Riff Rough Session/花田裕之 -1990-

ROOSTERZ/SとROCK'N'ROLL GYPSIESのバンド活動以外の、
所謂ソロ活動での花田裕之の代表作は何なのだろう?

僕としては、ROOSTERZ解散後の一発目である『Riff Rough』(90)がやはり強烈だ。
何と布袋寅泰にプロデュースを任せ、
ROOSTERZとはまた違ったバンド・サウンドをぶちかましてくれたのだが、
これがまた最高のギター・アルバムであり、
発表当時は本当にCDが擦り切れるまで(笑)聴いた。

花田の書く曲というのは、結構ストレートでオールド・ウェイヴなロック・ナンバーが多い。
例えば「ネオン・ボーイ」や「OH! MY GOD」に「BURNING BLUE」、
「GUN CONTROL」なんかがそうであるが、
それを下山淳が味付けすると、あのようなROOSTERZサウンドとなるのだ。
更に「SOS」「BLUE NIGHT」や「LADY COOL」に代表される意外(笑)とPOPな面もあり、
ソングライターとしても、とても魅力がある人なのだ。

また、ギタリストとしてもいいギターを弾くのだけれど、
ROOSTERZではヴォーカリストであったのと、下山という強力なギタリストがいたおかげだろうか、
そのギター・プレイをほとんど封印していたように思う。
だから他のミュージシャンとのセッションで、そんな素晴らしいプレイを聴くしかなかったのだ。

そんな花田裕之の魅力がすべて出たのが、このソロ・デビュー作『Riff Rough』と、
アルバム発売記念に行われたライヴ、Riff Rough Sessionである。

ここで展開されているのは、布袋の力だろう不思議なPOP感で溢れた、且つ力強いロックである。
要するに花田の曲を布袋が料理すると、
息が詰まるようなROOSTERZと違い、何とも風通しが良くなるのだ。
どちらかが優れていると言うのではない。
ただ、布袋寅泰と下山淳という二人の才能の違いが花田を通して非常に良くわかるという点でも、
このセッションは貴重であり聴きものである。日本のロック史に是非残したいものだ。

そして両方に共通していることは、花田はいい曲を書くなぁ…ということだ。

さて、そのRiff Rough Sessionだが、もちろん僕は目撃した。
本当に素晴らしかった。
僕が観たのは渋谷公会堂のライヴだが、NHKホールでのライヴが映像化されている。
発売当時は限定シリアル・ナンバー付で写真集まで加わった豪華な仕様であり、
更に直筆サインまで付いていた。
ちなみに僕のヴィデオのナンバーは03502。

CIMG5880.jpg CIMG5879.jpg CIMG5878.jpg

今ではDVD化されているので、ファンはもちろんだが、観たことがないロック・ファンにもお薦めだ。
必見だと思う。

見所はすべてだ。

布袋寅泰、池畑潤二、松井恒松が叩き出すロックとしか言い様がない音の上に乗るのが、
例のクールで投げ捨てるような花田のヴォーカルである。カッコよすぎる。
更に、何てったって花田裕之のギターが思う存分に観て聴けるのだ。
歪んでますよギター。
しかも、布袋にもまったく負けていないし見劣りもしない。
その布袋も、花田に対しど真ん中ストレートなギターで対抗する。
この二人の絡みは見応え聴き応え抜群である。

ライヴのオープニング。
軽いインストをかました後、フライングVを抱えた花田が「HEAVENLY」のイントロを弾く。
そこにすかさず布袋が切り込む。
池畑と松井のリズムが追い討ちをかける。
このシーンには、ギター二本とリズム隊という4ピースのロック・バンドのカッコ良さがすべてある。
何度観てもにやけてしまうオープニングだ。

ワン・マイクで花田と布袋がヴォーカルをとるというシーンもあるが、
絶対にここでしか観られないし、この先もあるかどうかわからないぞ。

ライヴのラスト・ナンバーは、シングルにもなった「MYSTERY」。
曲の前に花田はこうMCする。

  今日のコンサートのことは僕は一生忘れません
  みんなも忘れないでください

僕はこれを聴いて感動したのだ。
コンサートのことも忘れていないぞ。
もちろん忘れてないだろうな、花田(笑)。


/ 東芝EMI(2005/09/14)
Amazonランキング:15815位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『Riff Rough』(その4)

涛々「何だか長くなってしまった『Riff Rough』シリーズ。そろそろ、アルバム本体は終わりにして、次に進もうかと思っていますが、明恵さんが私にも語らせろ、とうるさいのでもう一度『Riff Rough』です。明恵さんは、『Riff Rough』出た時はどうだった?」 明恵「パラパ...

コメントの投稿

非公開コメント

おおおおおっ!

このCD、持ってますねえ~。
ルースターズはかすった程度の俺なんですが、
なぜかこのCDは買ってですね、やっぱり擦り切れてます。
布袋って、いい仕事するよねえ~。

この頃って、コンプレックスとか、久美子とか、
いろいろやってた頃ですよねえ~。
多少、食傷気味になりつつあった気がするんだけど、
花田とのこのアルバムは好きでしたね。
DVD…俄然、興味がわいてきましたあ~。

RE2Oさん

今聴くと、余分な音がまったく無くてかなりスカスカな気がしますが、いいですよね。
ギターはもちろんですが、コーラスの入れ方が凄く布袋っぽいと思いません?
このコーラスが特徴だし、ポイント高いと思うなぁ。これがルースターズとの一番の違いじゃないかな。
それにしても「MYSTERY」は名曲だなー。

>この頃って、コンプレックスとか、久美子とか
もう全盛期じゃないでしょうか(笑)。
ボウイの頃はそんなに興味が無かったけれど、山下久美子からのめり込みましたね。
私、布袋のソロ・ライヴも行っちゃいましたから。

DVDは是非!

オレも擦り切れるほど聴きましたし、ヴィデオも見ました!
WILD CHILDが、No.1です!!
SUNDAYは、自分の結婚披露宴でひき語らせてもらいました

サンジだよさん

コメントありがとうございます。

>WILD CHILDが、No.1です!!
おー、そうですか!
この曲、タイトルの割りにPOPなのが花田っぽいですよね。

>SUNDAYは、自分の結婚披露宴でひき語らせてもらいました
おー! それは素敵だと思います。名曲ですよね!

でかかったねぇ。
これで吉川君も踊りだしたら・・。
「ギターで会話してるような感じ。」
とか、当時の宝島で布袋さんが言ってた記憶が。
JAPANかな?

ライブ、2回行きました。
ROCKもPOPも両方入った名盤ですね。

POP-ID さん

こんな古いエントリーまでコメントありがとうございます(笑)。

>でかかったねぇ。
確か『ギタリズムⅡ』を出した後の武道館だったと思うんですけど、
オープニングで布袋がステージに出てきたとき、本当にでかい!と思いました。
花田と演ったときは、あまりでかいと感じなかったな。

>ROCKもPOPも両方入った名盤ですね。
同感です。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ