浜田真理子・畠山美由紀 コンサート ~Early Autumn~ 島根県民会館 2016.9.4

例年よりも早い時期の松江コンサート。
Early Autumnと題されていても、まだまだ暑い。
ただ、水の都に吹く風は少しだけ秋の気配を感じる。
心配された台風も大きな影響はなかった。
この季節に訪れたのは初めてだったが、
結果として、ライヴ共々青空ものぞいた松江を楽しむことができた。

IMG_6012.jpg

今回は畠山美由紀さんとの共演。
しかし、既に二人のセッションは渋谷クアトロで体験済みだったので、
僕の関心はただひとつだけ。
それは浜田真理子、新作のレコーディングを終えた直後のステージという点だ。

ライヴの構成は、第一部が浜田真理子と斎藤潔(b)。
第二部が畠山美由紀と小池龍平(g)。
そしてアンコールは4人のセッションだった。

いきなり、真理子さんの新曲からスタート。
後から発表されたセット・リストから「彼方へ」というタイトルと知った。
見ようとすれば景色が 語ろうとすれば言葉が邪魔になる…という歌詞が印象的。
この独特の世界観を持つフレーズから僕が連想したのは、
あなたには顔がない わたしには声がないと歌われる「森へ行きましょう」だった。
ただ、「森へ行きましょう」はその歌詞に見合った曲調とメロディであり、
聴いた人がどこか知らないところへ連れて行かれそうな曲だった。
しかし「彼方へ」は違う。例えば既発曲で言えば、
「はためいて」や「遠い場所から」のように透き通った美しさを感じさせてくれる曲だ。
一聴すれば心地よいが、だからこそ引っかかる言葉があると後から迫ってくる。
間違いなく新作には入るだろう。作品化されたものを早く聴いてみたい。
2曲目に披露されたのはインストだったが、これもMCによると収録されるようだ。
ハマダマリコ的テイストをじゅうぶん味わえるであろうピアノとアレンジが楽しみだ。

さて、新作を匂わせてくれたのはここまで。
もちろん他にも作品化されていない曲が歌われたし、その中には新作に入る曲もあるだろう。
でも、それらを僕はライヴで何度か聴いていたこともあったから、
この日の個人的期待からはどうしても外れてしまっていた。
ただ、これまでライヴで披露されてきた新曲たちをCDとして聴きたい希望はある。
いや、あり過ぎる。あれが聴きたい、これも聴きたいとキリが無い。
とにかく新作が待ち遠しい。

畠山さんのパートは、クアトロでも思ったが、
小池さんの素晴らしいギターとコーラスのサポートが効いていた。
ホールということもあり特にギターの響きが美しく、ヴォーカルとの相性もバッチリ。
締めくくりで歌われた「わが美しき故郷よ」と「歌で逢いましょう」が沁みた。

IMG_6005.jpg

この二人のセッションを想像するのは難しい。
何てったってクアトロでは「幸せハッピー」というまったく予想外の曲が取り上げられたので、
この日も色々な意味で期待と不安(笑)を、あえて楽しみにしていた。
はたして…「探偵物語」と「思秋期」という、やはり予想外の曲。
しかし二人にはハマり過ぎていた。
斎藤さんのベースと小池さんのギターが真理子さんのピアノに加わることで、
音もシンプルながら分厚く、心地よく、カッコよく、美しくと、聴きごたえがあった。
歌う人によっては、カラオケになるパターンもあるだろうが、
この名曲を名曲のまま、名曲として提示できるステージの4人が素晴らしかった。

IMG_6032.jpg

それにしても、あらためて真理子さんの松江ライヴはいいなぁ。
今後も開催される限り、足を運びたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ