八月のフロッタージュ おおたか静流 meets 浜田真理子 下北沢日本基督教団東京都民教会 2017.2.25

ステージ上、正面には2本のスタンドマイク。
向かって左にはピアノ。
おおたか静流と浜田真理子。
お互いのソロ・パートがあって、そしてセッションがあって…。
これまでのこうした類のライヴに対して持っていたいつものこんな気持ちは、
おおたか静流と浜田真理子がステージに立った時点で崩壊した。

おおたか静流はわかる。
しかし、浜田真理子までがスタンドマイクの前に立ったからだ。

IMG_7002.jpg

『八月のフロッタージュ』と題された今回の企画。
サブ・タイトルの「女の交換日誌」と、
フライヤーにある “ 歌と言葉で綴れ織るふたりの女の触れあい物語 “ 。
まさにこのとおりであり、
舞台演出をバッチリ決めたホールでの再演を観たいくらいのプログラムだった。

この日に向けた日々の、お互いのメールのやり取りが朗読される。
企画発案の初期から本番に向けての双方の気持ちや思いのキャッチボール。
そこにはいい意味で緊張感はなく、ヘヴィさも感じられない。
もちろん実際には煮詰まりや苦しみもあったのだろうけれど。
朗読と歌が交互に登場するが、どちらかが主役ではなく、どちらも主役であった。

擦りとるという意味の絵画の一方法をフロッタージュと言うらしい。
この日に擦りとられる対象は「八月」。
ふたりによって歌われる曲にはいくつかの反戦歌。
更に茨木のり子、竹内浩三、それぞれの詩にメロディがつけられ歌われた。
これらから記号的に企画意図をくみ取るのは可能だ。
しかし、公演中は特別に限定された内容を感じることはなく、
ふたりの歌に酔い、書簡の朗読に引き込まれた充実の時間だった。

二人は明確に企画の意図を決めて観客に伝えたい、
伝えなければならないと思っていたのではなく、
あの場にいた人の数だけの受け取りよう、
伝わりようがあるのを知っていたのだろう、きっと。

  「八月」とは孤立した七月の翌日とか特定の時間ではなくて、
  春夏秋冬を生きる日々の記号のこと。
  それゆえに歴然と、私たちに「八月」があり「夏」がある。

前述したフライヤーにこう記されていたことも僕がそう感じた理由である。
おおたか静流と浜田真理子のふたりも、それぞれの八月を擦りとったはずだ。

それにしても、竹内浩三の詩にメロディを付けた曲。
どう聴いても浜田真理子だった。
ワルツだったこともそれを強力に印象付けた。
今後もレパートリーとしていけるのではないだろうか。

そして何よりも素晴らしいと思ったのは、ふたりの歌と声の力だ。
いわゆる良い音楽を良い音楽として提示してくれるからこそ、
そこから僕たちは様々なものを受け取ることができるのである。

IMG_7004.jpg

おおたか静流はメールの中で「教訓Ⅰ」を沁みるといっていた。
浜田真理子は「悲しくてやりきれない」に祈りを感じて涙したという。
この2曲を共有できたことに、僕は幸せを感じる。

FB_IMG_1483197256098.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ