デイ・トリッパー/チープ・トリック -1980-

  抱きしめたい! スリムなマガジン感覚。
  新しい時代の25㎝レコードNU・DISKシリーズ。
  まずチープ・トリックでスタート!

こんなコピーで当時のEPICソニーから発売された、ちょっとした企画盤である。
レコード盤は10インチで、ジャケットは縦長の長方形。
「マガジン感覚でロックンロールを!」と帯にある。要するにそういうことだったのだろう。
チープ・トリックがこのシリーズの第1弾だったようだが、
他にはどんなアーティストのものがあるのだろうか?
まったく定着しなかったよ、これ…。

しかし、中身は良い。
76~79年の未発表曲を1曲ずつ収録。特にA面のライヴがGOODであった。
まずは79年USツアーより「デイ・トリッパー」。もちろんビートルズ。
このライヴ・カヴァー・ヴァージョンは最高である。
僕も昔、このチープ・トリック・ヴァージョンをバンドで演った。
ラストのロビンの「She Loves You Yeah Yeah Yeah!」のシャウトが美しすぎる。
これ、映像無いのかな?

そして78年のライヴは「キャント・ホールド・オン」。
78年だ。もちろんレコーディングされたのは武道館だよ。
アルバム「アット武道館」には未収録だったので、当時は嬉しかった。
彼らには結構珍しいブルースっぽい曲。

B面は76年の1stと77年2ndの録音時の未発表曲。こちらも貴重なテイクであった。
「グッド・ガール」はちょっとメロウでPOPな名曲である。
「テイク・ミー・アイム・ユアーズ」はミディアム・テンポの王道アメリカン・ロック風な曲だが、
どこか不思議な雰囲気である。
掴み所の無さが魅力だが、そこがアルバム未収録になった理由かも。

さて、このレコードのライナーは、今読むとなかなか良い文章で結ばれている。

  「変化し続けること」それは何もクラッシュだけが言うことのできる専売特許ではない、
  チープ・トリックにも当然当てはまるロックンロールの真理である。

良い意味で僕はチープ・トリックには変化というイメージを持たなかったのだが、
今回改めてこの4曲を聴いて、その考えは少し変わったかな。
この時期、1年ごとに確実にバンドは変化しているし、
特にロビンのヴォーカルのそれが顕著だろう。
収録された4曲を聴けばはっきりとわかる。




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/05/21 23:14

NO ONEさん 武道館の映像は私も1部しか観たこと無いです。でも、それは確実にちゃんとした映像として撮られたものですからね。1本にまとめて出ないかな? あと、80年のJAPAN JAMⅡ'80に出演した時の映像もあるはず。場所は横浜スタジアムです。 ビートルズのカヴァーは、知る限りではこの2曲です。あと、ライヴでの「AIN'T THAT A SHAME」は、やっぱりジョン・レノンを意識していると思いますね。


NOONE
2005/05/21 22:19

その形のレコード盤、中古屋サンで見かけますね。 Beatlesのカバーは、デイ・トリッパーとマジカル・ミステリー・ツアーだけですか?他にありましたっけ? ところでブドウカンの映像ってどっかに残ってないのでしょうか?一部はHPや他のDVDで見れるんですけどね。At Budokan のライブ映像DVDが出たら絶対に買うのに!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ