鳥を歌う、鳥を弾く 新谷祥子 Marimba Theater 2015 キッド・アイラック・アート・ホール 2015.11.6

新谷さんのライヴから僕が感じることのひとつに、
プログレッシヴ・ロック的な快感があります。
例えば、仲井戸麗市とのインスト・セッションからは、
無機質で乾いた音…の、イエス的なそれを。
そして金子飛鳥とは、即興的演奏ながらもキメがビシバシ決まる、
計算されたインプロ…のようなキング・クリムゾン的なそれを。
こうした英国のプログレ感は個人的なものですが、実際に感じます。
そして今回の君塚仁子さんとの共演からも、プログレ的な快感がありました。
思い浮かべたのはエマーソン・レイク&パーマーです。

新谷さんと君塚さんのセッションからは映像が浮かびました。
ただし、決してハッキリとした図や景色ではありません。
しかも、それらが何の映像や絵なのかもわかりません。
さらに、花火のように一瞬に浮かんで消えるものばかりでしたが、
間違いなく音から何かの絵が見え、映像を感じました。
思えば、中学生の頃に初めて聴いたEL&Pの『展覧会の絵』は、
そのコンセプトからも、曲を聴きながら絵を思い浮かべられる独特のものでした。
何の知識がなくても、聴いていて実に気持ちがいいものでした。
こうしたことからEL&Pを連想したわけですが、
もちろんプログレ的なことが素敵なのではありません。
何と言ってもマリンバ・シアターです。音から映像が浮かんだことが素敵なのです。

marmba-theater20151106.jpg


それにしてもオカリナをかっこいいと思ったのは初めてです。
特に「気ままな悪魔」という曲では、その高音を効かせた演奏が、
ビートルズの「Penny Lane」に入っているピッコロ・トランペットを連想させます。
この日のライヴのハイライトだったと思います。

オカリナもマリンバも優しく柔らかい音ですが、ふたつが組み合わさると、
その優しさと柔らかさが倍増し、独特の鋭さを持って聴こえるのです。
もちろん楽器ではなく、新谷さんと君塚さんだからこその音なのでしょう。
とにかくどう形容していいのかわからないのですが、心地よく耳に突き刺さる音でした。
もしかしたら最強の組み合わせかもしれない…とも感じます。

さて、この日は " 鳥を歌う、鳥を弾く " というテーマでのライヴでした。
オリジナルとカヴァーを含めた鳥に因んだ曲は、
演奏前に新谷さんが解説をしてくれるので、その世界にすんなりと入れます。

印象的な演奏ばかりでしたが、ソロ・パートでは「かもめはかもめ」かな。
中島みゆきの世界も新谷さんには合うということがわかりました。
次は「この空を飛べたら」をお願いしたいと思います。

共演パートでは「紅カラス」。
オリジナルはチャボのギターが素晴らしい効果をあげているのですが、
君塚さんによる味付けは、違う魅力を引き出していました。
新谷さんの歌ものを、この二人のセッションでもっと聴きたいです。
「土」「冬の線路」あたりがいいかなぁ。

マリンバ・シアターのタイトルからすれば、
今回、僕の中に映像が浮かんだことは、まさにシアターと言えるわけで、
そのテーマ通りの内容のひとつだったことではあります。
しかし、新谷さんのシアターはこの程度のものではないでしょう。
音楽…メロディと歌詞。もちろんオリジナルとカヴァー。
そして言葉と詩。
新谷さんがスクリーンに描きたいもの、描かれるもの、
そして描いてほしいものを含めて、僕も一緒に観ていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プログレ知った中学生、マリンバ知った高校生

ちょっと反応してしまいました。
私は「プログレ知った中学生、マリンバ知った高校生」です。^^

1962年生まれですが、中1のときから聴き始めたBeatlesから
音楽好き人生が始まりました。 ブリティッシュロックを経て
高校生になると、だんだんプログレに傾向し始めました。
その高校時代、特別授業で私の通う学校にマリンバの
「高橋美智子」さんが生演奏に来てくださったのです。
(今考えると、先生は随分粋なことをしてくださったものです)
直前まで、ほぼ興味がなかったのですが、体育館で聴いたそれには
とても感銘してしまいました。 今でもはっきりと覚えておりますが
「みだれ」というアヴァンギャルドな感じの代表曲は
なんとアンコールになったほどです。^^
そして1980年、高3の年、私を完全にプログレ界に引き込んだ
Peter Gabriel Ⅲ に出会い、モーリス・パートの奏でるマリンバにも
「Rockにマリンバがこんなにも合う! 超効果的だ! すげぇ!!」
と、なってしまったわけです。^^
その1980年は、前にもお話しした、RC生コンサート初体験
「群馬県民会館 小ホール」「観客5〜60人くらい」の同年です。

今の自分を形成した多感な頃の昔話でした....。^^
失礼いたしました。

Re: 穂高ファミリーさん

> 私は「プログレ知った中学生、マリンバ知った高校生」です。^^

貴重なお話をありがとうございます。
新谷祥子さんの音楽にもぜひ、触れて欲しいと思います。

是非聴かせていただきます!

あ、つい書き忘れてしまいましたが
新谷祥子さんの音楽、とても興味がありますので
今後是非聴かせていただきたいと思っております。
そして金子飛鳥さんとのデュエットにも興味津々です。
「佐藤 Bruford 正治(^^)」氏のドラミングが好きだったため
金子飛鳥さんはAdiというバンドを組んでいた頃からのファンでした。

↑Penny Laneのピッコロ・トランペットを連想〜
というのも素敵ですね。

Re: 穂高ファミリーさん

> 新谷祥子さんの音楽、とても興味がありますので
> 今後是非聴かせていただきたいと思っております。

いつか感想を聞かせてくださいねー。

> ↑Penny Laneのピッコロ・トランペットを連想〜
> というのも素敵ですね。

本当にあれを連想させる演奏だったんですよ。
また二人のセッションを聴いてみたいです。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ