甘い罠/チープ・トリック -1976-

ジャケットに書かれたコピーを見ると、当時は完全にハード・ロックとして捉えられていたのだなぁ…。
今よりもジャンルを表す言葉が無かったものなぁ。仕方が無いだろう。

さて、この時代の洋楽と言えば”邦題”だ。この”邦題”についてはまた改めて書いてみたいテーマだが、
チープ・トリックのそれは、まぁ良いほうだろう。僕は気に入っているものが多いよ。
この曲の邦題も、グループ名とそのイメージ(特にロビンだろうな)からつけられたんだろうな。

モノクロのジャケットがカッコイイこのシングルは、2ndアルバムからのカットである。
僕の記憶だと日本でのデビュー・シングルだと思う…が、確かではない。
これ以前に出ているシングルはあるのかな?
後にこの曲の「ライヴ・アット・武道館」からのライヴ・バージョンもB米シングルになるが、
個人的にはそちらのほうが好きである。スタジオ・バージョンはどうも中途半端な感じがして…。
もちろんライヴ・バージョンが出るまではそんな風には思っていなかったのだが、
ライヴでのリックのギターがあまりにも素晴らしすぎるのだ。

個人的な想いは省略。
その代わりに、ライナーに記されたメンバー紹介が当時を伝えてくれるので、それをどうぞ。

ロビン・ザンダー…甘く切ないヴォーカルとギター。これは'78年のアイドル度No.1。

トム・ピーターソン…長身のベーシスト&ヴォーカル。派手なアクションで、6弦ベースを駆使する。

リック・ニールセン…御存知、奇妙なる帽子のリード・ギタリスト&ヴォーカル。
チープ・トリック音楽面のカナメ。ステージでのアクロバット的アクションは言語に絶する。グループのリーダー。

バン・E・カルロス…葉巻のドラマー、確実なリズム。80㎝ものスティックで立ったまま叩く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ