fluid / 古井戸 -2015-

80年代のある時期から90年代アタマにかけて、
RCサクセション以前にチャボが在籍していた古井戸をすべて聴きたくて、
必死で中古レコード屋を巡り、エレック時代のアルバムを集めました。
美品であれば、当時は中古市場での古井戸の相場は5ケタ。
1枚見つけるたびに10,000円が吹っ飛んで行きましたが、
代わりに手に入れた音楽の魅力がそれを上回っていました。

CIMG9105.jpg

レコードは深くじっくりと聴きこみましたが、
チャボのライヴで取り上げられる古井戸はほんの一部でした。
よって、その時々では、満足な古井戸を聴くことは叶いませんでした。

さらに輪をかけていたのが、チャボの古井戸への想いやスタンスです。
FC会報やインタヴューを中心に知っていったそれらにより、
徐々に古井戸は僕の中でタブーになっていきます。
まぁ…タブーは大げさであっても、事実、それに近かったというのが実感です。
僕が思うチャボと古井戸のあいだにある距離は、想像している以上に離れていたのでしょう。
きっとそれはいつまでも縮まることのない距離…。

さて、今現在のチャボはニュートラルに古井戸の曲を取り上げるようになっています。
チャボが古井戸を多く歌うようになったのは90年代が終わる頃で、
僕自身がハッキリそれを意識できたのは98年、SWEET HOME SHINJUKUです。
実際にこのライヴでは、ひとつのステージで「何とかなれ」と「永い夢」を歌うなど、
驚きのセット・リストもありました。
ファンならご承知の通り、解散コンサートを象徴している2曲です。
これを同時にライヴで取り上げることにびっくりしたのを今も思い出せます。

CIMG9106.jpg

古井戸を歌うようになり、結果として、
2000年に発表された『works』での古井戸セルフ・カヴァーに繋がるわけで、
理由はわかりませんが、間違いなくチャボにとってポイントになった時期のはずです。

それでも…チャボが古井戸を歌うことはあっても、
古井戸を語る…話すことは、ほぼ無いと言っていいと思います。
この、チャボが触れないことによる影響はかなり大きく、
過去の古井戸のベスト盤発売や紙ジャケCDでのリイシューなど、
何度かあった機会も、そう話題になることもなく、
結果として再評価にも繋がらず今に至っているのは、
仲井戸麗市サイド側のスタンスがいちばんの理由だと感じています。

著者 :
フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日 : 2015-09-01


仲井戸麗市、デビュー45周年の今年、
『fluid』のタイトルで発表された3枚組のCD。
モノクロの何枚かの未発表写真以外は、
単に発表された順にオリジナル・アルバム収録曲が並び、
デビューから解散までの10年間を追った流れになっています。
しかし、収録された42曲を通して聴くと、
流体と言うバンド名に込められたその意味をダイレクトに感じさせてくれます。
70年代と言う時代のため、今ではどうしても違和感を感じてしまう歌詞があるけれど、
メロディ、アレンジ、ギターのフレーズなどをじっくり聴いてみると、
実に多彩な音楽性を持っていたことがわかりますし、
洗練されているアレンジで、今も通用する曲も少なくありません。

個人的には、まずは「待ちぼうけ」や「ねむけざまし」「ねえ君」。
これらは今のチャボが好むタイプの曲であり、ソロで演っていてもおかしくないし、
シンプルなアレンジとギターが実にかっこよく、あらためて驚かされた曲たちです。

「何とかなれ」「ポスターカラー」のように、ハモリというより二人のヴォーカルを重ねたり、
「四季の詩」「スーパードライバー5月4日」のツイン・ヴォーカルで聴かせるアレンジは、
独特な古井戸サウンドの特徴であり、こちらも実にかっこいいです。

未CD化の『サイド・バイ・サイド』からの4曲も貴重です。
「チャンピオンが負けた日」と「さよならマスター」などは良くできた曲で、
いわゆるニュー・ミュージック的な音ですが、
しっかりしたメロディとアレンジがあるし、このPOPさは悪くありません。
アルバムがフルで再発されたら、今ならば高く再評価されそうな気がします。

これまでと変わらず、今回もチャボは何も語っていませんが、
その代りに3枚のディスクが思い切り雄弁です。
『fluid』は、古井戸のコンピレーションとして決定版なのは間違いないでしょう。

最後にひとつだけ。
仲井戸麗市と古井戸のデビュー45周年に沿って、
僕ならばこのアルバムに次の3曲を追加して45曲にします。

「花言葉」from 唄の市 第一集(朗読はカットしたヴァージョンで)
「退屈」from 古井戸の世界
「ステーションホテル」from シングル(絶対にシングル・ヴァージョンです)

CIMG9108.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ