解散から35年 ビートルズ・ソロ特集 ポール・マッカートニー

昨日に続くNHK-BS2での特集。今夜(8/16)はポール・マッカートニー。
進行は松村雄策氏だった。

まずはウイングスの全盛期のライヴ映像で、
「バンド・オン・ザ・ラン」「ハイ・ハイ・ハイ」「ジェット」等が前半に並ぶ。
この時期は、ポールのカッコよさはもちろんだが、
ギブソンSGを抱えたジミー・マッカロクが最高である。
僕はストーンズ時代のミック・テイラーに勝るとも劣らないギタリストだったと思っている。
前半の映像は、編集されているのかもしれないが、
映画「ロック・ショー」とTV番組「ジェイムズ・ポール・マッカートニー」からのものだろう。

そして80年代。さすがにここからはライヴではなくクリップになる。
「エボニー・アンド・アイボリー」「セイ・セイ・セイ」のクリップは本当に久しぶりに観た。
時代を感じてしまうが、何だか楽しい。新鮮であった。

「パイプス・オブ・ピース」も今観るととてもいいクリップだ。
個人的には「グッドナイト・トゥナイト」や「夢の旅人」なんかも懐かしく観たかったな。
カンボジア難民救済コンサートの映像も流して欲しかった…。
この後、時間が限られているので「プレス」「マイ・ブレイヴ・フェイス」と、
一気に時代が飛んでしまったのが残念。

「オフ・ザ・グラウンド」「ヤング・ボーイ」と90年代の名曲も、改めて素晴らしいと思った。
特に「ヤング・ボーイ」は泣けるなぁ…。ギター・ソロが凄くいいんだよね。

紹介された曲は73年から97年までのものである。
僕はファンだからなのかもしれないが、約25年間にわたっているのに知らない曲がまったく無かった。
ポール・マッカートニー、恐ろしい男である。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ