SUMMER TOUR '83 渋谷公会堂 KING OF LIVE COMPLETE / RCサクセション -2016-

ビートルズの『ファースト U.S.ヴィジット』。


日本で初映像ソフト化されたのは90年代アタマだったと思います。
当時の僕は公式音源を聴いて楽しむだけでなく、
活字や写真と言った資料からブートレグ音源に至るまで、
ビートルズに深くマニアックにのめり込んでいました。
その時点で身についていた知識にもそれなりに自負があったし、
音や映像で驚くような出会いは滅多にないと思っていた僕でしたが、
モニターの中で動くジョンとポール、ジョージ、リンゴには興奮しました。
思い切り知っているはずのバンドが、まるで初めて観るバンドでした。
まさに新しいビートルズ体験。
初体験の衝撃は1回とは限らないことをその時に知りました。

著者 :
ユニバーサル ミュージック
発売日 : 2016-03-30

83年のツアー映像が存在しているだけで驚きでしたが、
それが発表されると聞いたときは、自分の気持ちが反応しませんでした。
あまりにものニュースの大きさに、どういうことなのかが理解できなかったのでしょう。
ただただ、冷静にその日を待ち続ける日々でした。

オリジナルの『THE KING OF LIVE』はそれこそ穴のあくほど聴いてきたし、
音から想像する僕だけの映像もアタマの中に存在していましたが、
本当に動くKING OF LIVEの5人を自分の部屋で体験できるのです。

事前に公開されたトレーラー映像から感じたのは、
ビートルズの『ファースト U.S.ヴィジット』を観たときと同じような興奮でした。
知っているバンドなのに、知りすぎているバンドなのに、
まるで初めて観るバンド…かつ重要な出会いのような快感。
あの頃がよみがえる…とか、あの頃を思い出す…とかではなく、
何だか新しいRCサクセションとして触れられそうだなぁ…とそんな気がしました。

はたして…。

RCサクセション初体験!
未発表映像なので当たり前ですが、もちろんそれを指しているわけではありません。
RCを知っていれば知っているほど、RCというバンドを初体験できる作品ではないか。
観終えた今、そんな風に思っています。
記憶の中にあった映像がよみがえることでこうなるのではなく、
あの頃の僕が、あの頃のRCに夢中になっていたのを思い出すのではなく、
83年のRCサクセションに今の僕が興奮し、感動するのです。

それにしても何の目的で撮影されたのでしょうか。
ラフに数台のカメラで5人を捉えたものですが、実に不思議な映像となっています。
渋谷公会堂のステージなのに、何故だか大きな会場に感じられます。
武道館だよ…と言われても、何も知らなければ信じてしまいそうです。
83年のRCサクセションの存在感は渋谷公会堂のキャパを超えていたのでしょうか。

しかし「ブルドッグ」がヤバイ。
これまで音だけで想像していたこの曲を歌いギターを弾くチャボは、
その想像をはるかに超えていました。
何故、当時の僕が仲井戸麗市に夢中になったのかがわかります。
映像のチャボより20も年齢を重ねた今の僕でも、このギタリストにはシビれます。
単にギターを弾く人というのではなく、ギ・タ・リ・ス・トとしか言いようのない佇まい。
カッコイイという形容詞しかないことを残念に思うほどカッコイイです。

こうした映像作品が出る際の常套句である " 発見された " 。
いつも思うのですが、探していて見つかったのか。
それとも偶然に見つかったのか。
この点がハッキリしませんが、どちらでもいいので、是非、発見していただきたい。
初体験できるRCサクセションの映像。
間違いなく、まだあるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NEW SONG

こんばんは。久しぶりにコメントさせていただきます。

dvd観ました。
私、G2のNEW SONG大好きだったんですよね。よく聴いてたんですけど当時聴いてた音源と間違いなく同じだと思い(合いの手みたいなとこが同じだし)また映像観てあぁ実際こういう感じだったんだなと初めて分って感慨深いものでした。

このライブは当時現金書留で申し込んだのですがSOLD OUTでお金戻ってきちゃったという思い出があり行けませんでした。夏の箱根だったでしょうか、初めてライブで聴いたのは。この時期は清志郎よりもG2が派手で目立ちますね(笑)。

チャボのブルドッグも本当に!のけぞりながらのギター凄すぎ!あんな風に弾くチャボ私は初めて観たと思います。かっこよかった~凄いライブ感でした! 後半着てた白いダボっとしたシャツもよく似合う。あれNHKのYOUに清志郎と出た時もああいうの着ていて、、83年の記憶は結構残っているな(笑)。

昔持ってた音源にも入ってない清志郎の何となくぎこちないしゃべりや動き、スロバラの時に着てた白いシャツも何となくしっくりしてないのがまた何だか良くって。キモちEも歌詞間違えそうだったし、それも新鮮だったです。かなりライブ感高い印象でした。その年の武道館と比べるとかなり違うなって、思いました。どちらがいいとか悪いとかっていうより本当に貴重な映像と思いました。


これとは関係ないのですが、清志郎の創作のノートが見つかってシーモアグラスに展示されているというニュースを見ました。東京都内に住む女性が自宅に保管してた…て、何者って感じですが(笑)どうなんでしょう、ライブ映像なんかはもっと出てきてもよいのかもしれないけどそういう自分で持っていなかったりしたものって清志郎自身が「ちょっと待って」みたいなものもあるんじゃないかな、何て思ったりもするな。これはちょっと複雑…かも。

G2

僕は、G2の存在の大きさを改めて感じました!

Re: tamaさん

> 私、G2のNEW SONG大好きだったんですよね。

私も大好きでした。今でもいい曲だと思います。
ライヴでも盛り上がりましたよね。
それにしても清志郎とチャボがコーラスをつけているなんて凄いなぁ。


> このライブは当時現金書留で申し込んだのですがSOLD OUTでお金戻ってきちゃった

そうでしたか。
このツアー、東京公演は渋谷公会堂の他に新宿厚生年金会館でもありましたね。


> この時期は清志郎よりもG2が派手で目立ちますね(笑)。

確かに!


> チャボのブルドッグも本当に!
> のけぞりながらのギター凄すぎ!あんな風に弾くチャボ私は初めて観たと思います。

後にも先にも無いでしょう。いい映像を残してもらいましたね。


> 清志郎の創作のノートが見つかってシーモアグラスに展示されているというニュース

以前も似たような経緯で音源が世に出たことがありましたが、あの時も賛否ありましたね。
今回はどうなんでしょうか。
時間が経過しているので、喜ばれるかもしれませんね。

Re: dokemonoさん

> 僕は、G2の存在の大きさを改めて感じました!

G2は音の存在感も大きいですよね。
清志郎とチャボばかりが取り上げられがちですが、
5人のバンドとして機能している感がもの凄い伝わる映像です。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ