COUNTDOWN JAPAN 1415 仲井戸麗市 MOON STAGE 幕張メッセ 2014.12.30

今年もステージ袖で渋谷さんとハグするシーンが見られました。
もはやこのシーン込みでのカウントダウン・ジャパンです。

201412302.jpg

今年はソロでの出演。
いつものソロ・ライヴ同様にふらっとステージに登場し、
いつものように音を確かめてマチャミさんと握手を交わします。
いつものようにショート・ヴァージョンの「よォーこそ」がスタートすると、
一気にチャボの世界観にステージが染まります。

「打破」のイントロが始まると、僕自身は興奮しながらも、
あぁ、CHABO BANDが後ろにいたらなぁ…と感じてしまったのですが、
ソロならではのアドリヴ感あふれるアレンジは聴きものでした。
続く「ゆく歳くる歳」では、チャボが弾くイントロにあわせ、
マチャミさんによるリズム・マシンの入るタイミングがバッチリ決まると、
チャボも笑顔で応え、それを見る僕も笑顔になります。
この曲で軽快にロックン・ロールするチャボですが、
歌われているメッセージはなかなかに重いものです。
僕は解放感がある会場と雰囲気とは違った違和感を少し感じていました。
かっこいいのだけれど、何かが引っかかっている。
楽しいのだけれど、何かが詰まっている。
言葉にすればそんな感じでしたが、今振り返ると、
布石のようなものがあったのだと思います。
それを運よく僕はキャッチできていたのでしょう。

ハイライトは突然やってきました。

201412301.jpg

長めのインプロをかました後、
聴こえてきたフレーズは「Hey Hey, My My(Into The Black)」のイントロ。
過去にフジ・ロックで歌ったと聴いていましたが、まさか、ここで…です。
" ロックン・ロールは滅びやしない " と70年代後期にニール・ヤングが歌ったこの曲を、
2014年の年末に、独りで演るとは!
実は、MOON STAGEの裏ではチームしゃちほこが盛り上がっており、
その音がチャボのステージまで漏れていました。
あくまでも偶然、そして結果的になりますが、こんな要素も、
チャボが放つメッセージを強く浮かび上がらせることになっていたように思います。
ギターとアンプしかないむき出しのステージ上で、
歪んだギターを爆音で鳴らすチャボは、実に美しかったです。

くたばるまでこの曲を歌っていくんだ…という力強い宣言の後に、
自身で " オッケー、チャボ! " とぶちかまされた「雨あがりの夜空に」は、
前曲の勢いと想いを更に増幅させたロング・ヴァージョンでした。
間奏のギター・ソロが長いアレンジはこれまでもありましたが、
そのテンションたるや、鬼気迫るものが感じられました。

終演後はギターを高々と掲げた後、
フィードバック…いや、ハウリング・ノイズと共にステージを去りました。
所々でチャボらしい笑いをとるMCもありましたが、
全編を通して " ロックは凄いぜ! " と伝えたい、伝えるんだ、
そして伝わってくれ的な想いが溢れた30分だったと思います。

今ではこんなチャボをライヴで観ることは少なくなりました。
よって、丸くなったように感じているファンもいるかもしれませんが、
いやいや、まだまだ、仲井戸麗市です。
カウントダウン・ジャパン出演者の最年長でもある人が、
誰も正面からやらないような、シンプルなロック的メッセージを放つのが凄い。
2014年を素晴らしいチャボのライヴで締めくくれて嬉しく思います。

来年はデビュー45周年。
2015年のチャボにも期待できそうです。

※COUNTDOWN JAPAN 14/15 クイックレポート
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ