SOUL TO SOUL LIVE AT HIBIYA YAON/CHABO BAND -1997-

TOCT-10008 東芝EMI EASTWORLD 1997.11.27.

1.ハイダウェイ 2.CHABO BANDのテーマ 3.糧 4.SUMMER SAMBA 5.荒野で
6.遥かな手紙(ニジェールから) 7.ヒッピー・ヒッピー・シェイク 8.Free Time 
9.唄 10.Fox,trot 11.Song for you

97年の初夏からスタートした「GREAT SPIRIT」を引っさげてのツアー、LIVE Jump!!! '97 CHABO。
そのハイライトである日比谷野外大音楽堂でのライヴ盤だ。
この時点での新生チャボ・バンドによる演奏は、タイトで無駄が無く、それでいて分厚いもの。
ギター、キーボード、ベース、ドラムスという最小の編成であるが、
たつのすけのキーボードが効いている。この4人編成で出せる最高の音であろう。

ライヴでのチャボは、実は素晴らしいヴォーカリストである。マジで。
もちろんギターも良いのだが、ギターはスタジオ作品とライヴでは、そんなに違いは感じられない。
良くも悪くも、ライヴでのプレイとレコーディング・スタジオでのプレイに差が無い。
しかしヴォーカルは、ある。
チャボのライヴでは、その時の感情や気分がストレートに出る。本当にそのまんまである。
そういう意味では、このライヴ盤はチャボの唄を聴くには最適である。

しかし、例えばライヴで紹介された新曲が、後にスタジオ作となって届けられた場合。
チャボは良くその歌詞を変えてしまうのであるが、歌い方も変に変わってしまうことが多い。
この「変に」というのは、僕が個人的に感じている「変」である。
レコーディングとなると、やはりいろいろと考えるだろうし、何度もテイクを重ねることもできるから、
どうしたってライヴ演奏時とは変わってくる。
まぁ、これは僕のわがままな好き嫌いという話だが、やはりもったいないなぁって思う。

さて、「SOUL TO SOUL」。新作「GREAT SPIRIT」からの曲は4曲しか収録されていない。
あとはカヴァーと未発表曲、そして「PRESENT」シリーズから2曲という全11曲だ。
選曲は個人的には大いに不満である。
中途半端で、せっかくのライヴの流れが切られてしまっているから。
中でも「You are the sunshine(of my life)」が漏れたのは残念。
2枚組で全曲収録して欲しかった。

それでも聴きものはある。
「CHABO BANDのテーマ」。
ステージ用の曲だろうが、こういった曲にチャボのロックに対する愛情が出るのだ。
聴いているこっちがバンドを始めた頃のような気分になるのだから、
演奏している側は言わずもがな。

「SUMMER SAMBA」。
ホーン・セクションが重要であるこの曲をライヴでどう再現するのか?
といった不安は最高の形で裏切られた。たつのすけ、素晴らしい。バッチリであった。

「Song for you」。
これこそライヴで聴きたい大作。このライヴでの実質的なラスト・ナンバーである。

ライヴ当日は雨にたたられ、決して良い環境では無かった。
しかし、CDだけでなく、映像作品としても残された。
特に映像は野音だけでなく、ツアーのドキュメントである。
よって、ファンとしては思い入れがあるツアー、そしてライヴになっていると思う。

CHABO BANDO,仲井戸麗市
EMIミュージック・ジャパン
発売日:1997-11-27




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。


Blue1981
2006/01/20 22:26

恭さん この日は雨でしたねぇ…。野音の雨は結構辛いです。野外とはいえ、気持ちいいもんではありませんよね。 「セルフポートレート」は96年の野音です。このときはRC時代に演奏して以来だったんじゃないかなぁ。レアでしたね。



2006/01/20 16:58

この野音、いきました。 FREE TIMEあたりまではかなり雨が降っていましたよね。この年だったか、その前の年の野音だったかうろ覚えですが、RC時代の「セルフポートレート」を間違いなく演っているんです。まだ陽が明るいうちに。この曲は後にも先にも一回しか聴いた事がありません。貴重でした。 あと、アレンジのちがう「BGM」も貴重でした。 たしかにYou are~が入っていないのは許せませんね。 このツアー、実は福岡のライブハウスにも行ったのですが、このツアービデオにその時の映像で一瞬だけ自分が写っています。注:見ても自分しかわかりませんが(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ