右利きのポール・マッカートニー

6/18はポール・マッカートニーの誕生日ということで…。
おめでとう、サー。

さて、そのポール・マッカートニーが左利きということは有名である。
ファンはもちろん、これはビートルズにそんなに詳しくない人でも知っているかもしれない。
彼が左利きだったからこそ、ビートルズ以降のロック・バンドのベーシストに左利きが多いのである。
絶対にこれはポール・マッカートニーの影響に決まっている。

また、彼が左利きだったからこそ、ビートルズのライヴ・ステージが美しかったのである。
我々から見て中央にリンゴ。右側にジョン。中央からやや左寄りにジョージ。そして左側にポール。
ジョンのギターとポールのベースが左右に放射状に開く形は今見てもキレイである。

さて、左利きのポールであるが、実は右利きのポールも何人かいるのが発見されている。
まず、ビートルズが現役で活動中に出た唯一のベスト・アルバム「オールディーズ」。
この裏ジャケットであるが、何故か写真が裏焼きされてしまっているのだ。
しかし、日本盤は正しい写真となっている。
見分け方はポールの着ている服だ。
着物?を着ているのだが、胸に「寿」の文字が入っている。これが正しく読めるのが日本盤である。
よって、イギリス盤でのポールは右利きということになる。

そして、これは有名であろうウイングス時代の名曲「ハイ・ハイ・ハイ」の日本盤シングルのジャケット。
見事に右利きである。後から修正されたが、誰も気付かなかったのだろうか?

時代が時代なら、ポール・マッカートニー死亡説の根拠のひとつになったのは間違いないだろう。
「あれは偽者だ」って。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ