VISITORS/佐野元春 -1984-

キース・リチャーズの記事を書くに当って、
彼のインタヴューが掲載された「Cut」を引っ張り出したが、
そこに佐野元春のインタヴューも掲載されていた。
アルバム「VISITORS」を制作した時期を語ったものだ。
「SOMEDAY」でブレイクした後に、ニューヨークへ単身で乗り込み制作されたアルバムである。
インタヴューを読んだら久しぶりに聴きたくなったので、アナログ盤をターン・テーブルに乗せる。

…。

カッコイイ!

今では問題作とか異色作とか言われることが多いが、
リアル・タイムで聴いた僕自身は断言したい。
ファンのレベルではそんなことは無かった。
それどころか「佐野元春の新譜は凄いぜ!」と、友人と興奮して話していたものだ。
当時の僕は大学生。
さすがにもう「ガラスのジェネレーション」や「Night Life」にのめり込む事は無かったが、
佐野元春は一貫して聴いていたし、実際に新作は楽しみにしていた。
そこに届いたのがこのアルバムである。

針を落とす。
1曲目。
「COMPLICATION SHAKEDOWN」。
ぶっ飛んだ。
ヒップホップなんて言葉も知らなかったが、
この音の異様なカッコ良さには即座に身体が反応した。
アルバム・ヴァージョンも良いが、12インチ・ヴァージョンが最高である。

当時の渋谷のタワーレコードにもこのアルバムと12インチが並んだ(はずだ)。
輸入盤扱いだったのだと思う。
もちろんその当時のタワーレコードはまだ、いや当然のように洋楽しか扱っていない。
J-POPの影は無く、扱う確率もゼロ%以下であった。
そんな感じだったから、いくら佐野元春のこういった類の作品であっても物凄く違和感があった。
何でタワーレコードに佐野元春なんかがあるんだ?ということである。
今では信じられないだろう。
しかし、裏を反せばそれだけ注目作だったのだろう。
となると、問題作と言われているのはある意味で正しいかもしれない。

アルバムはもちろんだが、
この時期に忘れられないのは、あの「Live Aid」へのビデオでの参加である。
曲は「シェイム-君を汚したのは誰」。
戦争のシーンを取り入れたこのビデオを僕はTVの前で観た。
実際の演奏での参加では無かったがメッセージは強烈で、
ライヴ・エイドに出演したバンドよりも、佐野元春のビデオのほうが印象が強かった程である。

インタヴューで元春自身はこのアルバムを「84年のニューヨークで作った新聞」と語っている。
だから「作って良かったとか失敗したとか、そういう次元の作品ではない」らしい。
自分の作品を”新聞”と表現するのは、実に佐野元春ではないか。




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/05/23 2:36

Y∀SSさん PV(当時はこんな略称は無かったです)ですが、「ニュー・エイジ」が私は好きでした。今観ると、やはり古いなぁって思いますけど、当時は時代の先頭集団の中に間違いなくいた人ですからね。ずいぶん斬新なビデオだと感じたものです。 記事にあるインタヴューではNYでの暮らしの事が語られていて、それはなかなかヘヴィで興味深いです。


Y∀SS
2005/05/22 22:54

今晩は「Visitors」は小学校か中1の時アルバム買って、安いデッキで聞きまくってました。「New Age」とか、元気が出そうで、好きな曲でした。当時、佐野さんってNYで1年くらい暮らしてたんですよね。確か・・・。「Tonight」のPVも物凄く格好良かった記憶もあります。


Blue1981
2005/05/22 19:55

東京青さん RCで最初に買うCDって、なかなかお薦めするものを選べないんですよね。例えば入門編としてはベスト・アルバムがありますし、RCは何枚かそういうものがあります。でも、はっきり言ってベスト盤で良いものはありません。残念ながら編集、監修する人にまったくRCに対する愛情が感じられないのが現実です。 そんな中でも1枚だけ挙げるとしたら「EPLP」でしょうか。80年前後のシングル盤のAB面を収録したものです。ベスト・アルバムに近い編集盤ですが、私はれっきとしたオリジナル・アルバムだと認識しています。 しかし、サクセーションというのは可愛いですが、サクセションが正しいんですよ、青さん! 80年代の佐野元春は、当時はもちろんでしたが、今聴くと本当にカッコイイですね。


東京青
2005/05/22 6:09

(http://spaces.msn.com/members/tokyoblue/)
結局、CDはインディーズのにして、DvDを購入。。しかもヴィゴ・モーテンセンの古い映画を発見して大人買い。。。あぅぅ。でも今度RCサクセーションのCDを買おうかと思っています。また何かあったら教えて下さいね♪佐野元春さんは元旦那が好きだったので聴いてました☆よぉ~(≧∇≦)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ