サレンダー/チープ・トリック -1978-

3rdアルバム「天国の罠」、HEAVEN TONIGHTのオープニングを飾る初期の代表曲。
いや、バンドの歴史を通しても「チープ・トリックといえばサレンダー」と言えるかもしれない。
78年の来日公演では新曲として紹介(「at 武道館」で聴くことができる)されていたが、
80年代以降のステージでは、ライヴのクライマックス・ナンバーになっていった。
僕が観たライヴ、この曲ではあの5本のネックがついたギターをリックがプレイしていた。
聴くだけでなく観るのも楽しい曲である。

一言で言えばポップ。それも聴いていると自然にウキウキしてくるようなポップさだ。
ギター・ソロも無く、アレンジも”安っぽい仕掛け”さえ無い。
そのメロディだけで一気に聴かせてしまう。

とにかく僕はこの曲が大好きであった。もちろん今もだ。
聴いていると顔がにやけてくる。そういう曲なのである。

  僕が目を覚ますとママとパパがロックン・ロールして踊りまわって、
  僕のキッスのレコードを外しちゃった

と曲の後半で歌われるが、
ライヴではここでリックが客席にレコード・ジャケットを投げるのだ。
あれは本当にキッスのレコードなのだろうか?




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/05/01 2:34

私は当時の訳詞に思い入れがあるから何とも言えませんが、いったいどれがいちばんリックのイメージに近いのか…。


NOONE
2005/04/30 23:40

(http://spaces.msn.com/members/inmyplaceinyourplace/)
サレンダーの訳詞は、みるものごとに、まったく違っていたりして頭きてました。シンプルな歌詞で、いろんな意味にとれるからでしょうか?もう、リックの意地悪~(作詞リックですよね?) ちなみに私のもっているDVDでは 「僕のキッスのレコードをかけまくって」となっています。


Blue1981
2005/04/30 20:39

NO ONEさん やっぱりキッスのレコード?だったんですね。それがわかったら、次は何のジャケットなのか…が気になってきます。イメージとしては「LOVE GUN」かな? あと、最近再発されたCDのこの曲の対訳では「キッスのレコードを引っ張り出して」になっていましたが、本当の意味はともかく、昔のレコードにある「キッスのレコードを外しちゃった」の訳のほうがいいですね。 ギターにはいくつかTシャツを着せていたのですが、おっしゃるとおり脱がせました。


NOONE
2005/04/30 17:50

(http://spaces.msn.com/members/inmyplaceinyourplace/)
文句なく大好きな曲! あれは、KISSのレコードジャケットのコピーを少し厚い紙に貼り付けたものみたいですよ。 最近暑いのでギターもチープトリックTシャツ脱いじゃったのですか?
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ