ひとときのうた 新谷祥子マリンバシアター2016 キッド アイラック アート ホール 2016.12.1

キッド アイラック アート ホールでのマリンバ・シアターは4回目。
しかし、残念ながら会場が年末で閉館ということで、ここでは最後の開催となった。
もちろん新谷さん本人はこのシリーズを続けていくことを宣言していたが、
それでもラストらしく、前半は過去3回のプログラムを振り返る構成で進んだ。

c_20161201.jpg

1回目はゲストに山本祐介さん(vibraphone)を迎えての寺山修司没後30年トリビュート
2回目は3rdアルバム発売記念ライヴ
3回目はオカリナの君塚仁子さんをゲストに迎えた鳥を歌う、鳥を弾くと題されたライヴ

これらの様子を語りながら、そこに纏わる曲を演奏していくのだが、
そのときに演ったのとは別の曲を披露してくれたのが実に新谷さんらしい。
中でも、歌詞に鳥が出てくることで歌われた「雪が降る」は、
演奏と歌はもちろん、照明の演出も含めて印象に残るハイライト・シーンだった。

さて、4回目のこの日。
新谷さんのオリジナル曲を聴きたいという僕自身の希望は叶えられたのだが、
やはり、というか、またしても、というかの新谷祥子だった。
これまでのライヴ同様、ほとんどが新曲であった。
発表されている3枚のアルバムには、もちろんライヴの核となりうる曲もあるし、
この日に限っても、テーマに似合うというか、相応しい曲だってあったはずだ。
それでも、彼女は新曲を演るのだ。

演奏よりも歌うことが上になり、
言葉をつけることが先にくるというニュアンスのMCがあったように
今の音楽的キャパシティで最大限に占められ優先されているのが " 歌 " なのだろう。
もしかしたら、マレットでマリンバを叩けば、
その一音ごとにひとつの言葉が生まれているといった状態なのかもしれない。
そう思ってしまうほど、ステージ上の彼女からは歌うことの喜びと楽しさが伝わってくる。
歌われる唄、奏でられる音だけでなく、
こうした本来なら見えない感情を掴めることが、新谷祥子のライヴの魅力だ。
だから感動するのだ。
もはや彼女の世界は演奏と歌だけで表現されるものではない。
ステージに立つその存在そのものがひとつの表現となっていたと思う。
表現者・新谷祥子を強く感じた80分だった。

IMG_6559.jpg

タイトルの ひとときのうた は、
マリンバ弾き歌いを意味する 人と木 であり、
日常を離れることの 非と時 でもあるという。
まさにその通り。
そこには人と木の響きあいがあったのみ。
キッド アイラック アート ホールに非と呼べる時が生まれていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ