Duet : Ladys & Gentleman 2016 仲井戸CHABO麗市×新谷祥子 下北沢GARDEN 2016.3.10

ステージ上で新谷さんがチャボを呼ぶときは " 仲井戸さん " が定番。
これが前回から " チャボさん " と呼ぶケースが増えてきました。
この変化は新谷さん本人にとって大きなことだと思いますが、
僕たちにとっても想像以上の変化だと、この夜のライヴを観て感じました。
要するに " 仲井戸さん " から " チャボさん " への変化の大きさが、
新谷祥子の音の変化としてもそのまま出ていたと思うのです。

IMG_4827.jpg

二人のセッションはチャボのソロ・パートの中とアンコールで繰り広げられました。
白眉だったのは仲井戸麗市の新作に収録された「ま、いずれにせよ」。
過去のセッション曲ではなく新曲を取り上げるところが、
チャボの新谷さんに対しての期待を伺わせます。
この期待は " 本気度 " と呼んでもよく、数多い共演者とのセッションでも、
このチャボの本気度は新谷さんとがいちばんだと思います。
もちろん誰とでも真剣に真摯に全力で取り組んでいるのですが、
新谷さんとのそれは質が明らかに違うように感じます。
人と身体と曲と楽器が会話をしながらもぶつかりあい、
いつも新しい何かがそこに生まれるのがこの二人。
話を戻すと、「ま、いずれにせよ」は打楽器としてのマリンバが活き、
聴きなれたアレンジやフレーズを違うものとして聴くことが出来ました。
この曲だけでもこの日を観ることが出来た甲斐がありましたし、
チャボ風に言えば、これが聴けたからもう帰ってもいい(笑)とさえ思いました。

二人のお馴染みの曲では、やはり「BLUE MOON」です。
相変わらずの迫力と美しさを兼ね備えた演奏でした。
出てくる音だけでなく、演奏している二人のシルエットの実にカッコいいこと。
毎回のように感じますが、視覚的にも本当にカッコイイです。
間奏の新谷さんのソロが何だか余裕を感じさせるようになって聴こえました。
僕だけが感じたことかもしれませんが、ここにも変化があったと思います。

セッション・パートでは、過去に演奏した曲はあったにせよ、
新谷さんのアルバムにチャボが参加した曲が外されていたのが良かったです。
安心よりも挑戦といった風な気持ちが伝わりました。

さて、新谷さんのソロ・パートではチャボのカヴァーが2曲ありました。
「プレゼント」と「慕情」。
これをそのまま弾き語るのはおそらく容易く、
マリンバでもオリジナルの魅力を提示できたと思います。
しかしそこは新谷祥子。
彼女独特の緊張感がチャボのポップなメロディに加わって、
新谷SONGに生まれ変わっていました。
特に「慕情」にそれは顕著でした。
ところで、ここで言う緊張感は気持ちや思いのことではありません。
新谷さんがチョイスする音色、フレーズが持つそれを指します。
現代音楽を演っていたことで培われたと思われる独特なテンションが、
ポップなメロディと同居しているのが新谷さんの音楽の魅力です。
これがチャボのカヴァーでも如何なく発揮されていたように感じました。
欲を言えば、ここにチャボのギターが重ねられていたら…凄かっただろうなぁ。

通して振り返ってみても、今回も素晴らしいセッションで満足です。
冒頭で書いた " 仲井戸さん " から " チャボさん " への変化の大きさ、
イコール新谷祥子の音とステージへの向かい方の変化が感じられたことが嬉しい。

さて、ここまで書いてきてあらためて思ったこともあります。
チャボは自分のソロ・パートに新谷さんを呼び込んでのセッションがありますが、
新谷さんにはそれがありません。
今後、こうしたデュエットでの共演では、新谷さんも自分のパートにチャボを呼び込み、
自身の曲にチャボのギターをつけてもらうようになれば、
それこそ互角に渡り合えるわけですから、そんなステージを観たいと思います。
きっとその時は、ステージ上で " 仲井戸さん " と呼ぶことはなく、
" チャボさん " だけになっていることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ