浜田真理子 TOWN GIRL BLUE at Motion Blue YOKOHAMA 2017.6.30

あの、素晴らしかったレコ発ビルボードライブ東京公演
今回はこのときのメンバーからパーカッションを除いた構成だったので、
事前に感じていた「変わるであろう音の変化」に対しての僕の思いはあったが、
そんなものはまったくの杞憂だった。

目の前には、まるでずっと活動を続けてきているようなピアノ・トリオがいた。
アコーディオンとベースがヴォーカルを引き立てるのはもちろん、
それぞれのソロも存分に聴かせてくれる。
Motin Blue YOKOHAMAの雰囲気に似合い、演奏にも余裕すら感じさせてくれたこのバンド。
その中心にいるのが浜田真理子という事実が感動的だった。

IMG_8009.jpg

これまでのライヴではなかなかお目にかかれない真理子さんの曲前カウントや、
ベースの加瀬さんとのアイコンタクトで演奏をコントロールしていくシーンなど、
まさに今の浜田真理子でしか観ることのできないライヴだ。
そして、これこそがTown Girl Blueなのだろう、きっと。

ビルボード公演には無かった「骨董屋」や「ミシン」など代表曲も弾き語りで披露された。
トリオ編成との違いがくっきりし、ライヴの構成としてはバッチリだったが、
個人的には過去の曲はすべてTown Girl Blue編成で聴いてみたかったなぁ。
実際に「のこされし者のうた」や「純愛」などは間奏にアコーディオンのソロが入ることで、
真理子さんのヴォーカルはそのままに別の表情を見せてくれた。
決して激しい演奏ではないけれどスリリングな瞬間があり、聴きごたえ抜群だった。

アンコールでは横浜ということでご当地ソングを披露。
「ブルーライトヨコハマ」と「横浜ホンキートンクブルース」。
実は過去の横浜公演で僕はこの2曲を聴いているのだが、
今回は弾き語りではなく新作色に染められているわけで、
もちろん初めて聴くのと変わらなく触れることが出来た。
前者のヴォーカルの色っぽさと、後者でのくだけたブルースは最高!
見事に横浜の夜を締めくくった演奏だったと思う。

IMG_8007.jpg


途中で知ったが、この夜も音響を久保田麻琴さんが担当していた。
こうしたことからも、発表後の『Town Girl Blue』は、
ひとつのチームで転がされていることがわかる。
僕は運よくこの音を東京と横浜で直に体験することが出来たが、
日本全国の浜田真理子ファンにも届けられないものか。
一人でも多くの人にTown Girl Blueな浜田真理子を聴いてもらいたい。

************************************************************

オフィシャル・インフォより

浜田真理子
TOWN GIRL BLUE at Motion Blue

浜田真理子(vo,p)、檜山 学(accor)、加瀬 達(b)

数々の名曲を生み出してきたシンガー/ソングライターが
初夏の横浜から贈る心安らぐひととき

1964年生まれ、島根県松江市出身。
学生時代からバー、クラブ、ホテルのラウンジでピアノ弾語りの仕事をはじめ、
1998年に1stアルバム『mariko』をリリース。わずか500枚のプレスにも関わらず、一部のメディアで絶賛。
2002年、2ndアルバム『あなたへ』をリリース。
'04年にはドキュメンタリー番組『情熱大陸』にも出演、大きな反響を呼ぶ。
その後、大友良英プロデュースによる3rdアルバム『夜も昼も』を'06年に4thアルバム『うたかた』を'09年にリリース。
'11年には資生堂・アースケアプロジェクトCMに「LOVE YOU LONG」を書き下ろすなど、テレビやCMでも話題となる。
’13年7月、5作目となるアルバム『But Beautiful』をリリース。
今回、モーション・ブルー・ヨコハマは初登場。
情感溢れる歌声で聴衆を魅了する、浜田真理子の最新ステージが今から待ち遠しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ