声も出ない…私は消えてゆくのみ
  聖母よ そして私はあなたのみもとで安らかに眠るのです

まさかリチャード・マニュエルの霊がふたりに歌わせたというわけでは無いだろう。
単なる偶然だったのだ。
しかし、何かの力が働いていたと僕は思うのだ。
それが何なのかはわからないし、そう思いたいだけなのかもしれない。
でも、それで良いと思っている。
音楽、ロックは素敵だなぁと感じた印象的な出来事のひとつだ。


エリック・クラプトン / ワーナーミュージック・ジャパン(2006/08/23)
Amazonランキング:7429位
Amazonおすすめ度:



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/03/27 0:37

yukoさん 私が見たAXでチャボはこの曲を歌う前に”アイ・シンク・リチャード・マニュエル、アイ・シンク・リチャード・マニュエル…”って、何度かつぶやいていました。でも、それはつぶやきというよりも、何か強い意志を持っていた言葉だったような気がします。それは、THE BANDの偉大なミュージック、そしてリチャード・マニュエルから何かを受け取ろうとしていたのかも…なんて、今になって思います。


yuko
2005/03/27 0:26

こんばんは。コメントどうもありがとうございます。この記事 ウルウルしながら読んでいました。私はその何かの力にちょっと影響を受けて、今THE BANDの音楽を聴くようになったのかもしれないです。ほんとに音楽は素敵だなと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ