仲井戸CHABO麗市ソロライブ「月曜の夜」RCを歌う。 南青山MANDALA 2016.11.21

本編のラスト、「雨あがりの夜空に」を演奏し終えた後、
チャボは80年代、KING OF LIVE期のメンバーの名を呼んだ。

 新井田耕造!
 リンコワッショ!
 Gee2wo!
 仲井戸CHABO麗市!
 Sweet Soul 忌野清志郎!

もうこの連呼で感激・感涙だ。
更に、その後にはこうシャウトするのだ。

 We Are RCサクセション!

もちろんステージ上にはチャボしかいない。
しかし、We Are…俺たちはRCサクセションだ、とチャボは叫んだ。

今夜は清志郎の追悼ライヴではない。
RCサクセションのギタリストがRCを歌うライヴである。
はたしてそのライヴは、チャボが俺たちはRCだと叫ばざるを得ない、
実に感動的なライヴになった。

IMG_6518.jpg

MCでふれていたように、2009年から長い時間が経過したことで、
あらためてRCの楽曲に立ち向かえたことはあったようだが、
結果として、チャボ自身もRCサクセションとしての自分に気が付けたのだと思う。
俺はRCなんだ、と。
今、生きているのであれば、RCの曲を自分が歌うことにも意味がある…と、
サラッと話したこんなことからも、あながち僕の感想は間違いではないと思う。

清志郎との思い出を中心に、1980年から1983年にRCとして発表した楽曲を中心に歌う。
途中でも " 新井田耕造! " とか " リンコがいてくれたらなぁ " とか、
本心なのかサービスなのか、嬉しいことを言ってくれていたが、
今夜のステージでチャボの口から出た日本のミュージシャン名の6人。
清志郎、リンコ、コーちゃん、Gee2wo、そして梅津さんと片山さん。
要するにRCサクセションであった。
おそらくチャボ自身もステージが進行するに連れて、想いが大きくなっていったのだろう。
俺はRCだったな…から、俺はRCなんだ…へ。
そして最後には、俺たちがRCサクセションなんだ…と。

     **********

「Late-Summer」。
2009年に行われた " 僕が君を知ってる " で披露されたポエトリー。
内容は戦友たちへ呼びかけるものだ。

 あらためて家で読んでみたら…読めたんだ

こう言って、あの夜以来のこの夜にチャボは朗読した。
僕自身、清志郎はもちろんだが、2009年以降に亡くなった人たち…、
幾人かのチャボに近い人たちも思いながらそれを聞いていたのだが…。
何かがきっかけになったわけではないのだが、途中で突然この日のテーマが僕の頭に浮かんだ。
その瞬間からチャボに読まれている世界が変わった。
俺たち、再会、そして戦友。
こうしたキーワードが指しているもの。
それがRCサクセションのこととしか思えなくなったのだ。

振り返れば昨年。
デビュー45周年の節目で古井戸、加奈崎芳太郎との再会があった。
しかし、あえて僕は書いた。
もう一つの再会があるだろうと。
終わったのではなく止まっているのだから、再会すべきだろうと。

     **********

この日のMANDALAの座席には、
今年リリースされた小川銀次のアルバムのチラシが置かれていた。
銀次には毎年5月に行われている忌野清志郎ロックン・ロール・ショーに出て、
チャボと一緒に「ブン・ブン・ブン」を演って欲しいと思っていたが、
もうそれは永遠に叶わない夢になってしまった。

IMG_6519.jpg

RCサクセションに在籍していた期間は短かったとはいえ、
80年代RCサウンドの基礎を作り、発火させた銀次は、
僕にとってはRCサクセションのギタリストである。
チラシが置かれていたことは、きっと偶然ではない。
ステージ上のチャボからは銀次の名が出ることは無かったけれど、
この夜のMANDALAには、『RHAPSODY』のRCサクセションがいたことになる。

     **********

THE GREAT RC SUCCESSION!
80年代、僕は何というバンドに出会え、観て聴けて、一緒の時代を過ごせたのだろう。
楽しかった。感動した。そして幸せだった。ありがとう、チャボ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「RCナイト」再び

「ラプソディ・・・」とつぶやいていましたが、それは曲名だけでなく、アルバムタイトルだけでなく、あの屋根裏時代そのものを意味しているのだと思い、涙を押さえられませんでした。
「あの娘のショッピング」を聞けたことも感動的でした。
2010年4月2日、「月」での「キセキのキヨシロー」でコーちゃんが自ら選んだこの曲。
わたしにとって、デインジャーのイカレたオヤジたちの楽しい曲としてしか知らなかったこの曲が、もっともっと前のめりで、まさに屋根裏からかけあがろうとするRCそのもののような曲になりました。
コーちゃんが「清志郎がこうなった今、一番思い出す頃」と言っていました。はっきりとは言わなかったけれど、「RCが一番幸せだった時代」として胸に残っていたのではないかと思います。
そして、チャボにとってもそうなのでは・・・。
いつかチャボが歌うこの曲を聞きたいと思っていたのですが、実現しました。

すごいライブでしたね。

僕はここに居るというメッセージ

その頃の話がチャボ自らの口から聞けるいうのは
やはり時間が経ったということなんだろうなと思います。

あの「詩とファンタジー」を撮ってtweetに投稿しました。
blueさんもリツイートありがとうございました。^^
これはblueさんのこちらで知ったものでしたので。
chaboのコメントのページしか写さなかったけど清志郎の詩に
きれいなイラストがあって。これも永久保存版ですね。

JohnnyBlue……○○time、は私はRCでは体験してないと思うので
とても貴重なことでした。こちらでのblueさんと桃未さんの会話を
思いだしていました(笑)。

銀次さんのチラシも(小さくて可愛かった)何て気が利いてるんだろう、
なんて思いました。偶然なのかなぁ。

COVER SONGSの時よりも少し緊張感を感じたのだけど
でも楽しい時間だったです。
貴重なRCだけの夜だったと思います。


私もChaboありがとうございました♪と伝えたいです。


Re: 夢風さん

> 「ラプソディ・・・」とつぶやいていましたが、それは曲名だけでなく、アルバムタイトルだけでなく、
> あの屋根裏時代そのものを意味しているのだと思い、涙を押さえられませんでした。

何度か確かめるようにつぶやいていましたね。

> 「あの娘のショッピング」を聞けたことも感動的でした。
> 2010年4月2日、「月」での「キセキのキヨシロー」でコーちゃんが自ら選んだこの曲。

コーちゃんにとってのそういう曲というのをチャボは知らないでしょうが、
その偶然も凄いな。あの夜はすべて繋がっていたような気がしますね。

> すごいライブでしたね。

色々とグッとくる夜でした。

Re: tamaさん

> あの「詩とファンタジー」を撮ってtweetに投稿しました。
> blueさんもリツイートありがとうございました。^^
> これはblueさんのこちらで知ったものでしたので。

このコメントはチャボの中でも大きなものなんでしょうね。
あれが残されてよかったと思います。

> JohnnyBlue……○○time、は私はRCでは体験してないと思うので
> とても貴重なことでした。こちらでのblueさんと桃未さんの会話を
> 思いだしていました(笑)。

80年代の初期しかやっていなかったと思います。
チャボはRCでやっていたカタチを忘れているのかな?
でも楽しかったですね。

> 銀次さんのチラシも(小さくて可愛かった)何て気が利いてるんだろう、
> なんて思いました。偶然なのかなぁ。

偶然じゃないんじゃないかな?。
RCを歌う夜だからこそだったと思います。

> COVER SONGSの時よりも少し緊張感を感じたのだけど
> でも楽しい時間だったです。
> 貴重なRCだけの夜だったと思います。

RCのメンバーとして、チャボにはRCを歌い続けて欲しいですね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ