仲井戸CHABO麗市ソロライブ「土曜の夜」COVER-SONGSを演る。 南青山MANDALA 2016.11.12

チャボは過去に何度かすべてをカヴァーで構成したライヴを演っている。
2009年5月のそれを除けば、すべてが音楽の素晴らしさを伝えてくれた内容で、
楽しく、切なく、感動的なライヴばかりだった。
そしてチャボのオリジナル日本語詞が乗るから、
たとえ昔の曲であっても今を感じさせてくれるという独特の雰囲気である。

今回もそんなライヴを期待していたが、はたして…。
残念ながら初披露の曲は無かったけれど、それでも絶妙の組み合わせであり、
チャボらしい音楽愛に溢れたライヴをじゅうぶんに堪能した。

その日本語詞を聴くのがこうしたライヴの魅力のひとつだが、
僕が何よりも感動するのは、音楽ファンとしてのチャボの姿を感じられることだ。
十代の頃にやっていたバンドのことや来日アーティストを観た時のことなど、
時代は違えども、チャボも僕たちと同じだったことがわかる。
それを共有できることが嬉しく、楽しく、切なく、感動的なのだ。
チャボが語るビートルズは、僕のRCサクセションであり、
チャボのストーンズやキンクスが、僕のARBでルースターズなのだ。
こうした想いはあの場にいたファンの数だけ沸き起こるだろうから、
その気に満たされたMANDALAという空間が感動的になるのだと思う。

さて、そんなライヴでひとつ思うのは、
イントロを弾きながらも、演らずにもったいつける曲があること。
それは「サティスファクション」や「ユー・リアリー・ガット・ミー」など、
ド定番の曲なのだが、そのまま演奏してほしいといつも思う。
絶対にウケるし、かっこいいはずだ。
思えば1990年、『絵』を引っさげてのツアーでは、ストーンズの「ラスト・タイム」や、
キンクスの「オール・オブ・ザ・ナイト」が演奏された。
どちらもアレンジはオリジナルを踏襲したままチャボ独特の日本語で歌われたが、
イージーな言葉ながらもストレートに伝わる、実にいいカヴァーだった。
「サティスファクション」は僕の知る限り、いちどだけ演ってくれたことがあるが、
それ以来、長らく封印されている。
マニアックな選曲もいいけれど、誰もが知る名曲を演るのも聴いてみたい。

 ♪ 素晴らしいはずさ、人生まだ、まだ、まだ…

エルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」で歌われる歌詞。
この夜のライヴから僕が感じたものをチャボが歌ったフレーズで表すと、これだ。
唄のひとつふたつにどれ程の意味があるかわからないが、僕は心配しない。
そして信じていたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しかったですネ。

blueさん こんばんは。

チャボのカヴァーソング構成のライヴは行った事なかったんですけど
今回は場所がMANDALAだったからか すごく魅かれて。
観ることができて良かったと思います!

チャボもカヴァーばかりだからか(学生時代を思い出したりしながら)
割と手放しで楽しめてるように感じてしまったのですが…どうでしょうかネ(笑)


それにしても中学生のカーニバルズがディジー・ミズ・リジーをカヴァーしていたとは本当にすごい! 聴いてみたい♪

Re: tamaさん

> チャボもカヴァーばかりだからか(学生時代を思い出したりしながら)
> 割と手放しで楽しめてるように感じてしまったのですが…どうでしょうかネ(笑)

楽しいのは毎回ですよ。
歌詞も聴く人によっての解釈ができるから、更に魅力は増します。
時間をかけて練り上げたカヴァー・ライヴを観たいですね。

> それにしても中学生のカーニバルズがディジー・ミズ・リジーをカヴァーしていたとは本当にすごい! 聴いてみたい♪

同感!
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ