RCサクセション『RHAPSODY』リリース36周年記念 よぉ〜こそ!今夜この店で『RHAPSODY』のことを語ろう! ロフトプラスワン 2016.6.5

まずはオフィシャルのインフォメーション。

     **********

【出演】
今井智子(音楽評論家)
渡辺祐(エディター、ラジオパーソナリティー)
森川欣信(オフィスオーガスタ代表取締役、元RCサクセション ディレクター)
他、豪華ゲスト登壇予定!

RCサクセションの『RHAPSODY』の発売からちょうど36周年を迎える日に、このRC屈指の名実況録音盤の魅力を語り尽くすトークライブ!
30年にわたりRC〜忌野清志郎を密着取材し、『Dreams to Remember 清志郎が教えてくれたこと』の著書もある今井智子(音楽評論家)の呼びかけのもと、梅津和時率いる生活向上委員会のマネージャーのアシスタントを務めたこともある渡辺祐(編集者)、キティレコード時代にRCのディレクターとしてブレイクに一役買った森川欣信(オフィスオーガスタ代表取締役)ら縁の深い面々が一堂に会し、RCエレキ化後のデビュー・アルバムとも言うべき『RHAPSODY』にまつわるあれこれ、復活&ブレイク期のRCについて語り合うロックン・ロール・(トーク)ショー!

     **********

あらかじめ発表されていた3名に、キティ時代のRCと言えばこの人…の、
宗像和男さんがゲストとして加わった4名で…。
あっと、もうひとり重要な人がいた。
ファンにはROCK ME BABYで有名な高橋さんもステージ横にスタンバイしていた。
その高橋さんの前説でトークショーがスタートした。

今井さんが進行役を務め、森川さんと宗像さんが制作サイドの話で応え、
そこに渡辺さんがファンの目線で絡むという流れが基本だった。
『RHAPSODY』がテーマだが、80年前後のRC周辺のエピソードが惜しみなく披露される。
今井さんが当時の貴重な資料を見せてくれたり、
渡辺さんが当時の宝島を持参して解説してくれたりと、
話題はあちこちに飛ぶけれど、何てったって中心になるのが80年前後のRCである。
そのとっ散らかりこそが話をふくらませる要因になったりしていて思い切り楽しめる。

シングル「ステップ!」と「雨あがりの夜空に」のレコーディングに纏わる話や、
アルバム『RHAPSODY』と『PLEASE』のボツになったジャケットの話など、
マニアックなエピソードが笑いを誘いながら披露される。
しかも、実際にその場にいた人の話であるからして、
ハッキリと当時の清志郎やRCのメンバーの姿が浮かんでくるのだからたまらない。
あっという間に第一部が終了した。

休憩を挟んでの第二部は、高橋さんも登壇して進行。
ここからが更に充実した時間となる。
スタッフとしての高橋さんが披露するエピソードは貴重で、
特に『Baby a Go Go』レコーディング時の話は切なくなったりもした。
しかし、何と言ってもファンとしての高橋さんの話であった。
これが加わることにより、更にトークの充実度があがった。
第一部とは色合いがガラッと変わったと思う。

特に70年代後半の屋根裏から久保講堂までのライヴ体験は臨場感抜群。
~のライヴを観たとか、~のテレビを観たという話に補足が付く程度なのだが、
前述したように当時の映像が浮かんでくるのである。
もう、羨ましいという気持ちを超えて圧倒されてしまう。
そして定番な話はもちろんだが、コアなファン目線の話がまた凄い。
例えば、5人の新生RC初期のチャボはまだエレキに慣れておらず、
エレキにアコギの弦をはっていたという話はマニアなファンには知られているだろう。
しかし、高橋さんはそこから先の話をする。
チャボが当時使用していたセミアコのボディにアコギの弦がぶつかる音が凄い…と。
こうした話される内容はもちろんだが、とにかくその深いファン目線に感動・共感した。
RCファンがRCの話をしているのをRCファンが聞くことの素晴らしさをあらためて知った。

森川さんと宗像さんは、まだRCがブレイクする前に、毎晩のように飲んでいたという。
どうして売れないんだろう、どうしてダメなんだろうと、こればかりだったそうだ。
しかし、その時のお二人は知らなかっただろうが、RCをキャッチしていた人は間違いなくいた。
当時の高橋さんや僕、そして日本全国の何人かには確実に届いていた。
飲み屋での二人の思いや想いをキャッチできた人が、あの日の久保講堂に集まったのだ。

当時の制作サイドでRCをブレイクさせるために四苦八苦していた人と、
たとえ少人数であったとしても当時のRCをキャッチした…キャッチできた人が、
36年後に同じ場所で同じ話題で同じ時間を過ごしたのである。
誰も1980年には思い描けなかったことだろう。
そしてそれは素敵なことでもあると思う。
いや、素敵なことだと確信する。

今夜この店でRCサクセションを語った。
素晴らしい一夜だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ