解散から35年 ビートルズ・ソロ特集 ジョージ・ハリスン リンゴ・スター

ジョン・レノンとポール・マッカートニーはそれぞれ単独で1日の放映だったのに、
ジョージとリンゴは二人で1日という扱い…。
松村雄策氏によると「映像を集められなかった云々」とのこと。納得するしかない。

確かに今回放映されたクリップのクオリティは酷かった。その作品云々ではなく、音と映像が汚い。
集めた担当者の苦労が目に浮かぶ。

ただ、かなりレアなものも流れたと思う。
ジョージ・ハリスンの「THIS SONG」とか、リンゴ・スターの「WRACK MY BRAIN」とか…。

でも、やはり二人で1時間というのは、中身が薄かったなぁ。
ビートルズのオマケといった感じだった。残念。

さて、三日間を通して観た感想だが、とても良い番組だったと思う。
ロックを、その音だけでなく言葉でわかりやすく解説してくれたのが、
渋谷陽一氏であり、松村雄策氏であった。
この二人のおかげで洋楽に入った僕の年齢(30代後半から40代前半)に近い世代は多いハズだ。

そして、当時彼らがやっていたことは、現代でも通じることがこのテレビを観てハッキリしたと思う。
だから、ビートルズだけでなく70から80年代のロックについても同様の番組を是非やってもらいたい。
たのむぜNHK。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ