水谷浩章 3DAYS phonolite strings の歌謡ショー ゲスト:浜田真理子 新宿PIT INN 2015.1.22

その昔、バンドをやっていた頃、
渋谷にあったライヴハウス屋根裏に出演できることになったとき、
思ったのは " RCサクセションと同じステージに僕も立つ " でした。
もちろん立ち位置は写真で見ていたチャボ側に決めていました。
今でもこの時のことはハッキリとおぼえています。
感動しました。
楽屋でもステージでも、時代は違えども、
僕らとRCサクセションは同じ空間にいるような気がしたものです。
だから、こうした思い入れの素晴らしさを僕は知っています。

IMG_2676_convert_20150124011310.jpg

『But, Beautiful』にも参加した水谷浩章さんピットイン3daysの中日。
今回、ゲストで出演する真理子さんの頭の中に、
浅川マキさんが無いはずは、まずありません。
もちろんストリングスをバックにした真理子さんを楽しみにしていましたが、
やはりマキさんを歌うのか…も期待して足を運びました。

IMG_2682_convert_20150124011354.jpg

真理子さん出演パートはいつも通りにカヴァーとオリジナルでの構成。
その中でもアルバムの曲順通りに演奏された「森へ行きましょう」と「ミシン」。
phonolite stringsとレコーディングされた2曲です。
特に後者はアルバムと同じくストリングスのみをバックにしたもので、
生で聴くそれは、怪しげなイントロのフレーズから引きこまれます。
前者でのピアノの弾き語りにストリングスが絡んでくる瞬間もスリリングですが、
ピアノが一切プレイされないハマダマリコの新しい魅力が間違いなくありました。

この編成でのまさかの「のこされし者のうた」も、誤解されるかもしれませんが、
決してきれいなヴァージョンではないというのが凄い。
だってあの曲にストリングスを加えるならば、
いくらでも感動的な泣かせるアレンジは可能でしょう。
でも、うまくいえませんが、音がぶつかり合い、音が固まり、音が離れる…。
こんなことがひとつになるかっこよさを感じました。
そしてそれは美しいと思いました。

逆にフルートをフィーチャーした「爪紅のワルツ」は、
曲の魅力をバッチリと伝えてくれるヴァージョンで、恐ろしさも倍増。
そして、やはり美しいのでした。

IMG_2683_convert_20150124011421.jpg

本編の最後の2曲が浜田真理子in ピットインのハイライトだったと思います。
まずは、これもphonolite stringsとレコーディングした「あなたなしで」。
真理子さんのオリジナルですが、浅川マキにも同タイトル曲があります。
もちろんマキさんを意識して付けたタイトルです。
そして「夕凪のとき」。
マキさんにふれたMCがありましたが、サラッとしていたのが真理子さんらしく、
おかげで変に構えることなく歌と演奏に接することができたのは良かったなぁ。

終演後にこのことについて少しお話してみましたが、
真理子さんの返答は、やはりサラッとしたものでした。
でも、僕は知っています。わかっています。
サラッとしてなんかいないってことを。

この場所で真理子さんがマキさんを歌いたかった想いを僕なりに強く感じました。
こんな感動的な場にいられたことが感動的です。

浜田真理子がピットインに立ち、浅川マキを歌った記念すべき日。
コースターにサインをいただきました。
そして会場外のマキさんのポスターと一緒に。

IMG_2686_convert_20150124011448.jpg

IMG_2685_convert_20150124011512.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コースター

Blueさんもコースターにサインをもらったのですね。しかも青い字で。僕のコースターはふつうに黒字ですがw。マキさんのポスターとコースターを重ねるなんてにくいですね~。

昨年のphonolite strings&浜田真理子のときは、「森へ行きましょう~ミシン」はレコーディングで没になったバージョンをモチーフにしたようなことをMCで言われてたり、「But Beautiful」に「花散らしの雨」の語りを挿入する遊び心があったりしたのを思い出しました。

「夕凪のとき」は、新宿ピットインのあの薄暗いステージの雰囲気もマキさんのイメージとオーバーラップしながら聴いていました。

Re: 赤い人さん

コメントありがとうございます!

> Blueさんもコースターにサインをもらったのですね。

記念すべき日なので、何かを残したいと思ってお願いしました。

> しかも青い字で。

わははー、確かにー(笑)。

> マキさんのポスターとコースターを重ねるなんてにくいですね~。

この場所のマキさんのポスターはずっと貼ってあるんです。
だから自然とやってしまいましたね。
いつかピットインでもマキさんを歌うライヴをやってほしいです。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ