PAUL McCARTNEY ONE ON ONE JAPAN TOUR 2017 東京ドーム 2017.4.27

武道館公演から一日おいての東京ドーム初日。
ドームを満たす武道館をはるかに凌ぐお客さんを見渡すだけで興奮する。

pIMG_7462.jpg

すげぇ。

東京ドームに限らず、ドーム公演はその音の悪さや、
悪い意味でのスケールの大きさで、いまだに敬遠されることも多いと思うけれど、
逆に言えばドームでしか味わえない独特の雰囲気があるし、
僕なんかは何だかんだあっても自分の席に座れば盛り上がってしまう。
ましてポール・マッカートニーだ。
僕を邪魔するものは何もない。

PIMG_7458.jpg

後から知ったが、39曲が演奏され、時間は2時間半強だったようだが、
決して長くはないながらも、個人的に感じた密度はあまりにも高かった。

ビートルズ・ナンバーの演奏時間はそれこそ2~3分台がほとんどだろう。
しかし、この日の僕は、その短い時間のあいだの心の動きが半端ではなかった。
曲が演奏されるたびに、これまでの人生の様々な場面が順不同で目まぐるしく、
それでも確実なストーリーを持って展開するのだ。
思い返せば、オープニングの “ ジャーン! “ からポールが歌いだすまでの一瞬にさえ、
起承転結の物語が存在していたようにも思う。
さらに、そこには悲しい、寂しい、暗いなどのネガティヴな場面はまったく出てこない。
もちろんそれらのシーンにはポール・マッカートニーの音楽がこびりついているわけで、
こうした状態が2時間半のあいだで39回くり返されたのだから、
そりゃぁもう幸せな夜、幸せすぎる夜だった。

PIMG_7457.jpg

それにしても、歌われる言葉が単なる歌詞以上のメッセージとして響くのは、
今の僕はビートルズの赤盤を聴いていた中学生ではないからかもしれない。

とりわけ響いたのは「Let It Be」が歌われた後。
ポールが There will be an answer、Let it be と呟いたと思うんだけれど、
そのときにステージ横のスクリーンに同時通訳の日本語が出た。

 必ず答えはある

もう、何もかもすべてを肯定してくれたように思えた。

月並みだが、音楽が好きでよかった。
ポール・マッカートニーと出逢えてよかった。
心からそう思えた夜だった。


★東京ドーム セット・リスト 2017.4.27

01. A Hard Day’s Night
02. Junior’s Farm
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Temporary Secretary
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got a Feeling
08. My Valentine
09. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude
encore
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ