SMOKE ON THE WATER/DEEP PURPLE from『MACHINE HEAD』 -1972-

ギターを練習するのがいちばん楽しかったのは中学から高校の頃だ。
当時の僕のギターの先生は、ヤングギター誌増刊のロックギター教室という本であった。
表紙はジェフ・ベック。
この本は今でも時代によって中身が変っていて出ているかもしれない。
最高の先生だった。

基本的な奏法やエフェクターの使い方。メンテナンス。
弦の張り方やチューニング等に加え、
何人かのギタリストの代表曲のタブ譜が巻末にまとめられていたのが最高であった。
記憶を元に思い出してみると、ジェフ・ベックは「スキャッターブレイン」。
エリック・クラプトンは「レイラ」。
ブライアン・メイは「キラー・クイーン」で、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」。
そして竹田和夫の「スピニング・トー・ホールド」なんてのもあった。

この本でとにかく練習した。本当に練習した。毎日練習した。
そのスピードやピッキングの正確さはともかく、
スキャッターブレインさえそれなりに弾けていたのだから恐ろしい。
そのくらい熱中していたものだ。若さであろう。

さて、この本には特筆すべき魅力的な特集があった。
それはディープ・パープルの代表曲である、
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のギター・ソロ解説だ。
このソロにはロック・ギターのテクニックがすべて詰まっている云々というもの。
小林克己氏が実際に弾いて解説をするといったもので、ソノシートが付いていた。

この曲のソロには30個の基本的な奏法・テクニックがあり、
それぞれタブ譜に細かくポイントが記載され、それを観ているだけでも興奮したものだ。
「さすがリッチー・ブラックモアだ」って。

こんなことがあったので、
おそらく「スモーク・オン・ザ・ウォーター」は個人的にもかなり練習した曲になる。
きっと今でも弾ける(たぶん)と思う。身体と指が覚えてしまっていると思う。
いや、日本中に僕と同じような人が数千人、もしかしたら数万人いるかもしれないな。
ちなみに「とにかく練習した」っていう曲をこれ以外に挙げてみると、
まずはイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」。
ドン・フェルダーとジョー・ウォルシュ両方のパートをコピーしたが、
フェルダーの指に引っかかるような粘っこいプレイが好きだった。
そしてレッド・ツェッペリンの「天国への階段」。
ギター・ソロだけでなく、曲を通してコピーしたので、
たぶんこれが生涯でいちばん練習した回数が多いと思う。
この曲も身体と指が覚えてしまっているはずだ。

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」に戻ろう。
まずストラトのフロントのピック・アップを使って弾くのだが、
ラストのチョーキングでリアに切り替える…とか、
トレモロ・アームを使って3弦の開放を鳴らしたあとに、チューニングの狂いを調整するために、
その3弦をチョーキングするフレーズを入れている…とか、
とにかくギターを弾くことが楽しくて仕方が無い僕には勉強になることばかりであった。

この本は、今では押入れのどこかに眠ってしまっている。
またいつか引っ張り出してみたら、
あのときのように夢中になってギターを弾いてみたくなるだろうか。


ディープ・パープル / ワーナーミュージック・ジャパン(2005/06/22)
Amazonランキング:12675位
Amazonおすすめ度:




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2005/08/15 22:12

モナムールさん リッチーのトレモロ・アームは、名盤「ライヴ・イン・ジャパン」を聴いても派手にやっているのがわかりますからね。


モナムール
2005/08/15 9:23

(http://spaces.msn.com/members/rollingstoned21/)
俺はよくカラオケで「black night」を歌います。結構イケてますよ…( ´ー`)y-~~ こないだ「in rock」リリース当時のBBCライブが衛星で放送されたのですが、リッチーってトレモロバーの扱いがちょっと普通の奴には「チューニング狂うな…」みたいな躊躇がきっとある、荒々しいものでした。あと、後のレインボーで日本製ギターをボッコンボッコン壊しまくる兆候?振り上げるんだけど優しく置く、みたいな(笑)やっぱモノホンのフェンダーぶっ壊すのは無理か、と思いながら見たんですが。 俺がソロを「弾けそうだ!」って思って最初に練習したのはサバスの「パラノイド」でした。もろペンタ+αなんですが、アイオミ先生のニュアンスはなかなか出せません。


Blue1981
2005/08/14 2:36

7hot-creamさん シルバーのストラトですか。それは結構レアなカラーですね。なかなか選ぶ人は少ないんじゃないでしょうか?


Blue1981
2005/08/14 2:34

Yさん いつの時代も誰でも盛り上がる曲ですが、簡単にできそうな割には、ちゃんとしたコピーをやっているバンドは少なかったような気がします。第2期パープルでは、比較的歌いやすい曲ですよね。シャウトも無いし。


7hot-cream
2005/08/14 1:55

(http://spaces.msn.com/members/bluespower/)
こんばんは うわぁーーー懐かしいです。パープルの曲のCOPYといえばスモーク・オン・ザ・ウォーター が多いですよね私は練習が嫌いでしたから上達しませんでしたが… それにイーグルスのホテカルのあのサビですね。イーグルスの中でもあのサビの部分が一番すきです。 PS私のストラトは25周年アニバーサリーモデル(1979年作)でなんとボディーカラーがシルバーです。ちょっとダサいかもでも乾いた感じのいい音しています。


Y
2005/08/13 11:11

(http://spaces.msn.com/members/fumitune/)
恥ずかしながら高校の時「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を、歌うはめになったのを、思い出してしまいました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ