お寺でSinger Song Marimba 新谷祥子 Live at 龍見寺 2015.7.4

これまで演ってきたライヴの会場が、たまたまお寺…というのとは訳が違います。
何故その場所なのか…について、ライヴ開催に関わった人たちや、
それぞれの想いや思いなどがMCでも語られました。
生憎の天気は雨…でしたが、それさえも必然のようです。
今日に至るまでの時間や経緯を考えれば、オリジナルが少ないセット・リストも、
新谷さんらしさと言えるかもしれません。
あの場で自分の音楽をどう届けるのか。
どう届けたいのか。
そしてどう届くのか。
こんなことが伝わってきて感動的でした。

IMG_3497_convert_20150704234944.jpg

童謡やシャンソンなどが取り上げられる一方で、
「死んだ男の残したものは」やジョン・レノンの「イマジン」が演奏されましたが、
そこで強いメッセージ性を伝えようとしていたわけではなく、
あくまでも新谷さんの生活の中で感じたことからの選曲だったのが素晴らしい。
音楽は音楽として聴いた人の中で曲が膨らみ、意味を持てばよいのです。
そう思います。
ただし「イマジン」の歌詞がRCサクセション・ヴァージョンだったことは記しておきたいです。
あの場では英語ではなく、清志郎の解釈が相応しかったのでしょう、きっと。

オリジナルで「壇の花」という新曲が披露されました。
この曲の演奏中に感じたことがあります。
新谷さんがオリジナルを演るときは、ビートというか、
リズムの立ち方というか、これがとても強くなるように思います。
もちろんドラムやベースなどはいないのですが、
明らかに彼女の中では鳴っているし、自分で鳴らしています…と感じるし、
その上に歌と演奏が乗っているように聴こえます。
これがカヴァー曲になると一変し、歌やメロディと演奏が優先される…と。
僕がこれまでライヴを観てこんな風に思ったのは初めてですが、
今回はとてもクッキリとした違いが見えたような気がしました。

ところで、「壇の花」は仏壇に供える花を考えているときに浮かんだそうですが、
それに似たエピソードとして井上陽水の「夢の中へ」が作られたときの話をしていました。
ちなみに新谷さんから陽水の名が出ることは多く、
実際にライヴで曲もカヴァーしていますし、レコーディングにも参加されています。
今回、他にも「見えない糸」という曲の演奏前のMCでも陽水が出てきました。
色々な意味で影響を受けていることが伺えます。

ライヴの前、新谷さんはブログにこう記していました。

  " 最高級のローズウッドと共鳴管を使って、奏でます "

お寺の中の音響は独特で、ナチュラルなエコーもほぼ皆無なデッド感。
それは客側には聴きやすい音で出ていましたが、演っているほうはどうだったんだろう?
何にせよ、ここでしか聴けない最高級の音のひとつだったことは確かです。
雨音や鳥の鳴き声など、自然音の演出が効いていたことも特筆すべき点でした。

いつものライヴでは感じられない時間を過ごすことが出来ました。
行ってよかったなぁ。

IMG_3503_convert_20150704235009.jpg

それにしても、オリジナル曲は一度もライヴでは同じアレンジで聴いたことがありません。
しかし、よい意味で裏切ってくれることが多いので、毎回の楽しみでもあります。
今回も「風よはこべ」でのそれが顕著で、かっこよかったな。
一度は、これまでの既発曲のベスト的な選曲でのライヴを聴いてみたいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ