仲井戸CHABO麗市ソロライブ「日曜の夜」今夜歌いたい唄。 南青山MANDALA 2016.11.6

○○周年のような冠が付かない、純粋な仲井戸麗市のソロ・ライヴ。
しかもこれまで多くの名演を体験している南青山MANDALA。
どんな内容になるのか想像もつかず、かつ予想もせずに臨んだ。

11月は4回、それぞれにテーマを決められた異なるライヴが行なわれる。
この日はその1回目だ。
" 今夜歌いたい唄。" と題されていたので、
チャボ自身の思いと想い、気分と気持ちで選曲してくると思うのが当たり前だ。
しかし、ステージのMCで、歌いたい唄なんか無い…と冗談でかわし、
あくまでも単なるタイトルであると断りを入れてきた。
本音の部分もあるのだろうが、そこは仲井戸麗市。
きっと何かしらのテーマはあったのだと思う。

カヴァーとRCの曲は11月の別の日のテーマになっているため、
この日はすべてオリジナル曲で演るということだったが、望むところである。
というか、そんなライヴをもっと演って欲しいんだよ。

さて、そんなMCからレアな曲を期待したが、結果はゼロ。
しかし、4曲の未発表曲や他人に書き下ろした曲などは貴重だった。
未発表曲は興味深かったが、まだ未完成品と言った印象かな。
フィービー・スノウに捧げた曲、
ロックが華やかだった時代を取り上げた曲など、
最近のチャボの傾向が出ていて、同じテーマで曲を手がけていることが伺える。
それと、小品的な曲が多いのも、同じく最近の特徴かな。

既存の曲は『GREAT SPIRIT』と『Poetry』から2曲。
『PRESENT』シリーズから3曲。
チャボはよく " 久しぶりに引っ張り出してきた " と言って演奏するが、
実は僕とチャボの " 久しぶり " の定義にはかなり大きな開きがある。
この夜も同MCから「糧」が歌われたが、僕の中では久しぶりどころかライヴの定番である。
同じく『PRESENT』シリーズからの「真夜中を突っ走れ!」も定番中の定番だ。
例えば「L・O・V・E」が歌われたら おおっ!と思うが。

バラエティに富んだ選曲は楽しめた。
ただ、ここ最近のライヴから僕が感じているように、
線ではなく点のライヴであったと思う。
全編を通してひとつの流れを追えるのではなく、
二十数個の点が集まったと言えば理解してもらえるだろうか。
チャボしかできない、いやチャボだからこそできる、
まるで一本の映画を観たような感動を与えてくれるライヴ。
そんなライヴをそろそろ体験したいと思う。
場所がMANDALAなら尚更である。

P.S.
中盤で曲を飛ばしそうになり、マチャミさんに指摘されてやり直す場面があった。
その曲は古井戸の「きまぐれラプソディ」。
ミスしたからか、MCでは " 古井戸やるよ " としか言わずに演奏された。
通常であれば雑念も入るだろうし、とても落ち着いて歌えるわけはないと思う。
しかし、その歌とギターはバッチリだった。
更に、僕の観た印象では、譜面や歌詞もほとんど追わずにいたはずだ。
他の曲では、譜面を見ながらでもミスすることがあるのに…だ。

いつからか、MANDALAで歌われる古井戸にとても魅力を感じるようになった。
そう感じるのは色々な理由があるのだろうが、いちばんはその場所なのだと思う。
MANDALA周辺は、おそらく70年代、古井戸のチャボにとっての舞台だったというか、
そこまで断言できなくとも、近いものがあるのだと想像する。
そんなことから、MANDALAで古井戸を歌うチャボからは、
自然に滲み出す古井戸を僕は感じてしまうのだと思う。
このことを、この夜の「きまぐれラプソディ」はあらためて思わせてくれた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ