キース・リチャーズ 彼こそローリング・ストーンズ

先週は「グリンプス」を読んだが、今週はこの本だ。
ここのところ、本棚からしばらく読んでいなかった本を引っ張り出して通勤のお供にしているのだ。
それも、ロックに関するものばかりを選んでいる。
久々に読むと、当時とはまた違った印象で面白い。
今回読んだのは文庫版だが、この本はハード・カバー版のほうが表紙が断然カッコイイのだ。
ハード・カバーは知り合いの女の子に誕生日プレゼントとして贈ったこともある。
まだ持っていてくれるかなぁ?

さて、言うまでも無くストーンズのギタリスト、キース・リチャーズの伝記モノだ。
幼少からアルバム「TATTOO YOU」までのキースの歩みを、彼自身とストーンズのメンバー、
そして関係者の発言を交えて綴った本である。
もしかしたら、一般的にはキースモノの決定版と思われているかもしれない。

確かに、彼を手っ取り早く知るには恰好の本だとは思う。
しかし、外せない有名なエピソードのほとんどが網羅されているのだが、
すべてがサラッとし過ぎている。
だから、読んでいて物足りないのだ。
特にある程度ストーンズにのめり込んでいる人が読むと尚更である。
極端に言うと、読後の感想が「そんなこと知ってるよ」となってしまうのだ。
もちろん悪い本では無いが、完全な初心者向けであろう。

さて、それでは他に読むべきキース本はあるのか?
ある。
1990年の雑誌「Cut」。MAY.1990 NO.3 である。
キース・リチャーズのロング・インタヴューが掲載されているが、
これはヘタなストーンズ本を読むよりも、
過去の他のキース・インタヴューを読むよりも満足できるだろう。
マジで面白い。





※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/05/22 19:43

blues1974さん キースのインタヴューで他に挙げられるのは、山川健一によるものでしょうか。でも、これは面白くなかったですね。彼はあまりにも個人的なファンとしてのインタヴューという感じで、読んでいてしらけました。 外しちゃならないのは雑誌「SIGHT」のVOL.14 WINTER 2003でしょうか。ストーンズだけで100ページの特集号です。これにはキースだけでなく、ミックの7万字インタヴューがあります。これは最高です。読みましたか? あと、私は未読ですが、ローリングストーン誌の80年代のインタヴューをまとめた本が出ていて、これにはキースが2本収録されているようです。 渋松関連の本は、私の家にはほとんどあると思うんですけど、単行本を探しているんですか?去年の松村さんのトーク・ライヴ後のサイン会では、ロッキング・オンからの単行本がすべて販売されていましたよ。会社の倉庫から持ってきたと言っていました。


blues1974
2005/05/22 2:37

(http://blues1974.exblog.jp/)
キースのインタビューって、誰かもRO誌で書いてましたけど、いろんなミュージシャンがいるなかで抜群におもしろいですね。伝記作家のフィルタを通すより、かれの生の声にちかいほうが魅力がより伝わるタイプというか。このCUT,持ってたなあ・・どこやっちゃったかなあ・・・。 渋谷陽一のラジオについてエントリィされていた先日の記事に、TBさせていただきました。いまamazonでいくつか渋松関連本を古本などで取り寄せてよんでいるうちに、おもうことがありまして。って、きょうは脱線してしまい本題はぜんぜん書けなかったのですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ